« 夏休み | Main | 風立ちぬ 感想 »

August 29, 2013

相模湾のカツオ

 S氏を誘って相模湾にカツオを釣りに行く。
 密かにキハダも狙っている。ハリスはフロロ24号にマグロ針。少々ロコツであるが船上はそんなヤツばっかりである。

 小坪港より出船。船は三浦半島を南下していく。昨晩の風の影響で若干のウネリ(1.5m~2m)がある。タナは15~20m。初ヒットはキメジだったように見えるが、取り込みでオマツリ。バレた。客が多すぎである(自分もその一人である)。
 最初、船は単独で行動していたが、やがて集まり始める。見ると、海が泡立っている。巨大なナブラ。鳥山。それを囲む船の集団。…乗る男たちのオーラまで見えるようである。
 一体何万、何十万のカツオがこの下に群れているのだろうか。相模湾中のカツオが集まっているようだ、とS氏。

 目の前の船で竿が大きく曲がり、大きなタモを持った男が横に立っている。俺の横にも立てよ!皆思っている。笑う者、目が真剣な者、それぞれである。

 キハダ用の仕掛けはこれ以後、使用中止である。ハリス14号に落す。カツオならそれで十分。ハリも青物用。リールのドラグはカチガチに絞める。

 船は群れの前に前に回り込み、船を止める。
 一斉に仕掛けが下ろされる。とたんに、あちこちの竿が曲がる。自分の竿も大きく曲がった。だが、またバレる。あまりにもオマツリが激しい。ワンチャンスをモノにする者が、数を伸ばしていく。

 群は移動する。
 追いかける船達。
 仕掛けが下ろされる。
 魚が喰いつく。
 竿が大きく曲がる。
 必死になって巻く(電動で)。
 ビシを上げ、ハリスをつかむ。
 魚が逃げ、ハリスが走る。
 手に摩擦熱が伝わり、傷を作る。
 怯まずカツオに顔を上げさせる。
 タモ入れ。

 漸く1本。3キロ弱か。

 周囲が釣れ、自分にアタリが無いこともある。この日は胴の間だったが、船の前の方(ミヨシ側)は確実に数を伸ばしていく。

 群はどんどん移動する。
 やがて大島がかつてない大きさで迫っていることに気づく。雨上がりということもあり、利島まで見える。伊豆半島にはゴマつぶの様な別荘群が見え、その上に大室山が見える。目を更に移すと初島もそこにある。真鶴半島が見え、若干雲に隠れつつも富士山も見える。逆に江ノ島、三浦半島は薄くなり、僅かにしか見えない。しかし南房・洲崎も見える。相模湾の真ん中に居る。

 カツオの群れはこの日消えることが無かった。しかし手にした魚は5本。バラした数はこれの倍くらいか。下手くそである。後半はミヨシにアタリが集中し、こちらには回ってこなかった。不思議である。

 S氏は3本。途中船酔いでダウンした。南下したことによりウネリも3m以上まで大きくなっていた。裏側はわからないが、片舷で3人ほどが潰れていた。

 ストップフィッシングは13時頃だったが、港に着いたのは15時前。およそ1.5時間以上かけて帰港。遠かったな。

|

« 夏休み | Main | 風立ちぬ 感想 »

釣り」カテゴリの記事

Comments

むろみさんが釣れるくらいの仕掛けや針を使えばいいのに(W

Posted by: 井村 瑶茉 | August 29, 2013 08:45 PM

むろみさん…釣りたい。
でもキハダ用の仕掛けはビックリするくらいでかいよ…

Posted by: 竜馬 | August 30, 2013 07:29 PM

むろみさん釣れたら、魚拓ください(W

Posted by: 井村 瑶茉 | September 01, 2013 09:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 相模湾のカツオ:

« 夏休み | Main | 風立ちぬ 感想 »