« オニカサゴ釣行は津波で早上がり | Main | 鶴岡八幡宮 大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台 »

March 09, 2010

寒いヒラメ釣行

 会社関係の仕立てで、小網代から所エ門でヒラメ釣行。
 つめたい北風と雨。先週よりはマシであろうが、それにしてもここのところツイてない。

 小網代の真沖と城ヶ島沖を攻める。
 アタリは最初からあった。しかし、シコイワシがカジられるだけ。そのうちK部長の竿が船中最初に大きくしなる。全員注目の中、あがってきたのはマゴチであった。なかなかのサイズ。
 その後停滞。何度目かの立て替えの後、今度はYの竿が大きくしなる…がバラシ。Yはこの日、2、3度魚を乗せたが全てバラシ。ついに魚を見ることはできなかった。
 ふと見ると、胴の間の部長の竿がまた大きくしなっている。ユラリとあがってきた魚はヒラメ。2Kgはあったろうか。なかなかグッドサイズである。
 一方、私にもチラチラアタリがあるがなかなか乗ってくれない。しかしその瞬間はついに来る。ガツっとようやく魚が乗ってくれた。竿が気持ちいいほど曲がり、楽しい。その反面、ハリス3.5号と細いのでやや不安でもあったあがってきたのはコチ。40cmオーバーほどの大きさ。とりあえずのお土産確保だが、私にとってははじめてのマゴチGETであった。口の横のイイトコに針がかかっていた。

 その後、船中1枚ヒラメ追加&またもや部長がマゴチを釣る。K部長大フィーバーであった。
 私は結局コチ1匹に終わった。アタリは都合10回以上もあり、少ない経験ながらもヒラメ釣りでは一番のアタリ回数であった。取れなかったけど。とにかく食いが浅く、すぐにイワシを放してしまう感じ。頭だけ残ってくるパターンもあった。
 やや風雨のため波があったのと、ミヨシであったためヘタクソな私にはまだ厳しかった様である。

 それでも十分面白かった。帰宅後すぐに次回用の仕掛けを作ったのは言うまでも無い。…ということも言うまでもないが。

|

« オニカサゴ釣行は津波で早上がり | Main | 鶴岡八幡宮 大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台 »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寒いヒラメ釣行:

« オニカサゴ釣行は津波で早上がり | Main | 鶴岡八幡宮 大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台 »