« たこやき屋 | Main | カーリング女子 »

February 17, 2014

古い喫茶店

 ある日、ランチを食おうと、古い喫茶店へ入った。
 3種類ほどのメニューが看板に書かれ、500円と書いてある。ビックチキンカツ 500円 と大書。カレーに至っては350円とのこと。

 いらっしゃい。
 しわかれた声で水とビニールパックに入った手拭き(ウェットティッシュ)を持ってきた。
 私はチキンカツ、同僚はカレーを注文する。

 手を拭こうとビニールを開ける。ビニールが妙に埃っぽく汚れているのが気になったが、開けて吹いてしまえば関係ない。ところが、中から出てきたウェットティッシュはカラカラに乾いている。

 やがてハムカツの様なチキンカツと、具の無いカレーが運ばれてきた。

 …。

 味は押して知るべし。
 そんなことより、腹を壊さないか心配になった。ウェットティッシュがいつのものとも知れないと思えば、食材含め、店の何もかもが信用できなくなっていた。

 …その後、一応、大丈夫なようだが、二度と行くことはあるまい。

|

« たこやき屋 | Main | カーリング女子 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 古い喫茶店:

« たこやき屋 | Main | カーリング女子 »