« 今日の | Main | 通勤電車 混乱の日々 »

March 17, 2011

この不安はいつまで

 福島第一原発の事故・暴走が収束せず、恐怖と不安に慄く日々が続いている。
 原発周辺はもとより、その更に周囲、つまり東北地方、そして関東地方も、状況に一喜一憂している。というか、あまり一喜することも無いのだが。

 海から来た魔物が原因で、放射能の恐怖に怯えている。ゴジラの様である。

 このゴジラ、一向に収まる気配を見せない。1~4号機のみならず、5、6号機の原子炉内の水位も下がっているそうな。問題は拡大するばかりである。

 それにしても東電の発表は”どうしようもない感”が強い。
 発表する人々に、責任感も感じなければ必死さも伝わってこない。

・望まないのに、報告された内容を発表させられる立場になってしまった
・将来的に訴えられる可能性も視野に入れ、そのために言質をとられたくない

とまぁ、そんなところか。

 現場に自社、または下請けの人間が入っているのに、「わからない」を繰り返す彼らは信用するに足りないと感じざるを得ない。そうすると現場の対応も信用出来なくなってくる。いや、命を懸けて戦っている現場の人々は信用していいはずだ、と祈るような気持ちになる。

 発表したり、責任を取るエライ人は、安全な場所にいる。
 現場には、報告の余裕が無いのかもしれない。報告のために、情報収集のために、現場にエライ人が入ればいいのに。

 政府発表も同様に見える。情報の出所が変わらないので当たり前ではあるのだが。
 東電から情報を得られないとは俄かに信じがたく、また自衛隊含め政府側が独自に情報収集を行っていて当然のように思われる。行っていなければどこまでも無能な政府だし、行っていれば情報を隠している、と言われて仕方が無い。
 従って、枝野官房長官の人気が急上昇している様だが、結局東電と同様に信用(したいが)出来ない。

 如何にプレゼン能力の違いが人に与える印象を大きく変えるかと、改めて考えさせられた。

 追随するマスコミも、今回はかなり奇異に見える。

 政府発表をそのまま流すだけしかしない。
 大本営発表ってこんな感じだったんじゃなかろうか、と感じる。

 放射能(物質)が撒き散らかされる前は、漏れるか、漏れないか、と注視されていたが、漏れた後は「まだ大丈夫」「直ちに人体に影響が無いレベル」と言うようになった(ちなみに「直ちに」という言葉は若干気になる)。
 1号機で水素爆発があった際、風向きが非常に気になったが、直後、そのことに触れたマスコミはいなかった。だが各地で放射線が検出され、漸く風向きに触れるようになった。
 花粉症の様に各地の放射線量を放送する様を見て、この素早く「慣れ」るのは才能なんじゃないか、と思った。

 誰もが、徹底して、予測は語らないようにしている。
 予測。特に悪化する方向のものは、重大な結果を引き起こしかねない。それを誰もが恐れ、そして「そうなるはずがない」という希望的観測に基づいているような感じである。
 現場で必死になって戦っている人々は、隣人でもある。その人達に対する敬意と、期待も混じっている様にも思う。

 だが、それ(だけ)でいいのか、とも思う。

 海外は、そんな日本を信用していないらしい。
 米軍も80キロ圏内は近寄らないようにしたり、各国の記者は退避を始めたりしている。
 そこはそれ、他人事なのかもしれない。しかし、コトの重大さは、そういうことなのではないか。

 ここ暫く、3、4号機の使用済み核燃料プールの話ばかり報道されているような気がするが、1~3号機、とりわけ2号機の炉心水位は大丈夫なんだろうか。

 意図的に発表・報道していないのか。
 問題が無くなったなんて、誰も言ってないのに。

 その辺も、大本営発表雰囲気、という感じがする。

 私がその報道を見てないだけならいいのだが。

 なんだかとりとめもないグチになってしまった。

|

« 今日の | Main | 通勤電車 混乱の日々 »

災害」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この不安はいつまで:

« 今日の | Main | 通勤電車 混乱の日々 »