« クロダイ | Main | 同窓 »

September 19, 2013

世界遺産の価値

 北九州の八幡製鉄所などを世界(文化)遺産登録申請する動きがあるそうな。

 某隣国が例によってギャーギャー言っているらしいので若干言いにくいが、これって世界遺産なんだろうか。

 「明治日本の産業革命遺産は、日本がものづくり大国となる基礎を作った歴史」とかいうのが理由らしいのだが、そりゃ日本国内の話でしょうが。世界がその恩恵に恵まれたかどうかも相当怪しければ、10000歩譲ってそうだとしても、日本側が恩きせがましく「人類の普遍的価値がある」とか言うのはとんでもなく恥ずかしい話。

 別に重文にでも国宝にでも公園にでもすればいいと思うけど、世界遺産じゃないよね。

 私にとって、子供の頃から見慣れた「1901」の文字。それこそ地元も地元の話ですが。

 どうもこう、観光客を呼び込もうと必死なのはいいけど、富士山を世界遺産だと言い始めたあたりからやってることがおかしなことになってると思う。

|

« クロダイ | Main | 同窓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界遺産の価値:

« クロダイ | Main | 同窓 »