« 8月の購入予定一覧 | Main | 今年も駒ヶ根 »

August 10, 2010

大事件が発生

 熱帯魚水槽で大事件がおこった。
 8月8日21時頃。

 ふと熱帯魚の水槽を見ると、仰天した。

 全ての魚がのたうち、苦しみ、もがいている。いくつかは既に沈み、浮いたりしているではないか。
 コバルトドワーフグラミーはヒラを打つようにのたうち、カラシン達は大パニックを起こして走り回り、或いはヨタヨタと落ちていく。グラスキャットフィッシュも横になりながら泳ぎ、そして沈みかけ、また泳ぐを繰り返す。水槽の中に地獄を見るようであった。

 何が起きているのか、どう対処すべきなのか、咄嗟には判断がつかず、ただその地獄を見るしかなかった。

 すると、カミさんがのたまう。
 「なんかおおきいの(コバルトドワーフグラミー)がパシャパシャしてたのよ。いつもと違うな~とは思ったんだけど」

 …なぜすぐ言わない!?
 いやまぁ、カミさんのせいでは、決して無いのだが。

 とりあえずすぐにアグテンを投入。しかしすぐに思い直し、水変えを決行することとした。
 8~9割の水を抜き、新しい水をじゃぶじゃぶ入れ替える。
 すると見る見る魚が回復していく。あるものは泳ぎ始め、あるものは水草の陰に隠れながらもパニクる気配はなくなり、水槽の中はすぐに落ち着きを見せ始めた。
 しかし水面に浮くもの。或いは沈んだままうごかないものも相当数居る。100匹近い魚が泳いでいたはずだが、約4~5割の魚が落ちてしまった。

 何が起こったのか、いまだにわからない。事件の前は水槽に手を加えていない。水変えもしていない。エアレーションも問題なかったように思う(変わらずずっと行っていた)。濾過も通常通り動いていた。目詰まりなどしていない。

 ただ唯一疑えるのが、前日に金魚水槽から熱帯魚水槽に、1匹のオトシンクルスを移動していた。金魚(らんちゅう)をいじめていたので移し変えたのだが、これの所為か?…と当初疑った。
 だが、水変えを行った時点ですぐに回復傾向になったため、原因が病原菌類とも思えない。明らかに、水質、もしくは酸素濃度に関係していると思われた。

 …。

 これを書きながら反芻しているのだが、前々日に、僅かに水草のトリミングをした事を思い出した。ひょっとしてそのせいで酸素濃度がジワジワ下がった…?
 しかし水草の5%もカットしていない。そんな絶妙なバランスだったとは思えない。

 現在も謎のままである。

 従って、いつまた発生するとも限らない。
 表層の砂を変えたり、ろ材を変えたりすることを検討中である。

|

« 8月の購入予定一覧 | Main | 今年も駒ヶ根 »

熱帯魚」カテゴリの記事

Comments

気づくのが間一髪で何より。旅行中とかだったら大変なことになってましたね。

Posted by: koba | August 11, 2010 12:13 AM

全滅じゃなくて良かったね。
急激に水質が変わったとしか思えないねー

Posted by: ある | August 11, 2010 09:16 PM

>こばちゃん

 そうなんですよ。
 なにせ原因がわからないもんだからちょっと怖いのです。

>あるちゃん

 水草を数本抜いたりした際、砂が舞い上がってphショックになったのかも?と思ったりしたのですが、エビ類はほとんど落ちてない(落ちまくった中残ったツワモノではある)ので、phショックの可能性も低そう。
 よくワカランのです。

Posted by: 竜馬 | August 12, 2010 07:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大事件が発生:

« 8月の購入予定一覧 | Main | 今年も駒ヶ根 »