« カンコ 3.2kg | Main | 黒船電車 »

December 10, 2009

scansnap と PK-513L裁断機

 買ったああああぁぁぁぁ。200912092057000

 もう後には引き返せない。

|

« カンコ 3.2kg | Main | 黒船電車 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「生活」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

Comments

ナニこの行動力。

ただいま、次の帰国時には未スキャンの論文の山を持って帰る事が決定。

Posted by: gocito | December 10, 2009 01:20 PM

ええええ?
使う時間あるのー!!??

Posted by: ある | December 10, 2009 05:04 PM

では、使わなくなったらありがたく引き取らせていただきますw

Posted by: KOH | December 10, 2009 06:00 PM

それはそれで竜馬ちゃんの家に置いておいてですな、ウチらが必要になったときだけ押しかけて使わせてもらうということで良いんじゃないでしょうか。

なまちゃんはスゲー嫌がるだろうけど(笑)

Posted by: 味噌田楽 | December 10, 2009 11:02 PM

おおっ、それでは使用料代わりに各々不要な本を開いた本棚のスペースに置いてくるということで。(あれ?)

ずっと貸している新井素子の結婚物語と新婚物語は間違って裁断しないで、ちゃんと返しておくり>竜馬ちゃん

Posted by: KOH | December 10, 2009 11:28 PM

裁断機も買ったんかいっ

 使ったら使い勝手の報告よろしくw

ScanSnap300でもう2年以上雑誌のPDF化をやっている
がまだ完了しねーぜーhahaha。裁断をカッターつかって
手でばらしているから作業時間がかかるのと、3〜400ページ
あるものを取り込むのに1時間以上かかるので、平日に気合い
いれても2冊ぐらいしか処理できないのが主因なので、ノルマ
きめて消化しないといつまでたっても終わらないことになるぞー。

うちもあと120冊くらいだ>処理対象韓国少女漫画雑誌

 あとね、領収書とかの類いもe-SCANしとくといいと思うの。

Posted by: 清水沼いるか | December 11, 2009 07:59 AM

主がいない所で着々と段取りが決まっていく
この流れが最高です。
いい友が多いね>竜馬さん

Posted by: ある | December 11, 2009 07:56 PM

ていうか、PDF化を副業に?

頁単価、安めの設定でお願いします。

Posted by: gocito | December 12, 2009 04:38 PM

>goハカセ

 論文送ってくれたらデータ化してメールしてやるぞ。
 ページ単価は…トータルで河豚フルコースでいいぞ、うん。

>あるちゃん

 この週末で淡々とやってみてますが、「部屋を片付ける」感があって、時間とってやってます。中身チェックの最中にちょっと読んでみたり。
 ちなみに今は、同人誌から作業を進めてます。これがまた、ものすごい量なの…。

>KOHちゃん

 おおー、新井素子…本棚のどこかに…スマン。

>いるかちゃん

 裁断機ですが、ものすごく使い勝手が良いです。ズバッと一瞬で裁断。切断面も美しく、これなしには効率が段違いで、この作業は語れませんぜ。絶対買ったほうがいい。

 ということで皆様、我が家の子供部屋作成計画はスタートを切りました。ここ二日間で8000ページ8GBチョイ(1ページ約1GBで、圧縮ゆるくやってます>高圧縮の勇気なし)。1.5TBのディスクも買った(今安いね…)のですが、1年以上は持ちそう…。

Posted by: 竜馬 | December 13, 2009 11:44 AM

裁断本買い取ります。
よければメールください。
よろしくお願いいたします。
高い値段では買い取れませんがアマゾンギフトカードでお渡しします。田子森美佐子

Posted by: たご | March 22, 2010 10:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference scansnap と PK-513L裁断機:

« カンコ 3.2kg | Main | 黒船電車 »