« 夕焼け | Main | 金融道 »

December 10, 2013

葉山からアマダイ

 先日、ブチョーから誘われてアマダイを釣ろうと、葉山のたいぞう丸に行ってきた。
 当日の天気予報は晴れ、風も波も無い予報だったが、実際には曇りで冷たい北風が吹いており、若干波っ気もあって寒かった。

 釣り座は左ミヨシ。合計8人乗船していたが、そのうち6人は同行人。我々が行かなかったらそうとう人が少ない体だった。メジカツの様には人が集まらないのかも。(ただし2船出船で、我々は別船。本船は10人近く乗船していたと思われる)

 鎌倉、由比ヶ浜沖で開始。江ノ島がこんなに近い場所で釣るのは初めて。
 この日、ミヨシは大きく上下して釣りにくい。
 しかしこれが誘いとなるのか、右ミヨシ側のメンバーがファーストヒット。30cmチョイのアマダイと15cmほどのアマダイの一荷。
 船中ポツリポツリとアタる。
 オモリを底から1.5m~2mほど切っていると、私にも小さなアタリ。
 巻き上げを開始するとげしげし海中で暴れている模様。アマダイってこんなに引く魚だったっけ。上がってきたのは30cmほどのアマダイ。
 その後40cmほどのアマダイを追加。全員ヒットのため船長が移動を判断。南下する。

 小網代沖、城ヶ島沖を攻め、30cmを追加。船中は数が伸びず、しかしオニカサゴなどのいい外道が上がったりしている。
 城ヶ島沖で船長が「ここは大物が出る」と言うポイントで仕掛けを下ろすとアタリ。かなり重いので慎重にヤリトリ。船長はマイクで大物が出るんだよ~と半分喜び、半分プレッシャーをかけて来る。やがて魚が見えてくる。上っ針にホウボウ。下にも魚が見える。下は…下もホウボウじゃん!40cmくらいのホウボウの一荷。いいと言えばいい。なんだと言えばなんだって感じ。

 しかしその後、再びアタリ。
 このアタリは小さかった。
 ノソリと、竿を引くと言うよりは、なんだか竿が重たくなったような気がした、だけ。
 巻き上げてみるとやはり魚。なかなかのヒキ。
 上がってきたのは42cmほどの本日最大のアマダイ。

 その後若干移動を繰り返すも、船中アタリなく、終了となった。

 それにしても、アマダイってこんなに面白かったっけ?アタリの取り方といい、ヒキ具合といい、なかなかのものでした。

 帰宅後、アマダイ4匹とホウボウを捌く。
 ホウボウは刺身。
 アマダイはホイルのバター焼きと昆布〆。
 アラは吸い物。
 昆布〆は普通の昆布〆と塩昆布あえ。後者は初めてやってみたけどなかなか美味でした。

 もともとアマダイは刺身で食べるには美味しくなく、刺身好きの私としては食指の動かない釣り物でしたが、今回は認識を改めました。今後行く機会は増えるかも、です。

|

« 夕焼け | Main | 金融道 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 葉山からアマダイ:

« 夕焼け | Main | 金融道 »