« 世界遺産の価値 | Main | ジンベエザメ »

September 20, 2013

同窓

 フェイスブック上で、高校時代の同期会メンバーが集まりつつある。

 誘われて参加してみると、まだそんなに多く集まっていないものの、ジワジワと集まりつつある、という感じ。こういうのは活動主体のメンバーがどれだけ活動的かで成否が決まる。若干無責任だが頑張ってほしいと思う。

 私は就職後関東に来て以来、ほとんど高校の同窓会に出るチャンスもなく、縁が切れてしまった人が多い。懐かしい名前をそこに見つけたり、或いは全然知らない人が自分の事を覚えていたり。

 写真がチラホラアップされているが、顔を見てもほとんどわからない。卒業アルバムは実家の本棚に眠っている。
 男同士はまぁなんとなく変わりゃしないが、女性は結婚すると名字が変わっていたりして、誰が誰だかわからなかったりする。と言っても3年間男子クラスだったのでほとんど忘れてしまっているのだが。妙な感じである。

 驚くべきことに、自分のクラスが何組かを忘れていた。というか記憶違いをしていた。いつ間違ってしまったのだろう。11組だとばかり思っていたら3組だった。ビックリである。当時は500人ほどの同級生が居た。今は半分ほどらしい。少子化である。

 集まりがあれば出てみたいが何せ福岡が中心になるのは間違いなく。
 盆正月も2年に1度程度しか帰省しない。まぁ、ネット上で近況を語り合うのは今ここでやっていることなのだが。

 とは言っても、ブログ、mixi、FBといろいろ場所があって若干面倒である。
 mixiの日記はここにリンクされているが、FBはそんな機能はなさそう。FBの場合は会社関係も結構繋がっているので若干表現しにくい。今はROMに徹している(今でもROMって言うのかしらw)。同じものをアップしてもいいのだが、今はそこまでやる気が起きない。
 それでも存在証明を行っていると、何年かぶりに会っても意外に見知った感じになるのはNIFTY-Serve時代から変わらないと思う。ちょっと検討しようかな。

|

« 世界遺産の価値 | Main | ジンベエザメ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 同窓:

« 世界遺産の価値 | Main | ジンベエザメ »