« ビグザム豆腐 | Main | 飲食店の立地条件 »

September 09, 2013

100円ショップ

 100円ショップに行く。
 目的は、餃子の皿だった。

 家族でラーメン屋に入った。
 餃子好きの家族。餃子を注文する。
 餃子が出てくる。この皿が、別の時に利用できるのではないか、という話になった。

 よく、中華料理屋でもラーメン屋でも、餃子のタレ受けが餃子皿とひとつになった(タレ部分が区切られた)皿が出てくる。自宅では餃子は大皿に盛るので関係ないが、この皿を手巻き寿司に使えないかという話になったのだ。

 ラーメン屋を出ると、その足で100円ショップに行く。
 100円ショップの入り口に、薄っぺらい海賊帽子があった。
 「これほしい!」
 下の子が反応する。まぁ100円だ。ここでギャーギャー戦う(笑)時間も惜しいので買い物かごに入れる。カミさんには「甘い」と言われる。
 それよりも餃子の皿だ。
 どんどん食器コーナーに向かう。しかし探しても見つからない。

 見つからないが、買い物かごには関係がないものがどんどん入る。
 BBQ用に使うコップや割り箸。くたびれかけていた菜箸。文房具。海賊の刀。

 海賊の刀?

 おもちゃの海賊の刀が売られていた。アイパッチや動かない方位磁石などがセットになっている。またもやカミさんにはダメ出しをされたらしい。
 「欲しいよぅ」
 懇願である。100円である。だが、金の問題ではない。

 …のだが、結局買う。甘い。これを読む人が皆思うだろう。まぁ100円じゃないか。問題になる金じゃないじゃないか。金の問題ではないはずだが。

 当然。お兄ちゃんも1つ、という事になる。彼はピコピコハンマーを持ってきた。うん、これは遊べるかもしれない。

 下の子は海賊帽をかぶり、アイパッチをつけ、刀を振りかざして遊んでいる。
 ペラペラの刀だ。すぐに壊れるだろうが、この笑顔・幸せが200円ぽっちで得られるならなんとコストパフォーマンスの良い事だろうと思ったりする。
 ピコピコハンマーでも遊んだ。考えたらヘルメットが要るなぁと思いながら遊ぶ。長男と20戦ほどするが、ジャンケンは私が19勝1敗。長男のなんとジャンケンの弱いことか。

 ああそうそう、餃子の皿はみつかりませんでした。
 Amazonで探すと見つかるものの、気がそがれてまた今度、と相成りました。

|

« ビグザム豆腐 | Main | 飲食店の立地条件 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

100円ショップって、100円で買えて幸せになるんだけど、同じ品物がスーパーなんかで98円で売ってるとヘコむよね。

Posted by: 井村 瑶茉 | September 09, 2013 at 05:44 PM

子供の笑顔はやっぱりイイよね。息子がサッカーやっていた小学生の頃の笑顔が一番屈託無かったかな。
なので海賊コスプレ次男君写真うpキボン。
夏休みをしばらく終える気が無い者よりwww

Posted by: いぶき | September 10, 2013 at 08:22 AM

>いむさん

 たとえばチューブのわさびやショウガとかね…

>いぶき

 撮ってないかも(^^;)。
 なんとかします。

Posted by: 竜馬 | September 12, 2013 at 07:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/58157853

Listed below are links to weblogs that reference 100円ショップ:

« ビグザム豆腐 | Main | 飲食店の立地条件 »