« 車ぶつけた | Main | 財布紛失事件 »

August 09, 2013

海水魚水槽の調子が悪い

 海水魚水槽があるのだが、調子が悪い。
 60×45cm×45cmの水槽を昨年立ち上げ、海水魚、サンゴを飼っていた。
 スペースの関係でオーバーフロー水槽ではなく、大きめの外部フィルターを使用している。

 魚はブラックオセラリス(ニモの黒いやつ、と思っていただければ)2、ナンヨウハギ1、が主たる魚。あとは入れ代わり立ち代わり…(要は長く残れなかった)という感じだった。あとはソフトコーラルとハタゴイソギンチャク。
 まぁサンゴだけに若干調子の良い悪いはあったものの、立ち上げ直後から大きなトラブルもなく1年が経過していた。
 サンゴは種類によってはダメになるものもあったが、大きく勢力を広げるものもあり、イソギンチャクも大きく成長していた。

 ところが。
 7月のある日、異変に気づいた。
 入れている5~5匹のシッタカ(苔捕り貝。人間も食べるのでスーパーで購入)が一斉に落ちたのだ。サンゴも調子が悪そうだ。これはおかしいとクーラーを見ると、水温が上がっている。30度にはなっていたろうか。恐らくホコリによる目詰まりであろうと想像され、エアダスターでホコリを吹き飛ばすと、目に見えて水温が下がり始めた。

 しかし、一安心かと思いきやそれは始まりでしかなかったのだった。

 死んだ貝を取り除き、水換え。サンゴのポリプが漸く開いたと思ったら、翌日には閉じている。やがてシャコ貝やサンゴの一部が次々にダメになり、追加したシッタカも入れた傍から死んでいく。ハタゴイソギンチャクは縮こまったままで、開く気配はない。そしてガラス面やライブロックに苔が目立つようになってきた。

 水換えを繰り返すが改善されない。
 フィルターの濾材かとこれも交換(バクテリア層は残す)するが改善されない。
 普段は自分でRO水を作成し、人工海水を作成しているが、このフィルタがダメになってRO水の質が悪くなったかと思い、TDSメーターで確認してみるが、数値は003と悪くない。

 Webで調べる。
 ひょっとすると硫化水素が原因かもしれない。砂は細かいものを10cm近く入れている。意を決して砂を取り除くことにした。事実上のリセット。
 当初は砂を入れ換えようと思っていたが、ライブロックは入れても、砂はなくす事に決定。
 水槽から全てを一度取り去り、石を組み直す。新しいライブロックも一部入れた。
 しかし、ブラックオセラリスだけが元気でナンヨウハギまで調子を落した(これは作業のせいだろうと思われた)。

 地元のショップに相談すると、天然海水を入れてはどうか、と言われた。
 買うと高いのでどうしようかと思ったが、翌日マグロ出船で沖合に出る事を思い出し、船にタンク(計80L分)を持ち込み、取水。
 これを持ち帰り水換えをすると、ナンヨウハギとハタゴイソギンチャクはみるみる回復…したかのように見えた。
 しかし、翌日。ナンヨウハギは復活したが、ハタゴイソギンチャクは再び縮こまっている。シッタカも底に転がり、改善したかのようには見受けられない。

 困った。理由がわからない。
 完全に全てを取り替えると、水作りからやり直さなければならない。

 残した一部のライブロックが悪いのか。
 嫌気層を作らない判断(底砂を入れない)のが悪いのか。
 濾材を全面変更しないのが悪いのか。

 暫くは根気よく、水換えの回数を多めにしようと思っている。

|

« 車ぶつけた | Main | 財布紛失事件 »

ペット」カテゴリの記事

熱帯魚」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海水魚水槽の調子が悪い:

« 車ぶつけた | Main | 財布紛失事件 »