« 大分ホーバーフェリー営業休止 | Main | 高速無料化、JR・バス悲鳴「路線維持ムリ」 »

November 04, 2009

オニに退治された

 書き損なっていたが、先日の土曜日、オニカサゴに行って来た。
 波高く、人多く(片舷12人)、オマツリ騒ぎで大変だった。
 私はそんなに絡まなかったけど、同行したK氏は大変だった。
 船の反対側と絡んだとき、道糸の引っ張り合いになる。その際、声を掛け合って送り出したり引っ張ったりするのだが、その際K氏は道糸を切られたりしていた。それも2回も。
 別に反対側の人が道糸を切ったりした訳ではない(はず)。恐らく船の底に貝などがへばりついており、これが道糸を擦って切ってしまうのだ。
 K氏は船酔いと2度の高切れで呆然としていた。

 この日、オニカサゴは船中5,6匹程度。小型リリースなどもあり、船中持ち帰りは3匹だったように思われる。私の竿には、生命反応はついに来なかった(K氏も…)。

 ま、そんな日もある。

 帰港時、船のエンジンの回転がおかしいなぁと思ったら、城ヶ島沖で船がストップ。
 常連のオッチャンが私に声をかける「前回会った時もなったなぁ(笑)」。

 3回目です。(K氏は3度乗船し、2度めぐりあった(笑))

 最近はこの船の乗船頻度が低いので、実際にはもっと発生していると思われ。

 漂う船の上、船長の指示でほぼ全員ミヨシ側に移動する。重量バランスを変えた方が良いらしい(残燃料の移動かも)。
 この重量バランスを変える行為を見て、Uボートを思い出す。ま、沈みゃしないけど。
 やがてエンジンがかかり、拍手が起きた。

 この日の帰宅はいつもより1時間余計にかかった。夕食は、途中のスーパーで肉を買って食べた。

|

« 大分ホーバーフェリー営業休止 | Main | 高速無料化、JR・バス悲鳴「路線維持ムリ」 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オニに退治された:

« 大分ホーバーフェリー営業休止 | Main | 高速無料化、JR・バス悲鳴「路線維持ムリ」 »