« 「仕分け」前半終了、無駄遣い大胆カット | Main | 偶然(ちょっとびっくりした) »

November 20, 2009

探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ

 こんなこともあろうかと。

****
 奇跡的な復活を果たした「はやぶさ」の想像図(宇宙機構提供、池下章裕さん絵) 奇跡の復活――。4台あるエンジンのうち3台が停止し、小惑星イトカワから地球への帰還が危ぶまれていた日本の探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構は19日、故障していた2台のエンジンを組み合わせて、1台分のエンジンの推進力を得ることに成功したと発表した。
 もう1台のエンジンの温存が可能となり、予定通り来年6月に地球へ帰還できる見通しとなった。
 はやぶさは、2003年5月の打ち上げ直後に1台のエンジンがトラブルで停止。その後も様々な機体のトラブルに見舞われたが、05年11月に地球から約3億キロ・メートル離れたイトカワに着陸した。07年4月には、もう一つのエンジンの部品が劣化して、運用を中止した。
 満身創痍(そうい)の機体は、残る2台のエンジンを交互に運用して地球への帰還を目指した。しかし、うち1台が、今月9日に故障していた。
 エンジン復活に向け、宇宙機構は、故障した3台のうち、早い段階で運転を中止したエンジン2台に着目。正常に動く部品同士を電子回路でつなぐ「離れ業」で、互いの故障を補う形でエンジン1台分の推進力を出すことに成功。電子回路は、万一に備え、「エンジン間をつないでおいた」ものだった。
 復活したエンジンは、順調に作動している。電力、燃料の消費は、2倍になるが、電力は太陽電池によって補給できる見通し。燃料にも余裕があるという。
 宇宙機構の川口淳一郎プロジェクトマネージャは「動いている方が奇跡的だ。予断を許さないが、万一に備えた回路が功を奏し、電力補給できるという幸運にも恵まれた」と話している。
****

 某所の日記で知りました。
 同じ感想の内容ですが、書いてしまう。

 しかしすごい。どこまで「こんなこともあろうかと」を積み上げてるんだ。
 冗長は冗長じゃないんだと、改めて思いました。うーん、日々、こんなこともあろうかと、絶えず考える癖をつけなければならんなぁ。

 真田さん、「こんなこともあろうかと」はご都合主義じゃなかった。あらゆる想定を考えに考えぬいた、生き残りを賭けた頭脳戦であり、その考え、備えがなければヤマトは地球に帰還できなかったんだと改めて知りました(<ええ!?)。脱帽するのみでございます…。

|

« 「仕分け」前半終了、無駄遣い大胆カット | Main | 偶然(ちょっとびっくりした) »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ:

« 「仕分け」前半終了、無駄遣い大胆カット | Main | 偶然(ちょっとびっくりした) »