« 大事件が発生 | Main | ニコン 18-200 VR の修理費 »

August 23, 2010

今年も駒ヶ根

 今年も南信州・駒ヶ根に家族旅行に行った。
 8月14、15日の土日。行きも帰りも激しい渋滞が予想されたが、そこはもう、突っ込むしかないと覚悟を決めてのことだった。

 いつも駒ヶ根に行く際は必ず晴れていたが、今年は曇られた。昨年は、行きは土砂降りだったが結局現地では快晴に恵まれ、千畳敷カールを満喫できたのだが、今年はついに目視すること叶わなかった。

 14日。
 5時、横須賀出発。
 行きのルートは東名町田IC~御殿場IC、富士五湖経由、大月から中央道。
 途中、八ヶ岳高原ロッジである買い物があり、ずいぶんと寄り道だが立ち寄る。清里なんて始めてきたよ(駅前だけ見て早々に立ち去る)。
 12時頃駒ヶ根着。駒草屋で蕎麦。今年も相変わらず美味かった。

 その後、子供たちお楽しみの大田切川での川遊び。
 だが、天候は曇り。気温はやや涼しくさえある。一応水に入ったが、案の定水は凍るように冷たい。10~20分ほどで小雨も降りだし、早々に上がった。

 時間が余る。
 翌日に行く予定だった飯田線、田切に向かう。小雨の中、ホームに上がる。すぐに電車が来た。誰も降りず、誰も乗らない。
 いくつか写真を撮って去る。未だに通う人間は、一体何人居るのだろうか。

 早太郎温泉に向かう。
 遼太郎(6歳)は水風呂が好きで、サウナの横にある小さな水風呂にしょっちゅう浸かっている。この日は他の人もやることがないのか、人が多かった。
 風呂上りにすずらん牛乳。2本も飲む。

 宿に車を放り込み、駒ヶ根ファームス・味わい工房で、ここの地ビール、南信州ビールを堪能する。美味いには美味いが、アルプスヴァイツェンがいつものように美味く感じない。それよりゴールデンエールが美味かった。
 ただ、総じてもう少し温度を下げて欲しいと思うのだが、まぁこれは個人の趣味(必ずしも温度を下げて飲むものではない、とあれやこれやで言われておりますネ)。

 翌日、天気は予想通り曇り。千畳敷へロープウェーで登るか悩む。が、ここまで来たんだ、行くしかあるまいと、上る決心。
 しらび平駅では並ばず乗車(乗船?)。さすがに人が少ない。
 登ってみれば、視界40mというところだろうか。周囲が見えないわけじゃないが、はっきり言って何も見えないに等しい。

 遊歩道に入る前に朝食を食べる。宿で朝食を食べない代わりに、おにぎりを用意してもらっているのを食べる。それに加え、ヤキトリや大和煮系の缶詰を持参していた。
 しかし家族は寒がって千畳敷駅(ホテル・土産屋)へ入ってしまう。私は面倒なので外のベンチに座って食べていたが、このとき事件が起きた。

 食べ終え、立ち上がろうとした際、置いていたカメラを手に取ろうとしてツルリとすべり、足元に落としてしまった。間の悪い事に、そこには出っ張った岩が転がっていた。
 レンズのカバーフィルターにビッシリとヒビが走った。そして取り付けリングも少し曲がり、外そうに外せない。ニコン18-200VR。日常使いしているレンズで、この旅行ではこの1本しか持って来ていなかった。

 ファインダーを覗いてみると、広角側ではひびが画面いっぱいにばっちり入り、望遠側ではほとんど見えなくなる。テキトーにそこらを写してみるが、レンズそのものは無事なようであった。

S_dsc_0783

 真っ白に雲に覆われた状況であるため、写すような風景ではないが、心にも財布にもヒビが入ったような気がした。

 それでも一応遊歩道を歩く。残念ながら宝剣岳、カールは全く見えない。
 ヤッホーポイントでヤッホーを家族で叫ぶ。ビリビリと響く。周囲から(他人の声の)ヤッホーが帰ってくる。
 遊歩道をゆっくり歩き終える頃も結局景色は変わらなかった。
 ここに通うようになって初めて何も見えなかった。

 少し晴れるのを待とうかと思ったがあまり状況が変わるようには思えなかった。やむを得ず早々に下山。再び駒ヶ根ファームスでお土産を買い込み、今から山へ向かう人々とすれ違うようにして駒ヶ根を去った。

 帰りの渋滞は、予想通りではあったが、相模湖、及び八王子ICを降りてから16号が渋滞した。行きと同じように東名に入ろうとも思ったが、たまには八王子を経由してみるか、と思ったのがやはり間違いであった。
 総じて渋滞予報に比べ、渋滞はなかったように思う。それだけに大和トンネル経由でも良かったと後悔した。

 この旅行は、なんだか駒ヶ根の蕎麦とビールを飲み食いに行っただけの様であった。

|

« 大事件が発生 | Main | ニコン 18-200 VR の修理費 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/49226396

Listed below are links to weblogs that reference 今年も駒ヶ根:

« 大事件が発生 | Main | ニコン 18-200 VR の修理費 »