音楽

September 26, 2013

広島の駅弁のお茶はカブトムシの味がする

 ひーろしまでえーきべんをくったときーのおーちゃは
 かーぶとむしのあーじーがしーたんだーよーおーね
 おーまえかぶとむしーをーくったことーがあるーのか
 といーわれたーけーれどーかぶとむしのーあじがしたー
 だーれがーなんとーいおうとかぶとむしーのあじがした
 ひーろしまのえきべんのおちゃはかぶとむしのあじがした
 せーんせーにーかぶとむしーのあじがーするーってゆーったら
 おーまーえばーかーかーとーいーわれたーうえに
 おーまえかぶとむしーをくったことーがーあるーのか
 といーわれたけーれーどーかぶとむしーのあじがしたー
 みーんなーでーたーべーよーうひーろーしーまーのーえきべん
 ひーろしまのーえきべんのおちゃはかぶとむしのーあじがするー

 …職場の飲み会で、相手が福岡出身の同世代と分かった。PAO-Nて知ってる?と聞いたら何とこれを歌いだした。次の瞬間、二人で合唱。周囲の目が完全に奇異な目になったが、この曲をこんなところ(東京の居酒屋で)分かち合えた方が遥かに私にとって価値があった。いやー、PAO-Nって偉大だなぁ。

 PAO-Nぼくらラジオ異星人
 わけありベストテン
 大原すえへい 作
 「広島で買った駅弁についてきたお茶はカブトムシの味がしたっちぇの歌」

http://homepage1.nifty.com/taru2/99_blank001.htm 

 もう30年近く前のラジオで流れた曲。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2009

『島本須美 sings ジブリ』

 こ、これは買いですよ。

 世の中には、以下の様な評を書く人がいるようですが…

 ナウシカが歌う、「となりのトトロ」から「ポニョ」まで

****
ご存知島本須美は、『風の谷のナウシカ』で主人公ナウシカの声を演じ、『ルパン三世 カリオストロの城』ではクラリス役、他にも『となりのトトロ』『もののけ姫』などで声優を務めた、宮崎駿氏の映画にゆかりが深く、現在も第一線で活躍している声優だ。
『島本須美 sings ジブリ』は、そのタイトル通り、そんな島本須美が人気のジブリソングを歌う企画アルバムだ。というよりも、要するに、イメージはナウシカが歌っているようなものなのだ。ジブリメロディーを大事に守りながら柔らかくオリジナリティ溢れるアレンジが施され、アルバムを通して統一感のある世界観作り上げられた好盤となっている。
現ジブリファンが色めきたって購入するというよりも、この優しい声で歌い継がれることによって、次代の子供たちに、ジブリの世界を伝承していく、そんな役割を担った作品に聴こえてくるが、皆さんはどのように解釈されるだろうか。
****

 違うだろう。

 これは音無響子さんがカラオケを歌っているんだろうがッ!!

 これを聴いて涙しない管理人さんファンはいない。

 この人に歌わせちゃいけない、という人もどこぞに居たが、その言はわからんでもない(オンチ)。しかし、そういうところが、如何にも響子さんが歌ってるっぽい。
 しかも、編曲が元の曲と違うので、それがまた如何にもカラオケっぽい。

 ジブリファンが買うCDではなく、めぞん一刻ファンが買うべきCDです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 03, 2008

TRAIN TRAIN

 この週末は久々に二日間の連休である。
 しかし金曜日は予想通りタクシー帰り。帰宅時間は土曜日未明、2時頃であった。連日の疲れもあって、日中はほとんど寝ていた。自分は週末に突入したが、逆にカミさんは仕事だった上、子供たちも保育園に出かけており、一人の時間、もったいなくもひたすら眠っていたのである。
 お陰で夜中、今未明の3時を越えたが目が冴えて眠れない。明日は日中眠くなり、日曜の夜も目が冴えるかもしれない。月曜日に影響する懸念を持つ。仕事の事も気にかかる。会社のメールなんかを読むと、やはり、色々飛び交っている。自分の宿題の話も、そこには出ている。イライラする。

 DVDを見る。アンジェラ・アキ。2006年、武道館。
 アンコールで、TRAIN-TRAINを歌っている。

 栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう
 はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう…

 高校時代の歌である。当事はあまり、興味を持たなかった。THE BLUE HEARTSの、あのパフォーマンスも、あまり好きではなかった。
 その後、カラオケなんかで友人達が歌うのを聞いて、なんとなくいい曲だな、とは思ってはいたものの、そこまでホレ込むこともなかった。
 しかし、今夜はやけに違っていた。

 アンジェラ・アキが歌うその歌を聞いていると、高校の頃を思い出したり、友人のカラオケの姿を思い出したりした。
 今の状況も頭に浮かぶ。苦しい仕事の状況。その自分を振り返る。

 弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく

 叩き、叩かれる日常である。思い出しては消える。ストレスがむき出しになる。それが洗われて行き、再び浮かび上がる。ぐるぐる回る。

 その音が響きわたれば ブルースは加速していく

 なんといい響きだろうか。今更ながらに思った。
 気が付けば、涙がぽろぽろこぼれている。泣きながら夜中、アンジェラ・アキの声にあわせて口ずさんだ。

 Wikipediaで調べてみると、TRAIN-TRAINの発売は1988年の11月23日。なんと私の、18歳の誕生日であった。この曲の良さに気が付くのに、20年近くかかった。遅いにも程がある。

 TRAIN TRAIN 走って行け TRAIN TRAIN どこまでも…

| | Comments (1) | TrackBack (0)