« イモト マナスルを登ったね | Main | 歩く人々 »

November 27, 2013

大井町の凛に行く

 昔、大井町に凛というラーメン屋があった。
 二郎インスパイア系で、太麺背脂ニンニクガッツリ系の、濃い醤油ラーメンだった。
 店は狭く、7人ほどが座れば満杯。店の前には行列が生じ、昼休みに食べるのに若干フライングしなければならないほどであった。

 私は当初、二郎なるラーメン屋は知らず、凛によって逆に二郎を知った。凛には「まかない」と呼ばれる二郎系ラーメンと、細麺の塩ラーメンの二種類があったが、私はもっぱらまなかいばかり食べていた(だから腹が出る)。

 九州のラーメンとは似ても似つかないラーメン。
 しかし当時、九州豚骨ラーメン至上主義で、かつ、関東で美味しい(九州の)豚骨ラーメンを探すことをあきらめていた私には、凛のラーメンは衝撃的で、世の中にこんなに美味いラーメンがあるのかと驚いたものだった。

 しかし、凛はやがて大崎に移転してしまった。
 それでも大崎に用事の際にはなるべく行くようにしていた。行ったはいいが休みに遭ってしまうとガッカリであった。
 その後、自分自身も大井町を離れたりして、縁が遠のいた。たまに、(二郎系は)どこかの二郎で食べる事がある程度だった。

 蒲田が現在の事務所だが、凛の蒲田店が出来る、と聞いたときには喜んだものだった。 そこには、今もたまに行っている。人が違えど、店主が無愛想なのは伝統なのかも。でもいいんです。美味しいから。

 先日、珍しく大井町に行くことがあり、ふと思い出して凛に行ってみた。
 大井町店が復活しているのは知っていた。でも、行く機会はなかった。

 中途半端な夜の時間帯だったが、営業していた。
 腹は減っていなかったが、ふらふらと中に入る。

 客は他に1人。食券を買う。チープな食券機はどこの凛でも変わらない。
 中は昔と変わらない狭さ。L字カウンターの雰囲気。恐らく席数も同じか。
 しかし麺を湯掻く鍋の位置が違っていた。そのことを(当時と違う別の)店主に言うと笑いながら「そうですよ、昔の事、よくご存知ですね」と返事。
 確かに昔の事だが、通った人は誰でも覚えているだろう。

 基本の醤油を注文。ドンブリの上の方は油分が多く、下は味が濃い。麺を下から下からすすり上げていく。美味い。蒲田店の方が若干濃い気がしたが、気のせいかもしれない。

 食べ終え、店を出る。
 そこは15年前のような気がした。

|

« イモト マナスルを登ったね | Main | 歩く人々 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

すみません。大井と聞くと

「提督?この手はなんですか?何かの演習ですか?撃ってもいいですか?」

となってしまうあたしばびょーきでしょうか?直るでしょうか?

Posted by: 井村 瑶茉 | November 28, 2013 at 03:59 PM

>いむさん

 言ってほしそうだからハッキリ言いますが。

 病気です。重症です。
 そして治らないでしょう。

 死に至る病ならぬ、死んでも治らないというヤツですな。

Posted by: 竜馬 | November 28, 2013 at 11:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/58654920

Listed below are links to weblogs that reference 大井町の凛に行く:

« イモト マナスルを登ったね | Main | 歩く人々 »