« XPERIAを買う | Main | 10月に発売される漫画で買うかもしれない一覧 »

September 25, 2010

弱腰は政府だけの責任ではないにせよ

 まぁ、もう、さまざまな人が、さまざまな表現で、さまざまに批判している事ではあるのだろうが。

 法が外圧に屈せず、というのは理想論かもしれないが、それにしてもこの上なくひどい、誤った措置ではなかったか。(起訴されてないので、法の元の判断でもなく、検察の単なるミス、とでも言うのかもしれん)
 海上において、船をぶつけても良いとした、と言われてどう反論するのか。
 今後、現場海域の海保の対応も苦慮することだろう。それどころか、現場海域ですらない、明らかな日本の領海内だって問題が発生するかもしれないし、その対応にすら、禍根を残す出来事になりかねない。

 検察の勝手という政府の態度も、そりゃそれを言うしかないかもしれないが、誰が信じると言うのか。もしそうだと言い張るのなら、検察のありえない越権行為をどう処分するつもりのか(そんなことしないだろうけど)。対外的な弱腰どころか、内部的にも責任逃れの内閣と言われて反論できるのか。

 今後補償だ謝罪だと求めてくる中国に対して、どこまで譲歩するつもりなのか。
 都知事はやくざのやり方と言ったが、本当にそう思う。
 ミンボーの女だったっけか。
 「やくざは、『あそこは脅せばカネを出す』と思えばどんどんタカリに来る」みたいな話があった。今後、中国にどんどんタカられるに違いない。中国だけで済めばよいが、それもどうかな。

 津田三蔵(大津事件)、まで思い起こすのはちょっと古すぎる話かもしれんが。
 法治国家を貫いた過去の偉人達は、この事態を墓の中からどう見ているのだろうか。なんとも、情けない、悲しい子孫に怒り、涙しているに違いない。

 菅直人。
 この人が指示した、指示していないにかかわらず、責任をとって、腹でも切ってほしい。

 しかし、改めて思えば。
 色々報道もされるが、論調は結局国内批判を表に出しつつも、「しゃーない」と遠慮した報道になってはいないか。
 国民一人一人も、「このやろう!」と怒りつつも、直接的には自分の生活に影響のない方が楽で、何より嫌なものを見ないで済む。

 国交断絶になっても、中国は困らず、日本は本当に困ってしまうということだ。アメリカだって、日本より、中国関係のほうが大事だろう。今更気付く事ではないが、それを喧伝する出来事になった。

|

« XPERIAを買う | Main | 10月に発売される漫画で買うかもしれない一覧 »

事件」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

めっちゃ驚きました。
知事のニュースの時はまったくだ!と思って聞いてました。
ほんとどうなっていくんでしょうね・・・

Posted by: shinya | September 25, 2010 at 03:00 PM

>shinyaさん

 どうなるんでしょうね。
 今後、マトモに外交が出来ていくとは思えない…。

Posted by: 竜馬 | September 25, 2010 at 05:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/49554577

Listed below are links to weblogs that reference 弱腰は政府だけの責任ではないにせよ:

« XPERIAを買う | Main | 10月に発売される漫画で買うかもしれない一覧 »