« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

January 31, 2010

今夜の月

S_dsc_0001 S_dsc_0002 下に飛行機雲が。

S_dsc_0006 S_dsc_0011_2

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 27, 2010

中華料理屋でサザエをさばく

 昨夜、残業で帰宅が遅くなった。
 0時過ぎに自宅最寄り駅を下車。まぁ、それ自体は珍しくも無い。

 カミさんは疲れて先に寝ている旨、連絡を取っていた。この時間に開いている店は家の近所の寿司屋かラーメン屋である。寿司は高いしラーメンは昼飯に食ったのでどうしようかと思ったが、駅の近くにまだ入った事の無い中華料理屋があった。帰り道とは90°方向が違うため、たった30mの道だが寄った事がなかったのだった。家に帰って何か作る気も無く、はじめて入ってみた。

 家族営業らしく、3人の店員。他の客はいなかった。
 聞けば夜中の1時まで営業しているという。定職でも食おうと思ったが、マーボー丼を注文し、カウンターに座った。
 厨房には2人。多分親子(もう1人は息子のヨメか?)。父らしき人が調理を始めたが、息子らしき人がなにやら巨大なサザエと格闘している。
 見ているとその巨大なサザエにスプーンで身を取ろうとしているのだが、ガッチリ貝がふたをして抵抗を見せている。
 息子と目が合った。「いやぁ、サザエ硬くて。お客さんやり方わかります?」

 …わかるけど。

 口で説明するが、なかなかうまくいかない。しゃーないと、上着を脱いだ。
 厨房の端に入り、手を洗い、包丁を借り、身を切る。貝柱、内臓もかき出す。

 おおー、と感心する息子とヨメ。貝が2個あったのでもう1個も同様に処理。
 そこまでやればOKであろう。息子に引渡して自分はカウンターに戻る。

 「お客さん、ビールのみます?」
 「のみますのみます」

 中ジョッキを美味しくいただきました。
 「刺身にする際に、貝の口の部分は取った方がいいよ。赤いところ」
 と言うと、
 「いいんです。刺身は苦手。つぼ焼きにしたいので

 はい?
 じゃあ今の処理は何だったんだー。
 そんなモン、醤油たらして焼けば良いだけじゃないかー。

 マーボー丼を食いながら(ご飯がやたら硬かった)そんな事を思い、店を出た。

 結局、その後5時間後には、また出勤なのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2010

やっと釣れた

 24日の日曜日。洋征丸より、アジ五目釣りで出船。この日は一日凪で釣り日和だった。
 釣れたアジを泳がそうがオニカサゴの仕掛けを入れようがかまわない、という五目釣り。オオドモで二本竿を出すことができた。

 城ヶ島沖100mダチ前後で実釣。下は岩礁帯で、天秤を底につけてタナをとるとそれが既に根ガカリしているほど厳しい根であった。従ってタナも、東京湾では下から3mほどだが、ここでは下から6mも取る。違和感がある。

 それでもアタリは最初から出た。30cmオーバーのアジが、立て続けに釣れる。また、船尾に流すオニカサゴ仕掛けには25cmほどのカサゴやオニカサゴがかかってきた。根魚五目の様相である。結構楽しい。
 タナを正確に取り直さなければ、流されたビシが底にひっかかる。その集中を要する釣りで、二兎を追った私は前半、周囲に差を付けられた。周囲が10、20と釣っていく中、せいぜい5、6匹に留まった。

 午後に入って泳がせに適したサイズのアジが釣れた(釣友にまわしてもらった)。それを泳がせている間は根ガカリが軽減された(魚が泳いでくれるので)。その分アジ釣りに集中し始め、追い上げ開始。結局アジは2、30匹と釣れ続く。途中で数えるのをやめた。クーラー満タンである。

 船中では黒ムツ(小型)も釣れていた。180mダチもやることがあるそうだが、根魚五目(をするなら)そちらもやってみたかったな。

 今年に入って漸く初めての大漁。よかったよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2010

今年に入ってからの釣り

 今年に入って、あまり良い釣りが出来ていない。

 初釣りは、ヤリイカ。
 最大30杯取った船で、2杯(多分スソ)。

 次は、タチウオ・アジリレー。
 最大10~20本くらいは出てた?船で、タチウオボウズ。
 アジ3匹。(これも最大20~30)

 タチウオは、1匹バラシ。
 アジは3匹バラシ。1匹は海面バラシ。

 もうね。何をやっているのかと。
 ヤリイカは、船の左右舷で釣果が大きく違いました。まぁ、しゃーない、かもしれない。
 タチウオは、目の前の船もバンバン上げる中、何がいけなかったんだろう、と泣きそうだった。
 朝イチでかかった魚はバラすし。
 その後はほとんどアタリなし(2回ほどモゾモゾと…)。エサもほとんどとられず。

 アジは、潮上になるので多少は覚悟していたけどね…。

 ストレス解消のはずが、ストレス解消になってないどころか、溜まるばっかりです。

 明日は、アジ五目。ストレス解消したくッ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2010

シー・シェパード 調査船側を「海賊行為」で告訴

 予想範囲内とは言え腹の立つ話。

****
 南極海で反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の抗議船「アディ・ギル(AG)号」が日本の調査船「第2昭南丸」と衝突、大破した問題でSSは8日、第2昭南丸の行動が「海賊行為」にあたるとして、同船の乗組員をオランダ司法当局に告訴した。
 SSの弁護士は、衝突時のビデオ映像から第2昭南丸の行動が「公海上の海賊行為」にあたるのは明白と主張。衝突でAG号は約100万ドル(約9300万円)相当の損害を受け、乗組員1人が肋骨(ろっこつ)を折るけがをしたとしている。
 AG号はニュージーランド船籍だが、弁護士はSSの母船「スティーブ・アーウィン号」がオランダ船籍であり、AG号の乗組員にオランダ人が含まれていたことから、オランダで告訴したと説明している。弁護士はAFP通信に対し、今後、損害賠償を請求する民事訴訟も計画していると話している。
 衝突原因を巡っては「AG号が第2昭南丸の前を横切ろうとしたため、避けられなかった」とする日本側と「第2昭南丸が故意にぶつけてきた」と主張するSS側で見解が対立している。
 米紙クリスチャン・サイエンス・モニターによると、海運専門家の間では、小回りの利くAG号が衝突回避の行動を取るべきだったとの意見があるという。
****

 このドロンボーの悪玉メカの様な船が大破したと聞いて、喝采と不安を同時に覚えた。どうせ何かと言いがかりをつけてくるに違いないとすぐに思った。というか、最初からそのつもりだったろうしね。
 いよいよ看過できないところに来ていると来ていると思うが、なんとも日本の政治力の無さには父ちゃん情け無くって涙もでねぇ。「抗議船の旗国であるニュージーランド政府に「厳重に抗議した」」って何をどのように講義したんだろうか。しっかりやってくれ、と言いたい。

 ちなみに、ウィキにシーシェパードの記載があるが、その中にこんな記載がある。

****
歴史をみると、シーシェパードは、主としてノルウェーの捕鯨船に攻撃をしかけていたが、2005年頃からは日本の捕鯨船に対しても抗議行動をし、日本でも知られるようになった。過激な活動を交えながらメディアや芸能人を利用し環境保護を訴えることにより多額の寄付金を集め、密猟者や捕鯨者に対して「海洋保護」の名目で最大25,000ドルの懸賞金を出して情報を収集している
****

 そして同じくウィキの「三悪」(ドロンボーのこと)にこんな記述がある。

****
 シリーズ初期(特に『ヤッターマン』)に見られる傾向として、三悪がメカを製作する際、大抵詐欺まがいの行為で人々から「資金集め」をしてメカを作り上げるというお約束のシーンがある。
****

 もうね。笑うしかない。

 世界の無知で善良な第三者(ということにしておこう)からカネを巻き上げて悪玉メカを作って悪の道をまっしぐら。今回の高速船のデザインも正面から見た写真Earthrace

はほとんどドロンボー(by Goハカセ)であることだし、よほどのファンなんだなぁ。

 最後にはママよりこわーい「おしおき」が待っていることであろう。

 (滝口順平の声で)「ミュージック!」 じゃ・じゃ・じゃ・じゃーん。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

January 04, 2010

1月の購入予定一覧

 1月の購入予定一覧。

01/04 集英社 バクマン。 6 小畑健
01/04 集英社 JIN-仁- 17 村上もとか
01/06 講談社 彼岸島 30 松本光司
01/07 小学館 とめはねっ! 6 河合克敏
01/07 Bbmfマガジン 新ナニワ金融道 6 青木雄二プロダクション
01/08 秋田書店 ドカベン スーパースターズ編 32 水島新司
01/19 集英社 ソムリエール 12 松井勝法
01/22 講談社 バガボンド 32 井上雄彦
01/22 講談社 GIANT KILLING 13 ツジトモ
01/22 講談社 へうげもの 10 山田芳裕
01/29 小学館 太陽の黙示録 第2部 建国編 5 かわぐちかいじ
01/29 小学館 医龍 22 乃木坂太郎
01/29 小学館 ダブル・フェイス 20 細野不二彦
01/下 角川書店 トニーたけざきのガンダム漫画 3 トニーたけざき
01/下 角川書店 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 20 安彦良和

 1月はまぁまぁ、といったところか。
 12月の本もほとんど買ってない。というか、読みのこしの本はどこまで読んでいるのかわからないからダブリで買う可能性があって、買えなくなって来た。そんな本は、まぁ、古本屋で買えば安く買える訳だが…。

 同人誌から始めている本のデータ化は2万ページを超えた。
 多いようだがまだまだごく一部で、棚1つ分、漸く空いた感じ。また買ってしまうのでまるでイタチゴッコの様だ。しかしやめる気はない。
 裁断&データ読み込みの時間は割りと早いのだが、作業に取れる時間が少ないのでなかなか先に進まない。だが棚が空く(空間が出来る)と気持ちいい。どんどんやっていこうと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 01, 2010

明けましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いします。

 例によって自宅からの初日の出の写真です。S_dsc_0800 S_dsc_0803 S_dsc_0808 S_dsc_0814 S_dsc_0819 S_dsc_0823 S_dsc_0827 S_dsc_0830 S_dsc_0831

 初日の出の直前、振り向くと赤く染まる、沈む寸前の月が(日が上がるときには沈んでました)。S_dsc_0791

 その後、すぐに走水へ移動し、初富士。S_dsc_0834 S_dsc_0185

 関東は快晴の元旦となりました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »