« 犯罪だ | Main | 筋肉痛 »

May 23, 2014

日本酒を堪能する

 山形出身の職場の方から、日本酒の頒布会の話が出た。
 彼は日本酒が大好きで、飲み会でもよく日本酒を飲んでいる。

 私といえば、もともと日本酒が好きではあったものの、最近はビールを飲んでばかりである。もともとビールは飲めなかったのに、えらい変わりようである。もっと言うと、最近は経費削減のため、第三のビールを飲むことが多いが。
 また、焼酎というパターンもある。日本酒に比べ、自分が購入する程度のものは安いと言える。日本酒はなかなか飲まなくなった。

 頒布会は4ヶ月にわたり、吟醸の、それも生酒が送られてくる仕組みである。最初の3ヶ月は、300mlの酒6種で、最終月は720mlが2種が送られてくる。
 先に書いたように日本酒は非常にスローペースになっているので、冷蔵庫が溢れるかもしれない、と危惧した。まぁ、そこは調整しながら飲もうか、とあまり深く考えてなかった。

 届いて最初の週末。
 とりあえず1本飲んでみようと思い、開封。
 久々に、グラスに日本酒を注ぐ。一口、二口。

 目が覚めるような思いがした。ああ、なんて美味しいのか。吟醸香ってこんなに甘かったっけ。

 結局届いて二週間経ったが、もう残りは1本の、それも半分しか残ってない。それはまさに、美酒であった。

 ちなみにその6種の酒は以下。

・純米吟醸 千代寿
・フモトヰ 純米吟醸出羽の里 生詰
・純米大吟醸 あら玉
・栄光富士 純米吟醸 吟しぐれ
・大山 純米吟醸 生酒
・磐城壽 純米吟醸 出羽燦々55

 栄光富士、出羽の里は飲んだことがあるかもしれない。正直、あまり飲んだことが無い酒たちであった。

 300ml × 6種 = 一升 という事になる訳だが、一升瓶の酒を買っても、こんなに早く消費されるのは久しぶりではなかろうか。300ml瓶はすぐになくなってしまうので、思わず早く飲みきってしまう気がした。

 吟醸酒でも、自分に合う、合わない、はある。
 だが、これらの酒は何れも美味しく感じた。ひょっとして、生酒であることが良いのだろうか。よくわからない。

 それにしても、これらの酒を居酒屋で飲んだら幾ら取られるだろうか。
 最近、居酒屋で飲む日本酒は高い気がする。それも、吟醸酒クラスでなくとも。
 酒屋で買った方が安いのは何も日本酒に限らない。しかし、外で飲む絶対額は日本酒が突出して高い気がする。気のせいかもしれないが。

 安く手に入るのは良いことである。
 日本酒は家で飲むに限る。

|

« 犯罪だ | Main | 筋肉痛 »

」カテゴリの記事

Comments

あたしは貧乏なんで、そして、ビールだとすぐにおなか一杯になってしまうので、飲み屋で「冷や酒」を頼むんだが、1/2くらいの確率で吟醸酒が登場する。まっ、いっかと目くじらは立てないんだが、あたしゃ、竜馬ちゃんみたく酒の味がわかるわけではないので、熱燗にする酒を冷やで持ってきてもらいたいんだけどなぁ。あ、あと、あたし、お酌されるの好きじゃないので、忘年会とかでは、わざとお酌できないコップ酒とか飲んだりしています。

Posted by: 井村 瑶茉 | May 23, 2014 06:58 PM

>いむさん

 私だってビンボで酒の味だってわかってません。
 コップ酒賛成です。
 でも注がれてしまうペースで飲んでしまうかも(^^;)。

Posted by: 竜馬 | May 26, 2014 08:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本酒を堪能する:

« 犯罪だ | Main | 筋肉痛 »