« デンマーク戦 | Main | 7月の購入予定一覧 »

June 28, 2010

最終苔取決戦兵器

 水槽にコケ取り貝を入れている。

 熱帯魚水槽には以下。
 シマカノコガイ×4
 サザエ石巻貝×6
 カラーサザエ石巻貝×18
 カバクチカノコガイ×2
 ピンクラムズホーン×8(稚貝が増えてきたので数はもうわからん)

 金魚水槽には以下。
 オオタニシ×3
 ヒメタニシ×5
 石巻貝×3
 カバクチカノコガイ×8

 これらが、期待したほどには、働いてくれない。或いは、意外に働いてくれているのから、今の状態なのかもしれないが、よくわからない、というのが実態。

 60cmの熱帯魚水槽は、斑の緑ゴケがガラス面についている。だが、鑑賞に堪えない訳ではないレベルである。
 水草水槽にしているため、コケ抑制剤は入れてない。ガラス面、及び流木、水草の中を貝類があちこちウロつきまわりながら、コケを食べているものと推察される。
 正直、もう少し綺麗になると思っていたが、斑の緑ゴケは消え去らない。しかし、その緑苔の上を、貝たちは苔を食みながら右に左に動いていく(でも苔はあまり消え去らない)。

 人間の手が一番良い、というネットのコメントもあるにせよ、もう少し生物兵器に頑張ってほしいところである。

 さて90cm金魚水槽。
 カーテンをしているとは言え、窓際に設置している水槽である。梅雨以降の気温・水温が高い状態が続き始め、茶ゴケが大量につき始めた。石巻貝、タニシ、オトシンクルスに活躍してほしかったのだがコケは増える一方である。こちらは一応、水変えの際にコケ抑制剤を規定量入れてはいるのだが、この夏場は相当にコケとの戦いになりそうである。
 色々考えた結果、コケ取り貝としては名高いカバクチカノコガイを導入した。60cm水槽で2,3個も投入すると絶大な効果、との事であった。そこで我が90cm水槽には8個も投入した。これでキレイサッパリ美しいガラス面が期待できるであろうと期待し、もとよりコケが無くなった後、貝がやせ細るのではないかと心配したほどだったのだが…これも聞き及ぶほどコケを食い切らないようだった。コケ面に食み後はあるのだが、ツルツルというわけには行かない。

 よほど私の水槽が汚いということなのだろうか。

 そこで、最終苔取決戦兵器フネアマガイの導入を図ることにした。

 一部にはカバクチカノコガイの方がスゴイとのコメントも見受けられるので、やや心配ではあるのですが(^_^;)。

 このフネアマガイ、淡水アワビとも言うらしい。なかなか魅力的な名前ではあるのだが、さて実力のほどや如何に。

|

« デンマーク戦 | Main | 7月の購入予定一覧 »

熱帯魚」カテゴリの記事

金魚」カテゴリの記事

Comments

えーとね
フンが栄養になるから。最低3日おきに水を換えるのがいいよ....
ただし病気の魚がいないのが前提だけどね(本当は2日でもいいよ)
金魚水槽は温度を下げるべし。
昼に水を入れたベットボトルを凍らせて投入するぐらいしかないけど。

あと、日光に当てない。電気付けない。極力光合成をさせない
しかないかな...魚に影響ないようにだけどね。

Posted by: ある | June 28, 2010 08:06 PM

>あるちゃん

 3日おきに水変えは難しいので、週末の水変えはほぼ実行中です。1/4~1/3程度。
 金魚水槽の温度はファン&ファン用サーモスタットを導入(熱帯魚水槽にも)し、27~28度キープに設定しています。でも夏場は30度を超えない程度で良いという人も居ますね。この辺はまぁ…よほど温度が上がらなければ良いのかな?
 ただ、ファンは気化熱を利用して水温が下がるので、どんどん水位が下がってます。継ぎ水をする事が増えました。

 コケですが、なくなりすぎても困るんですよね(笑)。貝の飼育が継続できないので。
 なんでも、バケツに石を入れてベランダなどに放置し、コケを生成。その石を水槽に入れて貝の維持を図る人も居るそうです。

 とりあえず、昼夜の境を作る意味でも照明はつけようと考えているのですが、実は別の理由で今は日中も照明を消しています。
 らんちゅうの新仔は水槽内の隔離BOXに入れられているのですが、このBOXはフロートタイプで基本浮いています。すると常に照明の熱にさらされており、これがあまり良くないのかもしれないと思うようになりました。まずはしばらく、試験的に照明を消してらんちゅう新仔の様子を見ようと思ってます。
 らんちゅうは色を上げるために、本来は日光に当たったほうが良いそうなので、日光にあてるバランスに苦慮しそうです(と言いつつ、まぁなるようにしかならん、ともアバウトに思っています)。

Posted by: 竜馬 | June 29, 2010 10:46 AM

うちの高校の部活さ、水槽の水換え半年に1度だったよ
(水汚れるピラニアとかブラックバスはもっとスパン短いが)

室温も問題になるかも夏場....
でも生物室は暗幕でさらに水槽の裏に黒の遮光カバーしてたよ。
直射日光はかなり危険だから窓際大変だよね...

Posted by: ある | June 30, 2010 08:38 PM

 熱帯魚水槽の水換えスパンは月1回でも済みそうな感じですが、砂の上に糞が目立つ場合は取り除く意味で少し水換えしてます。
 半年に1度というのはスゴイね。しっかり水を作ってたんですね。
 金魚、特にらんちゅうは日光に当てるべき局面もあるようで(当然当てすぎは問題外)、バランスが難しそう。まぁ、カーテンで遮光してるけど、少しスキマを開けようかと。盛夏は隠すしかないけど。
 それでも水温は上がっていくんだろうな。先にも書いたけど空冷ファン&冷却用サーモスタットを取り付けてるのですが、ブンブン回ってます。夏になったら2個必要かも!?

Posted by: 竜馬 | July 01, 2010 08:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最終苔取決戦兵器:

« デンマーク戦 | Main | 7月の購入予定一覧 »