« May 2014 | Main | July 2014 »

June 2014

June 30, 2014

城南島海浜公園

Img_20140506_103125_r

 思えば、パトレイバーと言えばこの立地だったのだが。

 今シリーズではそんな雰囲気ないなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2014

もめごと

 朝の通勤時、満員電車の中座ってウトウトしていたのだが、怒鳴り声に気付いて目を覚ました。
 「ヒジ打ちしやがったろ!」
 「お前だろ!」

 サラリーマン風のオッサンが2人、若干、つかみかかりながらやりとりしている。

 「なんだよこの手は」
 「復讐だよ」
 「俺は手を出さないからな」
 「ハァ?先に殴っておいて何言ってんだよ」

 とかなんとかかんとか。
 そのうち警察行くぞとかなんとか言い合い始めた。

 「次で降りろよコノヤロウ」
 「お前どこまで行くんだよ」
 「会社だよ」
 (ぷっ)
 「どこで降りるか聞いてんだよ」
 「関係ねーだろ、次で降りろよ」
 「川崎まで行こう」
 (ぷっ)

 思わず吹き出しそうになる。
 きっと京急川崎が下車駅なんだろうなこの人。しかしケンカの最中に自分勝手というか都合がいいというか。

 横浜に着く。
 上記を3回ほど繰り返しながら、罵声と共に、二人とも引きずり降ろされるように、降りて行った。

 朝から迷惑だなー。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 25, 2014

W杯

 負けちゃいましたね。残念。

 前半の同点ゴールを見て、子供とハイタッチ。しかし、そこまででした。

 子供が早朝から起きてW杯を見る時代なんて、俺の子供の頃はなかったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2014

うがー

 宮地嶽神社 手洗い場の竜。

S_dsc_0141

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2014

雲間に消える飛行機

S_dsc_0503

S_dsc_0498

 低い雲の中にスーっと消えていく飛行機…という感じだったのですが、写真だとそうは見えませんね。なんだかボヤけただけの様な。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2014

夜明け

S_dsc_0008

雲を超えて、太陽が漸く出てきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2014

シューマッハー氏、妻の声に反応…自力呼吸も可能に

 よかったよかった。 

****
 昨年末のスキー事故で頭部を負傷した自動車のF1シリーズ元王者、ミヒャエル・シューマッハー氏(45)=ドイツ=が、妻の声に反応し、自力呼吸ができるほどに回復していると、ドイツ紙「ビルト」が報じた。
 シューマッハー氏の代理人は16日、同氏が昏睡(こんすい)状態を脱し、フランス・グルノーブルの病院を退院したことを明らかにしている。
 ビルト紙によると、同氏はまだ話すことはできないが、周囲の呼びかけに目で反応し、特にコリナ夫人(45)の声に反応することができるといい、「コリナさんの声には、ほかのだれよりも強く反応する」と報じた。
 同氏と夫人の間には長女(17)長男(15)がおり、コリナ夫人は事故から約半年の入院中、170キロも離れた自宅と病院を行き来し、子供の世話も続けてきたという。
 また、人工呼吸器をつけているものの、生命維持装置には依存していない状態で、一定の期間ではあるが、自力呼吸も可能になっているとも報道した。
 シューマッハー氏は現在、スイスのローザンヌにあるリハビリ施設に転院している。
 F1史上最多の91勝を挙げた同氏は2012年限りで引退。昨年12月29日にフランスのメリベルでスキー中、岩に頭部を強打し、意識不明となった。
****

 まぁ本当に復活の兆しが出て良かったという話なんだけど。

>コリナ夫人は事故から約半年の入院中、170キロも離れた自宅と病院を行き来し、子供の世話も続けてきたという。

 子供の世話がなんだって言うんだ。夫が入院したら育児放棄するのが普通とでも言いたいのか。大体17歳と15歳とか、もう育児とかそういうレベルじゃなかろうにw。
 …まぁ子供の世話はいいとして、170キロ離れた病院通いも、電車やバスを乗り継いで…という話じゃないよねぇ。どうせ運転手付きなんじゃないの?とか思ってみたり。この記者ちょっとオカシイんじゃないの?

 …なんて思ってしまうのは心が荒んでいるからですかそうですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2014

カサゴ

 投げ釣りで釣ったカサゴのから揚げ。

S_dsc_0599

S_dsc_0600_2

 どれもそんなに大きくないのでから揚げに。
 それでも食べるところはいま一つ少ない。

 ネガカリ覚悟で根回りを攻めるのだが、型は出ないねぇ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2014

針仔

 先週生まれたらんちゅうの針仔です。

S_img_20140614_104702

S_img_20140614_104716

 洗面器にまとめてみましたが、これだけです。
 通常であれば、このくらいの洗面器にまとめれば、4倍も5倍も密度が濃くて良さそうなものです。

 二歳の親から生まれたのですが、大きい個体ではなく、卵の数も少なかった模様です。更に当日は、朝出勤前に産卵を確認していましたが、帰宅が深夜になったため、若干は卵が食べられてしまった可能性があります。

 別腹が一昨日生まれたので、一緒にしようと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2014

 漁師の朝は早い。

S_dsc_0045


| | Comments (0) | TrackBack (2)

June 11, 2014

らんちゅう

 先日の産卵はダメでした。

 昨日別グループ産卵してくれたのですが、果たしてまともに生まれて来るのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2014

厚木の男児白骨遺体 「パパ、パパ」とすがる息子に「怖くなり家を出た」

 衝撃。 

****
 神奈川県厚木市のアパート一室で斎藤理玖(りく)ちゃん=当時(5)=が白骨遺体で見つかった事件で、父親でトラック運転手の斎藤幸裕容疑者(36)=保護責任者遺棄致死容疑で逮捕=が、「亡くなる2カ月くらい前は仕事が非常に忙しくて週1、2日しか帰らず、(理玖ちゃんは)がりがりになってしまった。この状態が続くと死なせてしまうかもと思った」と供述していることが9日、県警への取材で分かった。
 捜査関係者によると、斎藤容疑者は「痩せた経緯が分かってしまうのが怖くて、病院に連れて行くことができなかった」とも供述。生前最後の姿を見たのは理玖ちゃんの死亡に気付く約1週間前で、「立ち上がることもできず、か細い声で『パパ、パパ』と呼んでいた。その場にいるのが怖くなり、1時間も一緒にいられずに家を出た」という。
 理玖ちゃんは平成19年ごろに死亡したとみられている。
****

 衝撃である。

 ネグレクトによる乳児、幼児死亡のニュースは時折報道される。それらはいつでも悲惨で、いつでも衝撃を伴う。

 本文中に、子供が親に「すがる」という行為の記載は無い。タイトルをより過大に見せるべく書いた表現かもしれない。すがったのではないか、という想像なのかもしれないし、編集上カットされてしまったのかもしれない。

 それでも衝撃的だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2014

千葉の方に

S_dsc_0591

 見慣れない山があると思ったら雲でした。

 見慣れない山って日本語として如何なものか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 08, 2014

東京湾フェリー

Img_20140406_123520_r

Img_20140406_114206_r

 釣り船の上からスマホで撮影。

 そんなことしてるって事は釣れてない証拠ですな。多分マダイの時だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2014

6月6日に雨ざーさー

 6日の24時前だろうか。
 大雨で乱れたダイヤの中、漸く電車を降りると、駅のホームはものすごい雨漏りだった。

Img_20140606_234710_r

 よりによって唯一の階段前。アホか。

 なんとかせんかい>京急。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

June 06, 2014

S_dsc_0175

●ート製薬のCMではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2014

レゴの車

S_dsc_0294

 長男作。

 シンプルで、なかなか良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2014

編隊飛行

S_dsc_0156

S_dsc_0140

 今年だか去年だか忘れてしまいましたが。自宅ベランダからの撮影。

 ブルーインパルスが飛んでいました。防大の卒業式だと思われ。

 この日はたまたま自宅に居ましたが、何せ3月の日曜日。以前はほとんど釣りに行っている事が多く、沖堤や船の上から見上げるばかりでした。

 今年は釣りそのものの頻度が極端に下がっており、この日も自宅でした。

 突然の爆音と共に飛来する戦闘機。
 何事かと見て、ああ、今日は防大の卒業式か、と気付くのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2014

6月に発売される漫画で買うかもしれない一覧

 6月に発売される漫画で買うかもしれない一覧。

06/04 集英社 ONE PIECE 74 尾田栄一郎
06/04 集英社 ハイキュー!! 11 古舘春一
06/06 秋田書店 弱虫ペダル 34 渡辺航
06/12 ほるぷ出版発売 エルフを狩るモノたち2 3 矢上裕
06/17 講談社 AKB49~恋愛禁止条例~ 20 宮島礼吏
06/17 講談社 はじめの一歩 107 森川ジョージ
06/19 集英社 ハチワンダイバー 33 柴田ヨクサル
06/20 講談社 攻殻機動隊ARISE 3 大山タクミ
06/20 講談社 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1 衣谷遊
06/23 講談社 オールラウンダー廻 14 遠藤浩輝
06/23 講談社 げんしけん 二代目の七 16 木尾士目
06/23 講談社 少女ファイト 11 日本橋ヨヲコ
06/23 講談社 おおきく振りかぶって 23 ひぐちアサ
06/30 小学館 アイアムアヒーロー 15 花沢健吾

 ここのところ少なかった反動の様に、今月は多い。と言ってもこのうち版数はkindleフォローなので、実際には発売が遅れたりするだろうからすぐには買えないものもありそうですが。実際、最近は書いてるだけで買ってない本も増えてきたような。

 ハイキューはまだ10巻がkindle化されてないのですが、この遅れ方なんとかならんものか。

 電子書籍と言えばヤマダ電気もやめるとかで話題になってましたね。継続閲覧出来るとかできないとかいろいろ話題になってたようですが(出来る方向で調整中、ということらしいけど)。
 紙媒体でないからこそ、場所をとらないメリットが大きいのですが、アブナイ話だよな。amazonなら大丈夫だろという信頼の元にkindle利用しているのですが、外資の方がよほどカジの切り方は大胆かもしれん。紙媒体はやはり偉大だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2014

カエル

 夜の住宅街を歩くと、道端にゴミのような、石のようなものが転がっていた。大きさは空き缶クラスといったところ。
 何かと思いながら近づくと、それがカエルであることに気づく。ウシガエルだろうか。アスファルトの上にボテっと座っている。

 東京大田区の住宅街。23時頃ともなれば人通りも少ない。近所には公園もあるが、恐らく目の前にある住宅の庭から出てきたものではないか。生け垣は低く中が見える。自家栽培の小さな畑がそこにある。

 近づいてもカエルは逃げない。電車の時間もあるため帰路を急いでいる。構わず通りすぎるが、車でも通れば踏みつぶされてしまうのではないかと心配になる。

 このカエル。実は出会うのは二度目である。
 同じ場所で、同じ時間帯に会っている。同一個体でない可能性は無論否定できないが、よりによってほぼ同じ位置に居た。間違いないのではないか。

 ちなみに前回出会った日は啓蟄の日であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2014 | Main | July 2014 »