« ぐらんぱる公園でトレジャーハントに挑戦 | Main | フィッシングサギ »

May 09, 2014

カニカニ

 城南島海浜公園に行く。
 昨年、公園内でカニ釣りをしたのが面白かったため、また行こう!という話になっていた。子供たちは行きたがる(カニ釣りをしたがる)のだが、持って帰って飼っていたカニが脱走を繰り返し、ゴキブリよろしく部屋のすみなどに隠れ込んだり出てきたりするため、カミさんには二度と飼うなと宣言されていた。持って帰らないことを条件にこの日もカニ釣りである。
 若干早めだったためか、駐車場の車は少ない。この日の天気は曇り後晴れの予報であった。午前中は北風もあり寒いため、まずは釣りが出来る場所で釣りをすることにした。
 子供たちはサッカー。
 私も竿を置いてたまに参加。

 しかし結局、何もかからなかった。

 思えば特車二課整備班がハゼ釣りをしていた(事になる)場所である。何回も来ているが、釣りは初めてやったなぁ。何も釣れなかったけど。

 寒いわ釣れないわで、エサも余っているが釣りは取りやめ、カニ釣りに向かった。
 消波用の石垣が公園の端にあるのだが、ここが絶好のカニ釣り場になっていて、子供たちを中心に家族でトライ出来るポイントである。
 既に何人もカニ釣りをやっていた。
 早速とりかかるが、今年は思うように釣れてくれない。
 カニはいるし、エサのさきいかも掴んでくれるのだが、引っ張り上げても後ろ足で岩をガッチリつかみ、引っ張り合いの後、結局エサを放してしまうのだ。

 なかなか、うまくいかない。
 たまに、うまくいくことも(捕まえることも)ある。

 この自然が生み出す絶妙なゲームバランスが、人々を熱くさせていた。
 あるお父さんなどは、うまくいかない子供が訴えると、「うるさい!」的な会話で夢中になっていた。それもどうかと思うけど。

 昼前に撤収。5、6匹のカニを捕まえた。去年の1/4程度。
 それを先程のイラついていた親子にあげることにした。
 元ヤン風(今でも髪が普通じゃなかった)のお父さんは丁寧な言葉づかいで謝意を述べていた。上から目線で申し訳ないが、なかなかどうして、という感じ。

 車に戻ると皆で昼飯。
 今回はお金を切り詰めるために、湯を沸かしてカップラーメンを食べる準備をしていた。
 エスティマハイブリッド 1500w電源の活躍である。
 電気ケトルで湯を沸かし、カップメンに注いでいく。

 今回はビンボー昼食であったが、これが逆にウケが良かった。
 というのも、結構寒かったので、温かいものを食べられて好評であったのだ。
 近くを通り過ぎる人も、何人か注目していた。

 まぁ、BBQセットの人はこんな電気なんかいらないだろうけどね!

 カセットコンロなんかでも良いかもしれないが、車内で火を使わず湯を沸かせるメリットは確かに大きい。
 まぁ大枚叩いて買って、ビンボー暮らしでカップ麺の湯を沸かすために使ってるって考えると、若干虚しいような気がしないでもないけど。
 今後も活躍の場を広げていきたいものですな!

 さて、帰ろうか。
 ついでに東京ゲートブリッジを渡って、新木場経由の遠回りで帰宅することにした。
 城南島からゲートブリッジに向かう。
 トンネルに入ると左前にミニパトが走っている。(片道二車線道路で自分は右車線走行中)
 ミニパトのやや距離を置いた前方をバイクが走り、自分の前にはトラックが走行していた。
 トラックも少し距離が開いていた。

 そしてここが重要なのだが、ミニパトから3台ほどおいて、白バイが走っていた。白バイはトンネル前の信号待ちの際、確認していた。

 全体にスローペース。バイクは行きたくて仕方がないオーラを背中から発していた、ように思えた。
 トラックもそんな感じ。ややスピードをあげ、少しずつ離れていく。

 トラックについていく車がいそうな気配。でも自分はスピードアップはしたくない。
 ミニパトをジワジワ抜き、ミニパトの前に車線変更。制限時速+5キロオーバー(メーター読み)程度。トラックよりはペースが遅い程度。まぁ、これなら良かろう。

 その時ミニパトの視界から隠れたバイクがややペースアップ。距離を100m~150mほど離したところでヘルメットが後ろを確認しているのがわかった。
 ミニパトに動き無しと見て、更にペースアップしたな、と思った瞬間。
 白バイが回転灯をつけてスピードアップ!あっと言う間に2台のバイクは視界から消えた。

 トンネルを出ると、白バイに停められたバイクが。

 スマン俺がそそのかしたかもしんない。

 その後ゲートブリッジを渡る。
 歩道を歩く人、家族連れがそこそこ多い。風も強く、寒かろうに。

 ゲートブリッジを渡り切ったあたりで、先程のバイクが追いついてきた。
 ということは、注意程度で済んだのか?よくわかりませんが。

 その後新木場から湾岸線。何事もなく帰宅。
 みんなペース早かった。
 エスハイを運転するようになって、自分の巡航速度が10~20キロほど遅くなった気がする。
 車重が重いのと、燃費を気にするようになったからであろう。

|

« ぐらんぱる公園でトレジャーハントに挑戦 | Main | フィッシングサギ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カニカニ:

« ぐらんぱる公園でトレジャーハントに挑戦 | Main | フィッシングサギ »