« 自宅のベランダから | Main | オリンピック招致 »

September 06, 2013

新潟にキジハタを釣りに行った

 もうちょっと前の話だが。某日、新潟まで、キジハタを釣りに行った。

 船のつく港内で豆アジを釣って、それをエサにキジハタを釣るというもの。エサが釣れなければ本命も釣れない。
 もともとは私、ブチョー(あだ名だが、本当に部長だった)、C氏の3人で行く予定だったが、C氏は都合が悪くなり、ブチョーと2人で新潟まで移動した。

 前日から移動し、夕方から豆アジを釣り、民宿に素泊まりし、朝4時に出船する。沖アガリは14時…だったと思う。

 出船前日。現地にて豆アジを釣る。豆アジのサイズは5~7cm程度という小ささ。スキンサビキではなく、トリックサビキを使い、アミコマセを針にこすりつける。足元の釣りなので、こちらの方が確実だ。
 釣れた傍からバケツに入れていき、ある程度まとまると活き餌バケツに移し、ロープで海底に沈める。
 真面目に釣っているのは私ばかりで、ブチョーはある作戦を実行しようとしていた。それは四つ手網作戦だった。
 四つ手網を沈め、コマセを上から落す。しかし、警戒してなかなか近づかない。警戒を解くため、更に網を深く沈める。再び上からコマセを落す。すると、警戒しつつもアジが網の上に乗ってくる。

 今だッ!

 網を持ち上げる。豆アジが一網打尽…のように見えたが、次の瞬間、網のフレームが外れ、網本体とロープが離れてしまった(ロープは網側にくっついていた)。網は無残にも海底に沈んだ。

 嘆くブチョー。
 大きめの針をつないで底を引くと、網に引っかかった感覚。一応、引き上げに成功した。喜ぶブチョー。

 ゆっくり上げれば大丈夫かな?

 …これを2度繰り返し、網による捕獲は断念された。

 時間は18時を回る。釣った豆アジは80匹前後であろうか。活き餌バケツに入れて海底に沈め、宿へ向かった。早めの就寝につく。

 翌日。早朝2時に起きて船に向かう。出船は4時だが、豆アジを釣り足すために船に向かった。宿は船から歩いて3分くらいという立地の良さである(そもそも船長の紹介だが)。
 現場では昨日は見なかった他の客が豆アジを釣っている。
 水中にライトを入れて寄せている人も居る。ところが、肝心の豆アジが釣れていない雰囲気。

 豆アジは港内に群れているが、たまに小さな青物に追われ、パッタリ居なくなる時がある。それと、他の客の仕掛けはトリックサビキではなく、スキン(あるいはバケ)サビキを使っている様だった。

 沈めていた活き餌バケツを引き上げ状態を確認。ところが、豆アジの2~30匹が死んでいる。
 エサは多く確保した方が良く、ブチョーと出船時間まで再び豆アジを釣り始める。
 トリックサビキ最強である。一度にたくさんのアジが同時に釣れることは無かったが、淡々と竿を下ろす度に1匹以上は確実に釣れ、数を伸ばす。最終的には、2人で100匹以上は確保できた。周囲の人達は、その半分か、それ以下だったかもしれない。
 ある人はエサ用の活きアジを買いに走った。1匹150円(!)で、数十匹を買っていた。

 朝4時になり、出船。みんなギリギリまで豆アジを釣っていた。私もだが。

 さて、いよいよキジハタの実釣開始だが、根ガカリが激しい。使用するオモリは80号だが、次々に海底に消えていく。だが、アタリも多い。アタリはハッキリと出る。根魚らしく、カサゴのアタリにそっくりだ。食い込みを待つと根ガカリになりやすいので途中からあまり食い込みを確認するのをやめた。若干カカリが悪くなるが、根ガカリは激減した。

 ポイントによって釣れ方が全然違う。
 朝イチに釣った場所は船中でバタバタとキジハタが上がる。自分も数匹上げるが、場所を移動するとパタリとやんだりする。それでもブチョーはヒラメだ50cmクラスのアイナメだを華やかに釣り上げていく。
 そんな中、自分の竿が大きく曲がった。今までになく重い。海の底の方から魚が見え始める。1.3キロのキジハタ。当日はこれが船中最大魚となった。エサは4cmくらいのアジだったのだが。

 午後に入ると、周囲の人々の釣果がピタリとやむ。どうやらエサ切れらしい。そんな中、絶好のポイントに入り次々にキジハタを上げる。嬉しいような、申し訳ないような。船長が死んだエサをもらうぞ、と弱ったり死んだエサを周囲に配る。それで良ければ…(実際それでも釣れてた)。

 やがて沖アガリ。100匹超の豆アジは全て使い尽くした。アジに混じってメジナの仔とメバルの仔が1匹ずつ残った。(2匹とも自宅に持ち帰り、水槽に入れた。メバルは数日で落ちてしまったが、メジナは元気に泳いでいる)

 ブチョーは外道にヒラメや巨大アイナメと華やかだったが、自分はほとんどキジハタだけだった。1匹だけクロソイが混じった。

 帰宅する。新潟(能生)から新宿を経由し、横須賀へ。家に帰るのもなかなか大変だ。
 釣友Yが新宿のブチョー宅へ、おすそ分けに来る(呼んだ)。キジハタは美味いのでちょっとくらいの苦労は関係ないのだ。
 その後帰宅し、自宅で小型のキジハタを1匹だけ捌き、刺身で食べる。絶品ではないか。
 翌日、更に捌き、最大魚1.3キロのキジハタを刺身で食べる。1日置いても絶品である。クロソイも一緒に食べたが、キジハタの方が遥かにウマイ。
 最初は量が多いと思い、半身だけ食べたが結局すぐに追加で捌き、1匹まるまる刺身にしてしまった。残りは煮つけ、及び冷凍である(その後煮つけ予定)。

 新潟は遠く、移動費用も馬鹿にならない。時間も取りにくい。まして、キジハタの釣期も短いそうだ。年に2回はそう簡単に出来そうに無いが、毎年1回は必ず行こうと心に決めた。

|

« 自宅のベランダから | Main | オリンピック招致 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/58137128

Listed below are links to weblogs that reference 新潟にキジハタを釣りに行った:

« 自宅のベランダから | Main | オリンピック招致 »