« 筋肉痛 | Main | ときには真珠のように »

May 27, 2014

雨の日

 京急蒲田から職場まで歩くのに、歩いて20分ほどの距離がある。

 雨の日はこの距離を歩くのは、若干億劫である。
 台風なら尚更だ。

 しかし、雨の日でいいことが一つだけある。
 自転車が少なくなるのである。

 環八の歩道をてくてく歩くのだが、この歩道、自転車がやたらに走っている。
 人と自転車が歩道で入り乱れて通行している。本来、歩道の車道側を自転車は通行すべきであるが、お構いはない。また、横断歩道に自転車通行の部分があるが、これもお構いなしである。

 自転車は猛スピードで走り抜ける。
 ぶつからない限り別にどうでもいいのだが、これを怖がる通行人が、皆、端を歩きたがっている様に見える。
 いつか書いたが、端を歩くのに固執する人がいる。こういう人が生まれ原因になっているのではないかと思う。歩行者は歩行者で端を歩きたいので道を譲らず、ぶつかる寸前で諦めたように避けて(あるいは諦めることなく避けないで)歩く。

 なんてめんどくさいんだ。都会を歩くのも一苦労である。

 この点、雨が降ると自転車が減る。
 するとやはり、歩行者の譲り合いは、普段に比べてスムーズな様な気がする。
 そんな大田区。

|

« 筋肉痛 | Main | ときには真珠のように »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雨の日:

« 筋肉痛 | Main | ときには真珠のように »