« 痛車 | Main | 水筒 »

September 16, 2013

ヒラメ

 棒面丸でカサゴを釣りに行った時のこと。これまた若干前の話。

 場所は右ミヨシ。30オーバーのカサゴを狙っていた。根ガカリが多く、オモリや仕掛けがビシバシ無くなっていった。
 カサゴ用の竿を持っておらず、1.5mの短めのライト竿(ダイワのA-ブリッツモバイル)を使用。リールはカワハギ用のもの。道糸はPE1号だった。

 仕掛けを落とすと、底立ちを取り、すぐに少しオモリを浮かせる。
 落としたり、浮かしたり、を繰り返す。
 あるとき、ガクン、とオオアタリ。というか、根ガカリのように、竿先が上がらない。
 船が潮に流されているせいか、竿が伸される。
 ドラグはガチガチに絞めていた。咄嗟に糸が切れないように上半身を乗り出し腕を伸ばす。
 クラッチを切り、サミングしながらテンションを確保しつつ糸を出す。糸が出る間ドラグ調整をする。
 クラッチを戻しながら糸巻き開始。この時点では魚か根ガカリかは半信半疑だった。
 更にドラグを調整しながら糸を巻く。ゆっくりだが巻ける。根ガカリではない?しかし大きな石でもひっかかったか?魚か?
 ゆっくり巻く。竿が極限にまで大きく弧を描いている。
 ググググッと下に潜ろうと引かれる。ドラグが効きながら糸が出ていく。この時初めて魚だと確信した。
 竿が短いので、腕をせり出して使わないと糸が船に擦りそうである。
 ゆっくりポンピングさせながら糸を巻く。それでもドラグが鳴り、糸がずる、ずるっと出ていく。PE1号にヒヤヒヤする。
 やがて魚体がゆっくり見えてくる。
 ヒラメだっ!
 見ていた船長が慌ててタモを持ってくる。
 ゆっくり海面まで魚を上げる。
 一発タモ入れ。60cmほどか。(後計量で2kgでした)

 こんなこともある。

Sdsc_0476

Sdsc_0466



|

« 痛車 | Main | 水筒 »

「釣り」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヒラメ:

« 痛車 | Main | 水筒 »