« よこすかおさかなまつり | Main | チャプチェ牛丼 »

October 08, 2013

真空パックん

 最近は残り物等の保存に家庭でも真空パック化、保存する事が出来る道具が売られている。近所のホームセンターでも売られているのは把握していたが、どれも1万円オーバーと若干お高く、カミさんも微妙な反応であった。

 しかし楽天優勝セールは物欲大魔王様を呼び寄せた。
 その真空パック出来る製品が、半額で売られていたのだ。その名も真空パックん。小林製薬のネーミングの様だ。Webのレビューでもなかなかの評判だ。

Sdsc_0049

 購入し、届いたのがなんと先日のおさかな祭りの前日。さすが大魔王様、真空パック化出来るから思う存分魚を買えと、更なる仰せである。まるで名人の将棋を見るような次の一手だ。

 物欲大魔王様が囁く。
 
ワラサが美味そうだ、サンマが美味そうだ、サケが美味そうだ、と。

 購入内容は前述の通りなのでここでは割愛する。

 当夜に食べられた以外の魚、余った身はほぼ全て真空パック化され、冷凍庫に直行した。それらの魚は丸々冷凍するのではなく、ほとんどは裁いた上で冷凍する。サンマも、我が家では塩焼きより蒲焼が大人気で、そのために三枚におろし、骨まで抜いておく。当日は延々15時から19時まで4時間近く、種々の魚たちの下処理&パック・冷凍化作業に追われた。

 (それでも私はサンマの内臓が大好きで、一部は冷凍せず、ここ数日中には消費されるものもある)

 さて真空パックん。
 真空にする力が、もう少し欲しいところである。
 パック化される食材の、空気を抜く場所よりも遠い側に空気が微妙に残りやすい様な気がする。空気を抜く時間をもう少し長くし、かつ、パックにするビニールをもう少し柔らかくすれば、密閉度は上がるのではないか。もっとも、ビニールが柔らかいとそれはそれで手前で気道を塞いでしまうのかもしれないが。

 何にせよ、今後は釣れすぎにも今まで以上に対応が出来そうだ。釣ることが先決だが。

|

« よこすかおさかなまつり | Main | チャプチェ牛丼 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真空パックん:

« よこすかおさかなまつり | Main | チャプチェ牛丼 »