« April 2011 | Main | June 2011 »

May 2011

May 23, 2011

「傲慢さが広がっていたのかも」原発技術者の悔恨

 とは言うものの。

****
 原子力は日本に欠かせない技術だと疑わなかった自信が揺らいでいる。事故は、もう後戻りできない「境目」だったのか-。茨城県北部の東海村に住む日本原子力研究開発機構の研究者、清水康彦(43)=仮名。東京電力福島第1原子力発電所で起きた事故の衝撃は、清水の研究者としての誇りすら吹き飛ばした。
 原子力機構は国内唯一の原子力の総合的な研究開発機関だ。清水は前身の日本原子力研究所(原研)時代から核燃料サイクルの研究に携わり、実績が認められていると自負があった。原研では核燃料が重大な損傷を受けるシビアアクシデント(過酷事故)を研究し、成果が電力会社の安全対策に反映したこともある。非常時に備えた遠隔ロボットも開発していた。
 が、現実はロボットの出番はなく、放射能汚染の拡大で多くの人々が苦しんでいる。原子力機構は事態の収束に向けて総力を挙げて支援に動いているものの、清水自身はふがいなさと悔しさばかりが募るのだ。
 「原子力に関わるものとして東電だけのせいにできない。人のために役立ちたいと研究しながら、安全上の問題を指摘できなかったことを恥ずかしく思う。われわれの技術にもっと謙虚になるべきだった」
 地球温暖化が問題化するなか、二酸化炭素(CO2)を削減できる原発が世界的に再評価されてきた動きは「原子力ルネサンス」と言われる。今回の事故は、その潮流に乗り、原発輸出で海外に打って出ようとしていたシナリオに水を差してしまった格好だ。
 日本の商業用原発の歴史は昭和41年、英国から技術を導入して稼働した日本原子力発電東海発電所(東海村、廃炉)で幕を開けた。その後、技術指導を米国企業から受けてノウハウを蓄積、米国のスリーマイル島事故、旧ソ連のチェルノブイリ事故で長く続いた「冬の時代」でも国内では新規の建設が続き技術を洗練させていった。今、技術レベルは世界トップクラスにある。

 「原発も新幹線もうちのナットが壊れたとは聞いていないし、技術には絶対の自信を持っている」
 中小企業の街、大阪府東大阪市を拠点とするハードロック工業社長の若林克彦(77)はそう言った。原子炉容器を地震の揺れから守るショックアブソーバー(衝撃吸収器)は耐震性を高める日本独自の技術だが、同社の「絶対緩まない」ナットが使われている。2次被害がまったくなかった東北新幹線の線路にも採用されており、高い信頼性が証明された。
 一方、世界の原発の圧力容器で8割のシェアを占めるのは日本製鋼所だ。そこには日本刀を美術工芸品の粋にまで高め、戦艦大和の主砲の砲身の製造にも使われた鍛造技術が息づいている。海外メーカーの追随を許さず、原子力大国フランスから支援のため乗り込んできた原子炉メーカー、アレバ社ですら同社から圧力容器を調達している。

 モノづくり大国とされた日本がお家芸としてきたのは、海外から取り入れた技術を磨き上げ、自らのものとする手法だ。その一体どこに死角があったのか。

 清水は平成19年7月に起きた新潟県中越沖地震が分岐点だったとみている。東電柏崎刈羽原発が設計想定を大幅に超える揺れに見舞われたが、原子炉は安定的に停止し、外部にほとんど影響を与えなかった。当時、技術水準の高さを誇る見方さえあった。
 「想定外の地震でも乗り切れてしまったことで、逆に安全に対する考え、哲学を根本的に検証しようとするまでに至らなかった。『安全に作っているから安全だ』という傲慢さが、原子力に携わる私たちの間にいつのころからか広がっていたのかもしれない」

 清水の悔恨の念は尽きない。日本の技術は輝きを失ってしまうのか。自分を含め、日本人はどうすればいいのか…。60年近くもの間、技術者であり続け、世界に「安全」という商品を輸出してきた若林はこう言った。
 「『安全でない』『技術が足らない』と思うなら、私たちはさらなる安全や技術を求めて挑戦していけばいい。日本は第二次大戦後、何十年もかけて復興以上のよりよい街をつくってきた。大震災も同じだ。この体験を踏まえてよりよいものをつくっていく。日本は今こそ世界に向けて模範を見せなければいけない」
 東日本大震災が起きた「3・11」を境に、日本社会は実にさまざまな問題を突きつけられた。ただ、それらは「第二の開国」に踏み出そうとしていた日本が震災前から抱え、乗り越えられなかった「境界」でもある。私たち日本人は、戦後最大の危機を越えられるのだろうか。(敬称略)
****

 全文引用は問題あり、との認識はあるのですが、Webの記事は暫くすると消えてしまうので、あえて全文引用する次第です。

#昔、NIFTYのフォーラムなんかで、相手の何十行もの発言をフル引用して、一文コメントする発言者が居たりして問題視されてた事を懐かしく思い出します…。

 話が逸れました。

 さて、相変わらず収束しない原発問題。

 どんな後悔、どんな改善を図ろうとも、事故ってはいけない、事故っては意味がないのが原発だ。

 自信満々はいい。けど、原発反対者に真摯に耳を傾けてきたのか、疑問です。そして、それは今でも変わらないのではないか?「このオレが傲慢であったと反省し、この経験を踏まえるからにはもう原発事故は起こさせない」と傲慢にも思ってはいないか?

 原発が事故ってとんでもないことになってしまった、という現実を目の前にして、

 「『安全でない』『技術が足らない』と思うなら、私たちはさらなる安全や技術を求めて挑戦していけばいい。日本は第二次大戦後、何十年もかけて復興以上のよりよい街をつくってきた。大震災も同じだ。この体験を踏まえてよりよいものをつくっていく。日本は今こそ世界に向けて模範を見せなければいけない」

と言っている。
 いや、表面上はかっこいいけど。震災とその対応と、原発災害をすりかえてもらっては困る。原発災害に対して、「よりよいものをつくっていく」では問題だ。甘い考えだと感じられる。

 本当に反省するのなら、まず、原発を止めるしかなかろう。話はそれからじゃないのか。

 そういう意味では、浜岡原発停止は、この一連の判断では理性的だったと思う。だが、浜岡原発だけでいいのか。

 原発は、電力という錦の御旗の元に、建設、稼働されてきた。
 だが、国の存亡をかけていることが、今回本当にわかったんじゃないのか。反省の言葉は口先にしか感じない。まぁ、この人にそんな権限は無いかもしれないが。

 電力が無くとも、国の存亡がかかっているとも言えるかもしれないが、原発という手段は、やはりまず稼働ありきだ。原発の安全性(現実)を問い直すようで、実は問い直していないと思う。

 ついでに言えば、立地条件にしろ、安全性にしろ、事故隠しにしろ、今回のメルトダウンの話だって、いつだって、ウソと過小評価にまみれた原子力産業ではないのか。

 原発を止めろ。

 現実を見ない発言である、という感想は否定しない。自分でも、そう思わなくも無い。

 しかし、何日後か、何年後か、年十年後か、何百年後か知らないが。
 いつか、「あの福島の時、原発自体をやめる判断を行っておくべきだった」と、その当事者になる日本人(自分も含まれるかもしれない)が、後悔しなければいいのだが…と、心の底から思う。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 10, 2011

桜錦 産卵し、針子生まれる

 GWはいろいろ忙しかった。

 4/29。
 堀口養魚場に行ったついでに、家族にスカイツリーを見せ、都庁の展望室に登ってみたり。(ここになぜか仮面ライダーオーズのベルトが売っており、下の子が掴んで離さず、買ってしまう事に…)

 はたまた、5/4、5日で小旅行。
 蓑毛マス釣りセンターで子供たちにマス釣りをさせ、横でバーベキュー。
 ヤビツ峠を初めて超えて、噂の狭い道を行き、道志みち経由で山中湖のペンションへ。 山中湖ではカチカチ山に登ったり(富士山が見えず意味なし…)、山中湖のカバ(水陸両用バス)に乗ったり。カバは前日にチラシを見て気付いたのだが、以外に空きがあって乗れてよかった。

 …といった話だけに、いろいろ写真も撮っているのだが、画像圧縮をかけていないので載せられず。

 さて、桜錦の話。
 5/2。
 この日は平日釣行を画策していたのだが、前日風が強く、また車も使えないので家の裏の海釣り公園で投げ釣りを行った。
 釣果はキスを17匹。…その間に、桜錦が産卵していたのだった。

 前日の1日から産卵巣もセットしていたのだが、2日の朝4時頃はかなり追っていたので、これは期待出来そうだと思いつつ、予定通り朝5時からキス釣り。
 13時頃帰宅してみると、既に卵は産み終えられていた。しかも既に、有精卵と無精卵の見分けが付く状態に。(しまったちゃんと観察して精子をかき混ぜればよかった)
 ヒーターで20度チョイに設定。

 親を別の飼育層(衣装ケース)に移し、そのまま休養。まだ腹が大きいのがいるので(雄雌3×3)、2番子を狙おうと旅行帰宅日の5日にまた一緒にしてみた(ちなみに雌は少し卵をこぼしていた。無精卵なので洗い落とした)。だが、追わない。その後何度か試しているが追わない。もう終わりかも?次の大潮周り(満月に産卵しやすいらしい)まで保留しようと思う。

 6日朝、針子誕生!
 何匹いるか見当もつかなかったが、受精率が悪そうだったので100~200引き程度ではないかと思われた。

 7日午後に産卵巣を撤去(6匹ほど巻き込まれたが別舟を用意し、そこでキチンと回収)。

 8日午後、180Lプラ舟より衣装ケース舟に移動させようとした。狭い方がエサも行き渡りやすかろうと思えた。
 ところが、針子を掬えど掬えど、1回掬うあたりの針子の数は減る気配を見せない。
 衣装ケースに200~300匹ほど移した時点で、掬うのをやめた。全体の1/2~3/5ほど移動したのではないかと思う。従って全体数は400~600匹は居そうな気配である。シロートだけに受精率も低いくせにコレだ。選別は相当大変そうである。

 危険分散でこのまま2舟体制で行こうかとも考えている(去年、黒子をだいぶ落としているしね…)。飼育槽に対して育てる数は再度調整が必要。

 らんちゅうの方も、7日は午前からかなり追っていたが、産卵せず。
 8日も何事もなかったが、9日の帰宅後、産卵を確認。しかし帰宅が夜になったため、卵を食べてしまった可能性が高く、かなり卵が少なかった。
 こちらもとりえず親魚を離し、針子の誕生を待ちたい。

 このへんも撮影してUPしてみたいが、いかんせんマクロレンズを持っていないのが難点である。
 購入したいが、桜錦やらんちゅうの子引きで設備投資を行っており、資金が回らない…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 09, 2011

5月に発売される漫画で買うかもしれない一覧

 5月に発売される漫画で買うかもしれない一覧。

05/06 秋田書店 弱虫ペダル 17 渡辺航
05/06 講談社 COPPELION 10 井上智徳
05/09 少年画報社 キリン The Happy Ridder Speedway 1 東本昌平
05/16 Bbmfマガジン 新ナニワ金融道外伝 1 青木雄二プロダクション
05/18 小学館 結界師 34 田辺イエロウ
05/18 小学館 史上最強の弟子 ケンイチ 43 松江名俊
05/23 講談社 オールラウンダー廻 6 遠藤浩輝
05/23 講談社 げんしけん 二代目の壱 10 木尾士目
05/23 講談社 銃夢 Last Order 16 木城ゆきと
05/27 白泉社 うそつきパラドクス 6 きづきあきら+サトウナンキ
05/30 小学館 ダブル・フェイス 24 細野不二彦

 今月も少なめ。
 弱虫ペダル買わにゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »