« 小網代の朝 | Main | 8月に発売される漫画で買うかもしれない一覧 »

August 07, 2014

久しぶりのオニカサゴ

 新谷丸のオニカサゴに行く。
 朝一番に着く。釣友Yも到着。二人して車内で開店を待つ。
 待っている間にリールのバッテリーを持ってきていないことに気がつく。リチウムバッテリーで、電動リールに直接繋げるタイプである。従って船の電源を利用しようにも電源コードも持ってきていない。やむなく宿から借りようと思う。

 シマノのリールしかないとのことで、ダイワの電動リールには当然合わず、使えない。リールごと借りる事にする。1000円余分な出費である。

 若干の南西だが船は予定通り布良沖に到着。150mダチからスタートする。電動を借りれて良かった。しかし道糸は使い込まれ、結び目が何カ所もあるツギハギになっている。若干使いにくい。
 下ろしてすぐにアタリ。ファーストヒットである。1kg弱、というところであった。

 気を良くして攻め込むが、なかなか次が続かない。
 船は深場の180m前後を攻める。急激なカケアガリを狙う。底立ちが難しい。
 底から1~2mはオモリを浮かせても、30秒かからず根にあたる。その分巻き上げ、再びオモリを浮かせる。

 そして事件は起きる。ネガカリ。それはいいが、なんと100m以上の高切れである。やられた。船長に言うと100m3000円とのこと。…忘れた俺が悪いのだ。

 自分のリールの糸を継ぎ足そうとして気がつく。

 自分の電動リールをそもそも忘れているじゃないか。

 …健忘症にも程がある。

 別の古いリールを借り、糸を継ぎ足す。
 その後も似たような深さを攻める。ネガカリも多い。そのたびに再び高切れしないかドキドキである。

 この日は難しかった。アタリなく、底立ちを取り直している内に時間が経ち、船は次のポイントに移る、ということを繰り返した。他の人はというと、釣っている。2kgはあろうかという大きなオニカサゴが釣れている。しかし…自分にはその後、アタリはついに来なかった。

 Yは2匹。私は1匹という結果に終わった。もっと釣れると思ったんだがなぁ!難しいものである。

 リベンジに行きたいがキハダ/カツオが釣れ出している。この宿もオニを中断し、キハダに切り換えるとのこと。秋以降のリベンジとしたい。

 夕食の刺身は子供たちに大好評である。特に長男はバクバク食べる。釣ってきた魚を食べてほしい反面、子供にはもったいない気がしないでも無い。オニカサゴの価値を知れ。

 アラは酒蒸しに。
 いつも煮込んでいたが、こちらの方が料理としては手軽でかつ、使用調味料が少なくて済むことに気がついた。

|

« 小網代の朝 | Main | 8月に発売される漫画で買うかもしれない一覧 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりのオニカサゴ:

« 小網代の朝 | Main | 8月に発売される漫画で買うかもしれない一覧 »