学問・資格

February 06, 2009

防火管理者

 マンションの防火管理者として選任されていたが、ずっと資格受講を受けられずにいたが、先日受講してきた。
 まぁ、たまにはそういうのもいいか、と思っていたけど結構めんどくさ大変そうね。

 受講申し込みは実は2回目で、1回目は定員オーバーで申し込み出来ず、2回目で申し込みがかなった。この、申し込み状況が凄まじかった。
 申し込み期間は3~4日あるのに、初日でほぼ満員になってしまうのだ。HPにその数が更新されていくのだが、人気サイトのカウンタの様であった。申し込みが出来た2回目なんて、初日の昼過ぎでほぼ8~9割は埋まってしまった感じであった。1回目の反省があったので、初日午前中に申し込んでおいてよかった。

 あのサイト、どの程度のインフラ環境なのか知らんけど、結構な負荷かかってるなー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 01, 2006

<履修不足>救済策 1日中に決着 自公が合意

 べつにいいんだけどさ。

****
 自民、公明両党は1日午前、幹事長、政調会長、国対委員長会談を開き、高校の履修単位不足問題を巡り履修不足の生徒に課す補習授業の救済措置について、同日中の決着を目指すことで合意した。両党は「生徒の負担を少なくする」ことで一致したが、文部科学省が補習上限を70コマとする方針なのに対し、公明党を中心に与党側が50コマへの軽減を求めている。
 伊吹文明文科相は同日午前の衆院教育基本法特別委員会で、履修不足の実態調査の結果を公表した。国公私立高全体(うち私立2高は未回答)5408校のうち履修不足があったのは540校(9.9%)で、生徒数は116万1925人中、8万3743人(7.2%)だった。
 伊吹文科相は2日付けで救済措置を都道府県知事らに通知する考えを示した。
****

 なんやかや言いながらも落ち着きそうですね。まぁ、それはそれでいいんじゃないでしょうか、とは思うけど…。

 さて、あくまで実質的でない、タテマエ論である事を前提に書くわけだけど、今回問題を起こすことになった要因は、高校に通う事で得られる卒業(大学受験)資格が大事であり、学習指導要領に基づく授業には意味が無い、と学校側が勝手に判断している事ですよね。
 未履修問題は、まず、学習指導要領に従わなかった学校そのものに、学校経営の資格があるのか、という議論があっていいんじゃないかと思うのですが如何でしょうか。
 学校側の責任者に対して、然るべき処罰ってのは法的に何もないのかなぁ?なんだか救済措置の話ばかりが続くけど、このあたり素朴な疑問です。

 更にタテマエ論で書くわけですが、そもそも高校生は学習指導要領に沿った授業を受ける権利を有しているはずで、その権利を剥奪された事を怒るべきじゃないのか。従って救済措置、などという行為はその権利の剥奪を推進するものではないのか。まぁ時間数の軽減は内容の濃さが伴えば、とは思うけど、本当に意味のある授業になるかどうか、という議論はされているのだろうか。

 更に更にタテマエ論で書くわけですが、国が、未履修科目の授業時間短縮という救済措置を授業内容の方針などを考えずに実施するのであれば、それは「高校は卒業することが優先であり、学習指導要領に基づく授業に意味が無い」と国が認める事に、なりはしないか。

 そんなことを書くのは私だけですかね(^_^;)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 28, 2006

未履修生徒の救済策検討 首相が文科相に指示

 救済ね~。

****
 政府は二十八日、全国の高校で必修科目の未履修が相次いで発覚した問題で、単位不足が懸念される生徒に対する救済策の検討に入った。安倍晋三首相が二十七日、伊吹文明文部科学相を首相官邸に呼び、指示した。文科省は教育委員会向けに示す対応策の内容を検討するため、各地の実態把握を急いでいる。
 伊吹文科相は救済に否定的な考えを示していたが、全国の都道府県教育委員会の二十七日時点の集計で、未履修の高校が四十一都道府県の約四百校に上り、単位不足の恐れのある生徒が七万人以上となる見込みであることが判明。事態の深刻化を受け政府は方針転換を迫られた。
 文科省初等中等教育局は「(世界史などの履修に必要な)七十時間の授業は、大学入試シーズンが一段落した後、三月末までに行う補習で十分対応可能」としている。
 ただ、中には盛岡市の私立校のように一部の高校三年生が四科目、三百五十時間分の補習をしなければならないような“想定外”のケースもあり、未履修の生徒全員が来春の卒業までに指導要領通りの時間数をこなすのは困難。政府はこうしたケースに対し、どのような救済が可能か検討する。
 安倍首相は二十七日、官邸で記者団に「子どもたちに原因があるわけではなくて、学校側に原因があり、教育委員会もチェック機能を果たし得なかったことに問題がある」と指摘。その上で「子どもたちの将来に問題が発生しないよう対応すべきだと考えているし、そのように指示している」と強調した。
 与党内では「(生徒は)かわいそうだ。もう一度授業を受けさせるようなことは必要ない。世界史の本でも読み、論文を出してもらうなど、寛大な措置を取るべきだ」(森喜朗元首相)などの声が上がっている。
****

 かわいそうとは何事だ。

 難しい問題だとは思うのですが。

 私は、救済は基本的にはやはり反対です。救済するにしても、よほど厳しい条件にして欲しい。やはり、ちゃんと履修している生徒が有利であるべきだ、と思う。
 今回の未履修の生徒達。自分達は、当事者である事、加害者である事を認識すべきだと思う。履修すべきを履修しないで、受験に有利にあたろうとした訳だから。

 当然、学校側が勝手にやった事で、生徒には反論の余地があったかどうか難しかったのではないか、ということもあろう。学校側が進学率を上げて、学校経営という商売を有利に運ぶために、生徒のためを思わず、生徒を食い物にした可能性だってあるだろう。

 しかしその生徒達は、履修問題が問題化されなければそれはそれで、受験に有利なほうが良かった、と思ってはいないか。少なくとも、今回問題になっていない生徒から見れば、「ずるい」と思われて仕方が無いのではないか。

 それが基本にあるべきだと思う。そして、その上で救済を全く考えてはならないとは言わない。だが、この2、3学期(下期)は、履修すべき授業を、受験勉強を差し置いて受ければいいと思う。その結果、受験に不利になるのかもしれない。しかし今まで、逆の立場だったのではないのか。それ以外何が公平か、と思う。

 まぁ当事者に言わせれば、そんなに簡単な話ではないだろうけれども。

 それはそうと。
 この話、今年だけの話ではあるまい。
 去年、一昨年。一体何年前まで遡ってこの未履修の学生がいたのだろうか。
 それを突っ込む話は、聞こえてこない。マスコミは一体何をやっているのか。「想定外」とは言わせないぞ。

 問題を直視したくない気持ちが、これほど各界とも一致した事は無いのではあるまいか。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

February 11, 2006

お受験

 受験生が乗り込む電車を間違え、通過するハズだった駅に降りたいがために、JRが特別に電車を止め、受験生を降ろした。という話題があった。
 その是非は置く。私が当事者であり、受験生側だったら「嬉しい、助かった、ありがとう」と思うだろうし、列車の乗客だったら「そんなん間違う受験生なんて、まず社会の勉強からしてから受験しろよ」と思うことだろう。人間なんて勝手なものです(^_^;)。

 この受験生は、この時、親御さんと一緒に居たらしい。まぁ一緒についていった親があまり役にたってなさそう、なんて思うのですが、そもそも親と一緒の受験ってどうよ

 大学受験する学生が、親と一緒でなければ長距離移動出来ない、と考えるに、受験より先に教える事があるだろうと思うのですよ。いや、純粋に長距離移動出来ない、ということだけでもないのだろうが。
 初めての地が不慣れ、ということもあろう。受験という独特の緊張と不安感もあろう。当然、家族としては心配なもの。試験以外の不安要素はとにかく取り除いてやろう、と思うのかもしれない。子が嫌がっても、親がついて行くと言ったのかもしれない。
 受験生当事者は「心強い」と思うのだろうか。それならば、その受験生は旅行など遊びに行く際も家族と一緒でなければ移動出来ないのだろうか。

 家族愛が強いのと甘えさせるのは違う。受験の成否以前に、何かに失敗していると思うのですがネ。ま、受験の成否とは関係が無いのでしょうが。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 04, 2005

FAX送信のひみつ

 「いまどきの若いやつぁ~よ~」
 さんざっぱら言われてきた言葉だが、先日本当に自分の口から出そうになった。

 職場の後輩が調子の悪くなったFAXのテストをしようとして、自分自身にFAXを送ろうとしたのだ。
 「おかしいなぁ、何でFAXできないんだろう…?」

 そんなもんできるかぁっ。(どんがらがっしゃーん)

 もちろんFAXのコピー機能を利用したのではなく、W-NETなんぞ高級な機能もない。単純に、自分自身のFAX番号にダイヤルしようとした訳。自分自身に電話かけられるもんならかけてみろっての。着信アリだと嫌だけど。

 聞けば、「FAX回線」ってのは(なんだか知らないが)特殊な回線だと思ってた、とのこと。FAXが公衆回線を利用している事を意識していないのだ。
 彼は今年24歳。驚くべき事に、彼と同世代の人間幾人かをつかまえ聞いてみるとかなりの人数がそう思っていた。
 彼らはFAXを触れる前に電子メールに触れていた。しかし仕事上FAXを使う事はあってもその仕組みまで考えた事も無い…ということだ。
 そうなると当然、モデムとは何ぞや、という事も理解していない。「『モデム』という名前は聞いたことがあります」とのこと。まぁそんなもんかもしれない。FAXは消え行く運命にあるらしい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 09, 2005

問題

 三角形ABCはAを頂点とした二等辺三角形です。
 角Aは20°です。
 点Dは辺AB上に存在します。角DCBは60°となります。
 点Eは辺AC上に存在します。角EBCは50°となります。
 角EDCの角度を求めなさい。

 頼む。誰か説いてくれ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)