« 子育ては投資だと信じて疑わない人が身近にいた | Main | 釣りバカ »

November 06, 2013

日光猿軍団はなくなるべくしてなくなると思えた

 日光猿軍団が今年の12/31で最後の講演になるという。

 私自身、一度もナマで猿回しを見たことが無かったし、子供たちに一度見せておく価値はあるのではないかと思い、今年中になんとか行こうとチャンスを伺っていた。そして11月初旬の3連休、友人家族と2家族で行ってきた。

Sdsc_0019

 料金は大人2500円に子供1500円となかなかの値段。しかも連休とあってかかなりの大人数の客入りで、自分の整理券番号は400番を超えていた。総数は500人近く居たのではないか。なかなか儲かっているようだが、閉園とはうまくいかないものである。

 さて、入場してみると既に座る場所は無い。立ち見席まで用意されており、そこに陣取る。やがて館内の照明が落とされると、プロジェクターによるビデオ上映が始まった。

 え?
 内容はCMと調教師の韓国連携、猿の子育てスナップ、といった類。なんだか嫌な予感。

 その後漸く猿回しが始まったが…ショボイ。猿の芸はなかなか芸というに至るまでには行ってないように思われた。調教師の話術が全て。若干言うことを聞くようになった猿をなんとかステージに立たせている、という感じ。過去は多芸の猿が居たんだろうが、なかなかそのレベルを維持することが難しい中、なんとかメニューを作っている、といった感じである。

 それでも色々芸をする猿が出てくるのかと思いきや、ステージは1時間ほどで呆気なく終わった。「これで終わり!?」と心の中で驚いた。大人2500円、子供1500円の価値はない。観光地ということを加味しても、せいぜい大人1000~1500円、子供はその半額、といったところではないか。
 後で調べると似たような感想などがweb上で見つかる。同行の友人には事前に若干忠告されていたものの、二度と見られないという感覚でここまで来た。しかし存続したとしても2度と行かないし、またこれも終焉の要素か、と思わずにはいられなかった。報道では原発事故に伴う外国人調教師が帰国し、調教師不足のためという事であったが…。(そのせいで質が落ちたのかもしれない?)

 東北道は行きも帰りも大渋滞であった。
 坂道による自然渋滞。事故や故障車の見物渋滞など。
 猿軍団には朝着いて、昼から別のテーマパークなども想定していたのだが、スケジュールを変更。せいぜい餃子のみんみんに寄って帰った程度。みんみんはアド街で放送された直後らしく、行きがけに寄ろうとした宇都宮市内の店は大行列。そのため帰りがけに鹿沼の支店の方で食した。自宅の冷凍庫には山ほど餃子が入っているのだが。

Sdsc_0053

Sdsc_0054_5

 余談だが、カミさんはみんみんよりこの冷凍餃子の方が美味しいとのたまっており、なかなかに侮れない冷凍餃子である。私はカミさんの手作り餃子が一番美味しいと思うのだが(俺いいこと言った)。

|

« 子育ては投資だと信じて疑わない人が身近にいた | Main | 釣りバカ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

ひゅーひゅ~~~

Posted by: 井村 瑶茉 | November 06, 2013 at 04:08 PM

フッ…(斜め四十五度に構えてキメポーズ。ただし過去最大に膨れ上がった腹をかかえて)

Posted by: 竜馬 | November 07, 2013 at 12:28 AM

日光猿軍団はぱっとしなくなった、と元同僚から聞いた事が有りましたが、やっぱりそうだったのね……。お疲れ様でした。

Posted by: いぶき | November 07, 2013 at 06:39 AM

 ぱっとしてませんね。
 全盛期に行くべきでした。

 しかしあれで1日の売り上げは相当大きいと思われ、いい商売です。

Posted by: 竜馬 | November 07, 2013 at 08:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/58524028

Listed below are links to weblogs that reference 日光猿軍団はなくなるべくしてなくなると思えた:

« 子育ては投資だと信じて疑わない人が身近にいた | Main | 釣りバカ »