スポーツ

February 21, 2014

浅田選手は「大事なとき転ぶ」=森元首相

 テレビでニュースを見たときには思わず笑ってしまった。

****
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を務める森喜朗元首相は20日、福岡市内で講演し、ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子の浅田真央選手がショートプログラムで16位と出遅れたことについて「見事にひっくり返ってしまった。あの子、大事なときは必ず転ぶ」と述べた。配慮を欠く発言として批判も出そうだ。
 森氏は、浅田選手が団体戦に出場したことに関しても「負けると分かっている団体戦に出して恥をかかせることはなかった」と語った。 
****

 この人の失言人生はもう、ネタを提供してくれるためのものとしか思えない。
 人前で喋らせるなというか、しかしながら、もうネタなんだから喋ろうが喋るまいがどうでもいいというレベルまで来ているような。
 ネタなんだから喜んで報道もされているだろうけど、そろそろネタとしても価値が下がるかもしれない。
 「ああ、またあの人か。あの人そういう人なんだよ。しゃーないんだよ」的な。

 とは言いつつ、それはそれとして、浅田選手がコケやすいという点では若干気持ちがわからんでもない。
 自分としては、申し訳ないが彼女に過度に金メダルを期待する報道が理解できない。
 応援はしている。だが、がんばって!と全代表選手に期待するのに等しい。
 本当の意味でメダルに届きそうかどうか、という冷静な話ではないと思う。なんかこう、作為的にスターを作り出そうという感じがしないでもないと思うのは私だけでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2014

カーリング女子

 ここ最近眠い目をこすりながら見ていましたが、ついに予選敗退確定してしまいました。惜しいところまで行ったのですが、まぁ、世界の壁は厚いってとこですね。

  しかしスキージャンプとかと違ってずいぶん時間がかかる競技です。その分、ずいぶん楽しめました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2010

カーリング 対ロシア戦

 2時すぎから見てました。2時間くらいで終わって、4時ころから1時間半ほど寝れるかと思いきや、時間使いきり&延長戦で終わったのは5時10分ころ。目覚ましの時間まで15分ほどですよ?

 完全寝不足です。ねみー。

 とにかくアドレナリンが出る試合でした。調子の悪い日本。よく勝てたよほんと。

 一夜明けた記事を見ると11エンドのラストショットの話ばかりだけど、どのエンドも本当にイライラ、ハラハラ、ドキドキ。もうね、この体の疲れをどうしてくれるの。好きで起きてただけですが。

 予選勝ち残って欲しいなー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 25, 2009

<WBC>イチロー「最後に神が降りた」

 よく打ったよホント。

****
 ◇イチロー選手の談話

 ありがとうございます。いやーもう、苦しいところから始まって、苦しさからつらさになって、つらさを超えたら心の痛みになった。最後は笑顔になれた。最後の打席では神が降りてきましたね。自分(の心の中)で実況しながら打席に入った。一つ壁を越えた。

 (「今大会は山あり谷ありでしたが」と質問され)谷しかなかった。最後に山が来ました。これからシャンパンファイト、思いっきり浴びてきます。
****

 いやーよく打ったよホント。いつもの調子だったらともかく、今回調子が悪かっただけに、それでいて一番オイシイところを持っていくあたり、神がかってました。ちょっと笑えるほどに。

 勝利の美酒、美味かったろうなー。いいなー。

 原監督もさぞホッとしていることでしょう。まぁ勝てば官軍。負ければなんやかや言われて…まぁ周囲の人間なんて勝手なモンです。

 それにしても、今回の勝利は前回大会のようにルールで助けられたという印象ではなく、ガッツリ勝ったという印象がありました。強かった。

 今日のネット中継は繋がりにくかったネ。どこから繋げてたかってそれは聞いちゃいけない。最後のシーンは移動のタクシーのラジオで聞いてました。いいタイミングでラジオ聞けたなぁ。でも新橋周辺に居たのに号外は貰い損なった。ちぇ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 17, 2008

平野早矢香選手かっこいいぞ

 オリンピック・卓球の試合を見ています。
 平野早矢香選手、残念ながら負けてしまいました。この娘、すごい形相で相手を睨みつけながら試合をするのですが、その表情がブルース・リーにそっくり。

 と思ったのは私だけであろうか。

****追記

 結構みんな思ってるみたいですね。net上で結構同様の記載を発見…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2006

松坂はお金持ち

 松坂とレッドソックスの契約が合意に至った。
 まぁ、そこまで興味のある話ではないのだが、60億とはまぁスゴイ話である。目も眩むとはこの事だ。そして、松坂は根性があるなぁと思う。
 たとえば、私の場合、3億円の宝くじが当たったら会社を辞めるであろう。そんな大金を持ったまま今の仕事を続ける根性は、私にはない。仕事に対する能動的な考え方がどこまであるのか。そもそも、どこまでその仕事を愛しているかの裏返しであろう。まぁ、あるジャンルにおいて頂点を極め、大金を手にするような人々は、金とは違う領域で動いているのかもしれない。情けない話であるが、あまり縁の無い話である事よ。

 さて、話は突然変わるのだが、横浜にカレイ釣りの名所がある。ベイブリッジの足元にある、沖赤と呼ばれるその防波堤は、足場が低く足は波に洗われ、釣り人の投げる竿が10cm間隔で何十本も並ぶという、普通ではちょっと考えられない場所である。カレイ釣りの沖堤釣行が大好きな私も、ここはちょっと二の足を踏んでいる。
 松坂の親父殿が、ここの常連氏であるとの噂を聞いた事がある。

 松坂が西武ライオンズと契約した際、その契約金で車を父親にプレゼントしたそうな。その車で、松坂親父は沖赤(の渡船屋)に訪れていたそうだ。今も通っているかは知らない。

 沖赤(防波堤そのもの)が買えるなぁ、などと思ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2006

シンクロの母・井村氏が中国をコーチ

 そりゃないだろう。

****
 シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代前ヘッドコーチ(56)が、北京五輪でシンクロ初のメダル獲得を目指す中国代表を指導することが11日、分かった。アジア大会の日本選手団関係者が明らかにした。
 同大会で日本は国際主要大会で初めて中国に敗れ、デュエット、チームとも銀メダルに終わった。五輪のメダル争いで強力なライバルとなった中国を日本のトップコーチが指導することで波紋が広がりそうだ。
****

 …って記事の論調が、ですよ。
 こんなこと言っても、じゃあジーコ(オシムでも誰でもいいけど)を監督にした際に文句言ったのかって話ですよ。
 海外から有力監督やコーチを招くのは良くて、海外に流出するのは嫌うってのはどうなんですかね。脅威になるかもしれないのは判るけど。個人が感情として思ったりするのは勝手だけど、記事にして書いていいことか。

 別に核技術の流出じゃ無かろうに。スポーツに国境は無い、というのはやはり嘘なのだ。

 自分の指導力を買ってくれる国がある、というのは大変名誉な事じゃないのか。そして、そのジャンルの層の厚さやレベルの高さの裏返しでもある。招かれた人を褒め称えこそすれ、批判するとは何事だ。日刊スポーツってサイテーだね!

****追記

 他の新聞の記事も目にしたのですが、結構問題視されてるんですね。中国とは強力なライバル関係だから、というのがその理由だそうで。
 うーん、気持ちはワカルけど、どうなんだろうね。笑顔で送り出すことは出来ないのかもしれないけど…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2006

運動会

 近所の小学校の校庭を借りて、子供の保育園の運動会があったのですよ。
 父兄参加競技なるものに参加して来ました。競技は以下の二種目。

 綱とり
 リレー

 紅白2チームに別れ、各種目を競っておりました。
 綱とりは、複数本の短い綱をチームで奪い合うというもの。獲った綱の本数の多いほうが勝ち、というものでしたが、見事に惨敗してきました。
 ずるずる引きずられた私は肘に擦り傷を作ってしまいました。こんなケガ、何年ぶりだろ(^_^;)。

 リレーは10人1チーム。紅白2チームずつの計4チームで争い、私はなんと自分のチームのアンカーになりました。
 気が楽でした。何せ、私のところにバトンが回ってきた時には周回遅れ寸前だったので(笑)。最後に一人走っていると、「最後のお父さん頑張ってください!」とか放送がながれ、拍手が沸くのですよ。
 ヤメロ。その拍手をヤメロ。私のせいじゃないぞ。前半に私が走ったら私のせいだっただろうけど。

 まぁ、そんなこんなで楽しい一日でした。
 遼太郎の競技も見れたし、グラウンドでビールもたっぷり飲んだし。

 その夜からすぐに筋肉痛ですよアナタ。
 綱とりなんて、普段使ってない腕の裏側の筋肉使うのね。
 リレーも流して走っただけなのに、寝ているとなぜか足が金縛りにあったかのように上げられないのですよ。
 この、異様なほどの運動不足を認識するにあたり、ちょっと反省しまくりです。
 カレイのシーズンが始まろうかというのに、一日中投げ竿を振る自信がなくなって来ました。これはイカン。…そんな反省のしかたもイカン様な気がせんでもないが。

 ちょっと…なんとかしようと思う今日この頃。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 21, 2006

<高校野球>白熱の投手戦…37年ぶりの決勝引き分け再試合

 今日の試合見てー!

****
 第88回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)の決勝が20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、73年ぶりの3連覇を狙う駒大苫小牧(南北海道)と初優勝を目指す早稲田実(西東京)が延長15回の熱戦の末、1―1の同点で、大会規定により引き分け再試合になった。夏の甲子園決勝の引き分け再試合は、69年の松山商(愛媛)―三沢(青森)以来37年ぶり2度目。当時は延長18回制で、2000年に15回制になってからは初めて。再試合は21日午後1時開始。
****

 いやー燃えました。延長戦の緊迫感はひときわでした。息詰まる投手戦ってやっぱり面白いね。高校野球だね!夏だね!
 それにつけても、延長15回での、斎藤投手の投げた147kmのタマ。なんという物凄さ。

 うおおぉぉ、こいつ…中西球道かよ!

 てな感じ。松坂にもそう感じたんだよなー。パワーと持久力を兼ね備えた本格派っていいなー。

 今日の再試合…見たい…(始業前の会社にて<(;o;)>)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 23, 2006

カーリング、赤丸急上昇なのはいいけれど

 いつのまにか大人気。

****
 “氷上のカー娘。”ことカーリング日本女子代表が、銀幕デビューする可能性があることが21日、スポーツ報知の取材で分かった。

中略

 都内の日本協会事務局には「カーリングはどこでできるのか」、「用具はどこで買えるのか」などの問い合わせが殺到。浦川ヒサ子事務局長は「おかげ様で日ごろの業務ができなくなりました」と、うれしい悲鳴を上げている。メダルのない「カー娘。」たちだが、人気はさらに高まりそうだ。
****

 いや~いつのまにやらすごい人気ですね。手に汗握る展開、そして緊張感。巧妙な戦略と絶妙なコントロールを見せる選手たち。魅了される事ウケアイだったようです。氷上のチェス、なんて言うそうですが、氷上の碁の方が似合いますよねぇ(日本人にしかワカランけど)。
 日本チームが強豪国相手に互角以上に渡り合った展開が話題沸騰の起点であるのは間違いないのですが、中継を解説していた方が、これまた穏やかでかつ絶妙なわかりやすい解説を行っていた事も大きいのではないかと思います。緊張の一投後、勝った際には思わず声を張り上げる解説者とアナウンサー。彼らの想いと熱気はテレビを見ている我々と共有した気持ちでした。カーリングが今後大きく発展するとしたら、解説者の方も一役買ったと思うなぁ。
 しかしながら、選手たちの活躍は本当に素晴らしかった。感動した。かっこよかった。もう惚れそう(アホ)。

 メダル不振と言われるトリノ五輪。マスコミは格好のネタを見つけたんだなぁと、この加熱報道をやや冷ややかに見てみたり。大体「カー娘。」なんて誰が言い出したんだ誰が。こういう持ち上げ方嫌い。来年3月にはカーリングの世界選手権があるらしい。勝手に煽って期待して、負けたら手のひら返す報道は今回の五輪報道でも繰り返された事だし、そうならなきゃいいけれどね。なんだかなぁ。まぁ、良い方に転がっているならそれはいい事なんですがネ。

 さてカーリング人気急上昇ってことで、なんか山中湖にカーリング場があるそうですが、今頃予約待ちになってるんじゃないでしょうか。はたまた、ゲーム業界は早速カーリングゲームの企画書書いてるヤツがいるんじゃないでしょーか。出たら買うかも(笑)。

 実在の花田君が「日本中がカーリングに感動してる…スゴイや!!ボクも頑張るぞ!」とか言ってるそばから、実在の苺谷香は「オレが目立てないカーリングなんてつまらないな…」と言いながら別の部を発足しているかもしれません。ゲートボール部とか。
 スイマセンどうしてもカーリングと言うと「ちょっとヨロシク!」から頭が離れられません(^_^;)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)