ペット

August 09, 2013

海水魚水槽の調子が悪い

 海水魚水槽があるのだが、調子が悪い。
 60×45cm×45cmの水槽を昨年立ち上げ、海水魚、サンゴを飼っていた。
 スペースの関係でオーバーフロー水槽ではなく、大きめの外部フィルターを使用している。

 魚はブラックオセラリス(ニモの黒いやつ、と思っていただければ)2、ナンヨウハギ1、が主たる魚。あとは入れ代わり立ち代わり…(要は長く残れなかった)という感じだった。あとはソフトコーラルとハタゴイソギンチャク。
 まぁサンゴだけに若干調子の良い悪いはあったものの、立ち上げ直後から大きなトラブルもなく1年が経過していた。
 サンゴは種類によってはダメになるものもあったが、大きく勢力を広げるものもあり、イソギンチャクも大きく成長していた。

 ところが。
 7月のある日、異変に気づいた。
 入れている5~5匹のシッタカ(苔捕り貝。人間も食べるのでスーパーで購入)が一斉に落ちたのだ。サンゴも調子が悪そうだ。これはおかしいとクーラーを見ると、水温が上がっている。30度にはなっていたろうか。恐らくホコリによる目詰まりであろうと想像され、エアダスターでホコリを吹き飛ばすと、目に見えて水温が下がり始めた。

 しかし、一安心かと思いきやそれは始まりでしかなかったのだった。

 死んだ貝を取り除き、水換え。サンゴのポリプが漸く開いたと思ったら、翌日には閉じている。やがてシャコ貝やサンゴの一部が次々にダメになり、追加したシッタカも入れた傍から死んでいく。ハタゴイソギンチャクは縮こまったままで、開く気配はない。そしてガラス面やライブロックに苔が目立つようになってきた。

 水換えを繰り返すが改善されない。
 フィルターの濾材かとこれも交換(バクテリア層は残す)するが改善されない。
 普段は自分でRO水を作成し、人工海水を作成しているが、このフィルタがダメになってRO水の質が悪くなったかと思い、TDSメーターで確認してみるが、数値は003と悪くない。

 Webで調べる。
 ひょっとすると硫化水素が原因かもしれない。砂は細かいものを10cm近く入れている。意を決して砂を取り除くことにした。事実上のリセット。
 当初は砂を入れ換えようと思っていたが、ライブロックは入れても、砂はなくす事に決定。
 水槽から全てを一度取り去り、石を組み直す。新しいライブロックも一部入れた。
 しかし、ブラックオセラリスだけが元気でナンヨウハギまで調子を落した(これは作業のせいだろうと思われた)。

 地元のショップに相談すると、天然海水を入れてはどうか、と言われた。
 買うと高いのでどうしようかと思ったが、翌日マグロ出船で沖合に出る事を思い出し、船にタンク(計80L分)を持ち込み、取水。
 これを持ち帰り水換えをすると、ナンヨウハギとハタゴイソギンチャクはみるみる回復…したかのように見えた。
 しかし、翌日。ナンヨウハギは復活したが、ハタゴイソギンチャクは再び縮こまっている。シッタカも底に転がり、改善したかのようには見受けられない。

 困った。理由がわからない。
 完全に全てを取り替えると、水作りからやり直さなければならない。

 残した一部のライブロックが悪いのか。
 嫌気層を作らない判断(底砂を入れない)のが悪いのか。
 濾材を全面変更しないのが悪いのか。

 暫くは根気よく、水換えの回数を多めにしようと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2010

金魚飼ってます

 あまり書いていなかったが、昨年夏~秋くらいから、金魚を飼い始めた。
 最初は子供の金魚すくいから始まったが、今は紆余曲折あり、現在は以下の構成になっている。

 ①らんちゅう   大  1匹
 ②らんちゅう   極小 5匹
 ③東錦      大  1匹
 ④桜錦      大  1匹
 ⑤江戸錦     小  1匹
 ⑥丹頂      中  1匹
 ⑦ピンポンパール 中  1匹
 ⑧コメット    中  1匹
 ⑨ナマズ     小  1匹

 上記が90cm水槽に入っている。
 厳密には、桜錦は週末に来たばかりなので、現在別水槽(30cm)で薬浴中である。GWに入ったら90cm水槽に合流予定。らんちゅうの極小もこの週末同時に来たのだが、これは90cm水槽に子用の仕切り箱を設け(まだ体長が1cmほどしかない)、薬浴をせずそちらに入れてしまった。

 上記混泳に眉をひそめる人がいるかもしれない。ちょっと数が多いかも。そして特にナマズ。
 ナマズは縄張りがあるようで、たまに主張している。だが今のところはそれも徹底されず、事なきを得ている。だが、大きくなってきたらどうしよう…と思っている。金魚食べられちゃうよね(当然そこまでには対応するくさ)。

 もともと、これらの金魚は60cm水槽に入っていたのだが、先日90cmに拡張された。大きな金魚達に手狭感を感じたからだ(増やさなきゃいいじゃないか、という話ではあるのだが)。

 ちなみに①~④までは全て頂き物である。釣りマニアK部長は、金魚マニアでもあった。昨年末、「あげるよ」と60cm水槽つきでウチに来た。そのとき一緒に来たらんちゅう特大×1は4月アタマに死んでしまった。病気だったかもしれないし、寿命だったのかもしれない。

 死んでしまった金魚もそれなりに多い。
 当初、キッカケになった金魚すくいで我が家に来た金魚はもう居ない。
 ①和金    小  1匹
 ②出目金   小  1匹
 ③流金?   小  1匹
 ④高頭パール 小  1匹
 ⑤らんちゅう 特大 1匹

 ①は結構大きくなってきたのだが、先日病気により天国へ。
 ②、③は短命だった。
 ④は買ってきてすぐに弱り、死んでしまった。

 その他死んでしまった魚
 ①どじょう     中  3匹
 ②ヤマメ      小  2匹

 どじょうはもらいものだった。水槽からいつのまにか飛び出してひからびたケースが2件。
 ヤマメは他魚が白点病になった際、治療のため水温の上昇を図った際に死んでしまった。どうしようか悩みながら水温を上げたが、やむを得なかった。混泳にはやはり無理があった…。

 今、60cm水槽は未使用だが、熱帯魚を始めようと考えている。本当は海水魚を始めたかったのだが、手間暇、費用、設置場所などの諸条件により保留。海が近いので海水を得るのは楽なんだが…と思ってみたりしたのだが。
 現在、アクアリウム・レイアウトを考え中。とりあえず流木のアク抜きを開始している。買う魚はそれほど高くなく、混泳可能なものを選ぶ予定。1匹1種ではどうせ物足りなくなるに違いないので。

 GW前半に水草を植え、後半に魚を少し入れる予定。

| | Comments (4) | TrackBack (0)