« August 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

September 25, 2010

弱腰は政府だけの責任ではないにせよ

 まぁ、もう、さまざまな人が、さまざまな表現で、さまざまに批判している事ではあるのだろうが。

 法が外圧に屈せず、というのは理想論かもしれないが、それにしてもこの上なくひどい、誤った措置ではなかったか。(起訴されてないので、法の元の判断でもなく、検察の単なるミス、とでも言うのかもしれん)
 海上において、船をぶつけても良いとした、と言われてどう反論するのか。
 今後、現場海域の海保の対応も苦慮することだろう。それどころか、現場海域ですらない、明らかな日本の領海内だって問題が発生するかもしれないし、その対応にすら、禍根を残す出来事になりかねない。

 検察の勝手という政府の態度も、そりゃそれを言うしかないかもしれないが、誰が信じると言うのか。もしそうだと言い張るのなら、検察のありえない越権行為をどう処分するつもりのか(そんなことしないだろうけど)。対外的な弱腰どころか、内部的にも責任逃れの内閣と言われて反論できるのか。

 今後補償だ謝罪だと求めてくる中国に対して、どこまで譲歩するつもりなのか。
 都知事はやくざのやり方と言ったが、本当にそう思う。
 ミンボーの女だったっけか。
 「やくざは、『あそこは脅せばカネを出す』と思えばどんどんタカリに来る」みたいな話があった。今後、中国にどんどんタカられるに違いない。中国だけで済めばよいが、それもどうかな。

 津田三蔵(大津事件)、まで思い起こすのはちょっと古すぎる話かもしれんが。
 法治国家を貫いた過去の偉人達は、この事態を墓の中からどう見ているのだろうか。なんとも、情けない、悲しい子孫に怒り、涙しているに違いない。

 菅直人。
 この人が指示した、指示していないにかかわらず、責任をとって、腹でも切ってほしい。

 しかし、改めて思えば。
 色々報道もされるが、論調は結局国内批判を表に出しつつも、「しゃーない」と遠慮した報道になってはいないか。
 国民一人一人も、「このやろう!」と怒りつつも、直接的には自分の生活に影響のない方が楽で、何より嫌なものを見ないで済む。

 国交断絶になっても、中国は困らず、日本は本当に困ってしまうということだ。アメリカだって、日本より、中国関係のほうが大事だろう。今更気付く事ではないが、それを喧伝する出来事になった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 22, 2010

XPERIAを買う

 携帯が壊れたので買い換えた。XPERIAにした。

 持っていた携帯の蝶つがいの部分が割れ、一応閉まるには閉まるが締りが悪く、また開くには開くがダラリと開くような、なんともだらしない、危ない状態で暫く使っていた。
 しかしカミさんなどには電話でしゃべるときにノイズが入ってよく聞こえないと言われるようになり、さすがにマズイと思い始めた。
 また、会社の後輩などには必ず新機種を手に入れているような輩もおり、私の携帯が古いだけならまだしも、あまつさえ壊れてからも使い続けるので事あるごとに買い換えろと言われ続けた。
 この三連休で、docomoショップのすぐそばのココイチに行こうという事で、ついでに買い換えることにした。

 元々の好みはNシリーズ。Fは特別視していなかった。今まで使っていたのもN。しかし周囲(先の後輩も)はXPERIAをやたら勧めてくる。パケット料の上限も高くなり、維持費高騰の懸念もあったものの、まぁ、たまにはそういうのもいいかと思い、買うことにした。考えたらN好みだったにせよ、SONY電話も3台目だなぁ。(Nも3台)
 2年拘束。2年ローン。ローンでも一括と1円も変わらない。
 維持費で稼ごうという発想は昔から変わらないのでそこらへんはまぁ。

 さて、使ってみたら使い勝手の悪さに閉口。
 更にコロプラに移行が大変だった。

 でもまぁ、なんとかここ2日ほどで少しなれてきた感じ。まぁ、使い勝手の悪さは私の無知から来る事であろうから、本でも買って勉強してみようと思います。

 2年拘束と言えど、どうせよほど壊すまではまた使い続ける事になるだろうしね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 09, 2010

プラ舟と衣装ケース舟

 「今年は当歳はもうやらない」とか言いながら、現在、我が家の舟には当歳が18匹も泳いでいる。

 当初、当歳を落としまくり、本当に今年はもうムリだと思った。しかしプラ舟を設置して泳がせないのも寂しい、と考え、2歳魚を3匹求めた。
 これと、もともと水槽に居た巨大らんちゅうと江戸錦をプラ舟に移し、4匹体制で今も舟の中を泳いでいる。なぜ1匹少ないのは後述する。ちなみに、もう一つの舟の桜錦6匹は相変わらずすこぶる元気である。

 先月だったか、もう少し前か。
 某ショップの軒先に新仔が1匹180円で泳いでいた。安さについ買い求めてしまい、これを衣装ケース(約55L)に入れてプラ舟の横で飼う様になってしまった。
 更に、ヤフオクで安く出ていた土佐錦の仔を12匹入手。これも衣装ケースに入れ、並べられている。らんちゅうの仔は大小2グループに分け、土佐錦と併せ3ケースがプラ舟の横に並んでいる。
 先の2歳1匹は体が小さく、当歳の大グループに加えて泳がせている。

 この当歳たち、今までの仔に比べすこぶる元気がいい。
 水換えの際、魚を掬うのにも一苦労するほどで、今までに無い元気さである。

 とは言いつつも、当歳、大グループは先日、(多分)エロモナス菌に襲われた。種々治療を施したが3匹落とし、6匹居た大グループも3匹(内1匹は2歳)になってしまった。しかしこの生き残り組は、今後強く生き残っていくのではないか、と期待している。

 小グループは16匹。
 まだまだ相当小さい個体もいるものの、この1ヶ月で大きくなってきたのを実感している。ここ数日、エラ病っぽい動作の魚も居たが、塩浴で事なきを得た様である。

 土佐錦は現在9匹。3匹、グループ内で体の小さなものが購入後3週目くらいで落ちた。残りはこれも、すこぶる元気がいい。まぁ、丸鉢で飼ったりは出来ないが、そんなに大層な魚たちでもなかろう、と思う。

 らんちゅうと違って糞が明瞭に底に溜まっているのが見える。
 その際はサイフォン(灯油ポンプ)で流してやるのだが、一緒に並べているらんちゅうは糞が目立たない。
 恐らく、らんちゅうの糞はらんちゅう自身が口にして吐き出し、水に溶けやすいのではないか、と思っている。それが水質悪化=らんちゅうは難しい、に繋がっている様にも思える。

 これが現在の舟の構成となっている。

 今から秋を迎える。水温の上下も激しくなろう。
 乗り越えていきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2010

エビも増えてきた

 ウチの熱帯魚水槽の中には、複数種のエビが入っている。

 ミナミヌマエビ
 レッドビーシュリンプ
 レッドチェリーシュリンプ
 アルジー・ライムシュリンプ

 あまり昆泳しない方が良いと思われるが、入れてしまったものは仕方が無い。まぁ、個人の趣味の範囲で。

 これらのエビは、観賞用でもあり、熱帯魚のタンクメイトでもある。
 しかし観賞用と言えど、熱帯魚水槽は水草水槽なので、エビ類のほとんどは水草に隠れて見えない。チラホラ見え隠れしたり、たまに表に出てきたりしていた。

 最近、ライムシュリンプはほとんど見なくなった。絶滅してしまったか、または奥に隠れているのか、わからない。
 レッドビーは表から何匹か見る事は出来るが、ほとんどは水草内に隠れて見えない。

 そんな中、ミナミヌマエビが繁殖しているらしく、稚エビを多数目撃するようになった。稚エビは南米ウィローモスの森の中に隠れて見える事が多い。モスはもともとシートで買い、水槽の右手前端に設置していた。それがどんどん成長して小さな森を形成しており、エビの隠れ家になっているようだ(たまに魚も入り込むが)。
 稚エビはここ暫く絶えず目撃されている。また、抱卵個体もまだ見かける。どんどん増えていくのだろうか。

 また、レッドチェリーシュリンプの抱卵個体も確認された。果たして、純血なのか、混血なのか、わかりようもない。まぁ、無事に生まれてくれればそれでいい。

 エビの世代サイクルは短く、すぐに死んでしまうそうな。しかしミナミヌマエビは明らかに数を増やしており、砂地(淡水カレイのテリトリー)にも顔を出す頻度が増してきている。恐らく、隠れ家のエビが増え、押し出されるようにして表に出てきているのではないかと想像している。

 エビの糞は意外に多いと聞いたが、先日の大災害以来、大きな水換えはしていない。エビが抱卵している間はあまり換えない方が良いそうだが、実際には足し水をたまに行う程度である。外部フィルター容量は一回り大きなものを使用しており、アンモニア処理用のろ材を加えている。しかし大災害は起こった(考えてみれば、魚よりエビの方が生存率が高かったような気がする)。或いは、アンモニア濃度(他、亜硝酸など何でもそうだが)が閾値を越えた、という事だったのかもしれない。今後経過観察については注意していきたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2010

アカメ

 近所の熱帯魚屋に行ったらアカメの幼魚が売られていた。5~6cmくらいの。
 1匹5980円ナリ。

 うーん、飼ってみたい。

 しかし成魚は1mくらいになるし、肉食だし(ナマズ飼うのも大変だった)。まぁ、アロワナ飼うほどの環境じゃないとムリだよなぁ、と思いとどまる。今夏異常に暑いし、クーラー含めた充実した環境が必要であろう(もう秋も目の前だろうから、そうでもないかもしれないけど)。

 それにしても、宮崎県では幼魚捕獲禁止なのね。絶滅危惧種。飼ってみたいけどそれ以上に釣ってみたい。四万十あたりで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 02, 2010

9月に発売される漫画で買うかもしれない一覧

 9月に発売される漫画で買うかもしれない一覧。

09/06 講談社 彼岸島 32 松本光司
09/08 秋田書店 範馬刃牙 25 板垣恵介
09/09 新潮社 レストアガレージ251 33 次原隆二
09/09 新潮社 エンジェル・ハート 33 北条司
09/13 少年画報社 キリン 39 東本昌平
09/16 集英社 彼女のカレラ 18 麻宮騎亜
09/17 講談社 海皇紀 45 川原正敏
09/17 講談社 capeta 23 曽田正人
09/17 講談社 はじめの一歩 93 森川ジョージ
09/17 集英社 GANTZ 29 奥浩哉
09/17 集英社 ハチワンダイバー 16 柴田ヨクサル
09/17 集英社 ハチワンダイバー 17 柴田ヨクサル
09/17 集英社 新サラリーマン金太郎 4 本宮ひろ志
09/22 講談社 宇宙兄弟 11 小山宙哉
09/30 小学館 太陽の黙示録 第2部 建国編 7 かわぐちかいじ
09/30 小学館 セックスなんか興味ない 2 きづきあきら
09/30 小学館 新クロサギ 8 黒丸
09/30 小学館 新ブラックジャックによろしく 9 佐藤秀峰
09/30 小学館 闇金ウシジマくん 19 真鍋昌平
09/30 白泉社 ガラスの仮面 45 美内すずえ

 ハチワンダイバー、2冊同時発売?なんかイベントかね。

 実は、先月中旬から漫画を買うのを凍結しました。
 いや、金魚にお金がかかっているので。ガマンできるかどうか、やや不安ですが(本屋に近寄らないようにしています)。

 しばらく経って、古本で安く買うのもいいな、と思ったのです。
 それと、家で読み待ち行列になっている本も山ほどあるのです。それを読もうかと。

 読むのはやめないけど。
 今後、古本屋で探すべき、読み待ち漫画リストでも作ろうかな。

 ちなみにドカベン、読むのやめました。
 プロ野球編、スーパースターズ編はとかく面白くない。
 プロ野球編の最初の頃はやや面白かったけど。
 やっぱり、中学、高校時代のドカベン、大甲子園は秀逸でした。面白かった。
 今は惰性で読んでいる面があって、それをやめて、ブックオフに売りに行ってしまいました。

 さようならドカベン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »