ファッション・アクセサリ

February 24, 2009

腕時計

 私の周囲の人って、腕時計にお金をかけている人が多いのですよ。特に会社関係が多く、先輩、同期、後輩、上司、みんなロレックスだのブルガリだのカルティエだの…すいませんよく知りません。50万円とか、100万円近くの値段の腕時計をはめているんですよ。いやもう、車買うのかと。家の頭金かと。
 同期のヤツ曰く、「こういうイイ時計を持ち、何十年も使ったほうがいいよ。価値は下がらないので財産になるし、将来子供にあげたっていい」とのこと。
 子供にあげるってお前、まず結婚しろよ(そいつは遊んでばかり)、と言う言葉を飲み込みながら、既視感にとらわれたのです。昔先輩にも言われた。本当にそんな人が周囲に多い。
 で、私はと言えば、ネットで買った2万円弱の腕時計を子供にイタズラで無くされたっきり、ホッタラカシです。その頃電池切れにさしかかっていたので、まぁいいや、と。

 しかも最近の私のお金の流れは、漫画、カメラ、釣り、呑み、とまぁこんな感じで終了です(ももももちろん小遣いの範囲ですよ)。50万のお金があったら、うーん、腕時計買うかなぁ~?レンズ買ったり、深場用の竿と電動リール買ったりするんじゃないのかな~。え?貯金しろ?ほらまぁ、架空の話ですから。

 それにすばやく動けるようになったり、力が強くなったりする訳じゃないしね。ほらまぁ、架空の話ですから。そうそう発売延びましたね。何の話なんだか。

 私の腕時計の条件は、釣りにしていける時計。従って防水&錆びない時計が条件。大した条件じゃない。安物で十分なんです。

 で、安物を何度買うのだろうか、という話でもあるのですがね…。

| | Comments (4) | TrackBack (2)