« エスハイで海水を汲み上げてみる | Main | 日光猿軍団はなくなるべくしてなくなると思えた »

November 05, 2013

子育ては投資だと信じて疑わない人が身近にいた

 若干、昔の話。

 ウチのチームにある女性がいた。名前はえみりん。本人がえみりんと呼んでくれ、と言ってたのでそう呼ばれていた。

 わが社の数名と、他社との数名で立食パーティー、だったような気がする。

 他社の一人、A氏が昔話をした。曰く、

 A氏「学生時代、オートバイに乗ってましてね。ある日事故った事があるんですよ。頸椎や背骨を7箇所折りまして」

 周囲の人はビックリである。

 私「大丈夫だったんですか?後遺症とか大丈夫なんですか?」
 A氏「いやー、幸い後遺症とか残らず、(おどけながら)この通りです」
 私「そうですかー。しかし親御さんは心配されて大変だったでしょう」
 A氏「そうなんですよねー。母親などもヨヨヨヨ、と立ってられない感じでした」
 私「そうでしょうねー」
 えみりん「そうですよねー、お金かかってるし」

 え?

 我が耳を疑うとはこのこと。
 周囲の人間も目をパチクリさせる。

 私「お金?」

 えみりん「だってここまで育てるにはずいぶんお金かかるでしょう?大学だってお金かかって大変だし」

 イヤアンタ。ソウカモシレナイガ。

 私やA氏、他の人間は目を合わせ、そして別の話題へ。
 彼女とはとっくに別の部署だが、稀に会っても空気感は今でも変わらない。それはそれですごい。

|

« エスハイで海水を汲み上げてみる | Main | 日光猿軍団はなくなるべくしてなくなると思えた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/58518719

Listed below are links to weblogs that reference 子育ては投資だと信じて疑わない人が身近にいた:

« エスハイで海水を汲み上げてみる | Main | 日光猿軍団はなくなるべくしてなくなると思えた »