経済・政治・国際

June 05, 2011

まぬけ時空

鳩=子供の様にだまされてまぬけ

オザワ=求心力の低下の露呈でまぬけ

自民=踊らされてまぬけ

菅=まぬけ時空発生装置

…ネタは熱いうちにUPしないとなぁ…(今週は忙しかった)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 25, 2010

弱腰は政府だけの責任ではないにせよ

 まぁ、もう、さまざまな人が、さまざまな表現で、さまざまに批判している事ではあるのだろうが。

 法が外圧に屈せず、というのは理想論かもしれないが、それにしてもこの上なくひどい、誤った措置ではなかったか。(起訴されてないので、法の元の判断でもなく、検察の単なるミス、とでも言うのかもしれん)
 海上において、船をぶつけても良いとした、と言われてどう反論するのか。
 今後、現場海域の海保の対応も苦慮することだろう。それどころか、現場海域ですらない、明らかな日本の領海内だって問題が発生するかもしれないし、その対応にすら、禍根を残す出来事になりかねない。

 検察の勝手という政府の態度も、そりゃそれを言うしかないかもしれないが、誰が信じると言うのか。もしそうだと言い張るのなら、検察のありえない越権行為をどう処分するつもりのか(そんなことしないだろうけど)。対外的な弱腰どころか、内部的にも責任逃れの内閣と言われて反論できるのか。

 今後補償だ謝罪だと求めてくる中国に対して、どこまで譲歩するつもりなのか。
 都知事はやくざのやり方と言ったが、本当にそう思う。
 ミンボーの女だったっけか。
 「やくざは、『あそこは脅せばカネを出す』と思えばどんどんタカリに来る」みたいな話があった。今後、中国にどんどんタカられるに違いない。中国だけで済めばよいが、それもどうかな。

 津田三蔵(大津事件)、まで思い起こすのはちょっと古すぎる話かもしれんが。
 法治国家を貫いた過去の偉人達は、この事態を墓の中からどう見ているのだろうか。なんとも、情けない、悲しい子孫に怒り、涙しているに違いない。

 菅直人。
 この人が指示した、指示していないにかかわらず、責任をとって、腹でも切ってほしい。

 しかし、改めて思えば。
 色々報道もされるが、論調は結局国内批判を表に出しつつも、「しゃーない」と遠慮した報道になってはいないか。
 国民一人一人も、「このやろう!」と怒りつつも、直接的には自分の生活に影響のない方が楽で、何より嫌なものを見ないで済む。

 国交断絶になっても、中国は困らず、日本は本当に困ってしまうということだ。アメリカだって、日本より、中国関係のほうが大事だろう。今更気付く事ではないが、それを喧伝する出来事になった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 30, 2009

大分ホーバーフェリー営業休止

 明日、10月31日(土)をもって、大分のホーバーフェリーの営業が休止となるそうです。

****
 ホーバーフェリー営業休止の件

日頃はホーバーフェリーご利用有難うございます。
平成21年9月30日、民事再生申立手続きを行い受理されました。
これに伴いホーバーフェリーの運航は10月31日までとし、11月1日より、休止となります。
誠に勝手ながら、本件につきましては何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
長年にわたりご利用いただきましたことに御礼申し上げます。
****

 「休止」という言葉に関係者の気持ちを感じるのですが、「長年にわたりご利用いただきましたことに御礼申し上げます。」と最後に締めくくられており、この先の再開は望めそうにありません。

 1000円高速などで、フェリー業界は非常に厳しい状況との事。残念でなりません。

 GWに行ったとき、写真を撮るだけじゃなく乗っておけばよかった(結局一度も乗ったことがない)。

 明日はカメラの砲列なんだろうな。
 行きたいけど行ける訳もなく…(明日はオニカサゴ釣りに行こうかと)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 05, 2009

「小沢ありき」強行突破

 なんだかなー。

****
 民主党の小沢一郎代表は4日、準大手ゼネコン西松建設から違法献金を受け取ったとして、公設秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことを受け党本部で記者会見し「適法に処理した」「おわびする理由がない」などとして、引き続き代表にとどまる考えを表明した。

 小沢氏は、自身の進退について「何らやましいことはなく、それによってどうこうとは考えていない」と述べた。また東京地検特捜部の強制捜査に対しては「衆院選が取りざたされているこの時点で異例の捜査が行われたことは、政治的にも法律的にも不公正な国家権力の行使だ」と検察側を激しく批判した。
****

 今回の民主党の対応かっこ悪いなぁ。
 これが自民党で起こったら(捜査はそちらにも派生してるようですが)、鬼の首根っこ捕まえて離さない攻撃を加えただろうに。
 自分のトコで起こった事は批判しないなんて、子供でもバツが悪い行動だろうに。党として利益があるから相手を攻撃しているのであって、事実確認のために相手を攻撃してるんじゃないんだと、自ら証明したようなもの。
 そりゃアタリマエの事をわざわざ指摘する方が子供っぽいかもしれないけど、今回はあまりにもわざとらしすぎやしないか。民主党って、この先他党でこんな事があっても、今後何か言う権利があるとは思えない。

 そりゃ事実かどうかは現時点で断定出来ないけど、事実かどうか判定できない事でも自民党に対してはゴウゴウと攻撃する態度とは正反対なのが情けない。小沢代表の更迭が正しいんじゃないのか。小沢代表が無実なら復帰させればいい。復帰できないのならそれでもいいじゃないか。どうせいつぞや、子供のように「俺代表やめる!」「代表やめるのやめる!」とかぬかした人物だぞ?

 如何に民主党が小沢代表ベッタリかという事だし、この人にここまですがる党が、果たして第一党になったとき、本当に大丈夫なんだろうかと、そちらの方が心配ですよ。
 晴れて与党になったとして、最近の自民党みたいに首相交代劇なんてあった日にゃ、オロオロするばかりになりゃしないか(まぁ今の自民党も似たような感じだけど)。今回の対応は、それほど人材が居ないと自ら言ってやしないか。なんで今の政治家(屋)はそうなんだろうね。二世議員なんて制度上出来なくすりゃいいのに(いやまぁ、それはそれでアレだけど)。

 別に自民党のカタを持ちたい訳じゃないが、今回の小沢事件に対する民主党の対応にはガッカリだよっ!(最近見ないなぁ)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 13, 2009

航空便を送ってみた

 アメリカで考古学者を目指している友人に荷物を送った。
 内容は、いろんな漫画の単行本の、1巻だけを集めて送る、というもの。

 何を送ったかイチイチ覚えていないけど、40種くらい、送った。1巻だけ集めて。

 自宅の本棚から選択したものもあるけど、ほとんどはブックオフに行ってかき集めた。結構、どれも面白い漫画ばかり選択したつもり。2巻以降が読みたくなって仕方が無くなるに違いない。アメリカで入手し易いのか、し難いのかわからないけど、日本のようにはいくまいて。ケケケケケケケケケケ…。

 このイタズラ、本の購入代はブックオフ利用のため5千円程度なのだが、送料が1万7千円以上した。びっくりした。結構お金、かかるのね。

 週末の郵便局に行って、休日窓口(1つしかない)で送ろうとしたのですが、結構窓口が混んでましてね。大行列だったのですよ。
 船便は1ヶ月以上かかると言われ、まぁ、じゃあ、航空便でいいですと告げたのです。暫く経って係りの人が奥から伝票を持ってきて、びっくりな値段が告げられた訳ですよ。
 後ろの行列が気になって、今更「船便でいいです」とは言えず、そのままお金を財布から出し…何やってんだかなー。
 単なるイタズラ心だったのですが…そうか…航空便って高いのね。船便だと、もう1万円は安く済んだらしい。
 2万円以上で出来る、もっと有意義なお金の使い方って何かあったんじゃなかろうかと、その後で思ったり。この不況の最中に、ねぇ…。

 でもまぁ、彼が「チクショー!2巻読みてー!」とイライラしてくれれば、報われるというものです。ケケケケケケケケケケ…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 18, 2008

ねんきん特別便 対応

 さて、舛添君の不幸の手紙(うまいことを言う>KOH(この人も来てた))の件。
 抜けていたのは就職前(学生時代)の国民健康保険だった。大丈夫かな?とは思っていたのだが、案の定NGであったようだ。もっとも1030万件の「怪しい」中には特定されていたようなので、まだマシという事か。KOHちゃんも同じだったようなので、この事例は意外と多いかも。今回は年寄りの話かと思いきや、若い人もしっかりチェックしないと危ないぞ、こりゃ。
 社会保険事務所に乗り込んでる人が列を成しているところをテレビで見ていたので、メンドクサくも行かねばならんかと思いきや、よくよく文面を見るとその必要は無いらしい。書類に必要な記載をして返信用封筒を投函、で済む。
 国民年金手帳は会社に預けているので総務に電話して番号を教えてもらい、記述。念のためコピーを取ってから投函してきた。そのうち返信があるそうな。

 ホント頼むぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2007

世界遺産の価値

 富士山を世界遺産にしよう!という動きがあるそうな。
 別に止めやしないけど、何が何でも世界遺産という感じで、どうもこう、世界遺産の安売りという気がしないでもない。
 また、国粋的な気持ちが見え隠れするような気もしたり、自国の観光資源を最大限に利用しよう、という感じがしないでもない。

 富士山は、ま、確かに美しくて日本人の宝物なんだろう。
 しかし、世界遺産とは、世界人類共通の宝物、というイメージがあるのだが、富士山は果たしてそうなんだろうか。
 日本人の宝、という感じはするのだが、地球の裏側の、例えばブラジル人の宝、とは思えない。どうもこう、日本の遺産は世界遺産!(世界遺産に申請するという事はそういう事ではないのか)というのは押し付けがましい、驕った考えのような気がするのですが。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

December 07, 2006

ニフティの初値は20.6万円、公開価格を4000円下回る

 期待薄?

****
 東証2部に7日、新規上場したニフティ<3828.T>は、公開価格21万円を4000円下回る20万6000円で初値を付けた。
 同社は富士通<6702.T>系のインターネットサービスのプロバイダー。知名度は高いものの、公開価格(21万円)が仮条件(20万―22万円)の上限で決まらず、東証2部上場でのスタートとなったことから人気が集まらなかったとみられている。
****

 別にNiftyの株価にそんなに興味がある訳じゃないのだが。
 株式公開当日にココログのサービスを停止して53時間(2006年12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の約53時間)ものメンテを行うって…別にいけないことじゃないかもしれないけど、そういうことはやらない方が良かったんじゃなかろうかと思ったり。

 そういうことするとさ、なんかこう、意気込みを感じないんだけど。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 10, 2006

北朝鮮の核実験の先には…

 北朝鮮の核実験。
 日米はもちろん、中韓露も否定的なコメントを発表した事は、一応評価できるとは思う。この先、どこまで各国の歩調が揃うのかまだわからないが、この際、実行性の無い経済制裁は、確実に実行性のあるものに転換される事を期待したい。

 今回の核実験は、アメリカに言わせれば「挑発的行為」だそうだ。
 この言葉は、「挑発」に乗らず、カネのかかる武力行動を起こさない、という内外に対する意思表示であり、けん制であり、やる気の無さの象徴であるようにも思う。かたや大量破壊兵器を保持していない、と言った相手に戦争を仕掛け、かたや保持しているぞ、と言った相手に戦争を仕掛けないのだから。

 この核実験は本当に「挑発」なんだろうか。そうであって欲しいという願望にも似た、見て見ぬふりをする行動が、ここまで事態を悪化させたのではないか。
 ミサイル発射実験を行い、核実験を行った。ここまできた。それでも各国は「六ヶ国協議のテーブルに着け」としか言わない。六ヶ国協議に、果たして何の意味があるのか、疑問になってきた。
 北朝鮮は、今更だが六ヶ国協議のテーブルに着く気がないのではないか。あるのなら核実験など行わない。テーブルに着くにしても、その交渉上、自国の武力を誇示する事に意味があると本気で思っているのなら、今度は日本海で核爆発でも起こさせるのではないか、と思う。或いは日本を跳び越して太平洋で。それが空中か水中かはわからないけれども。
 どこまでも挑発を行うのなら、それはキリが無く、やがてそれは挑発ではなくなる。その時、何が起こるか。

 そんな事態になる前に打つ手が、本当はあるはずだ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 09, 2006

空からブタが降ってくる

 いえね、よく知らないのですが。
 仮に、テポドンとかいう飛翔体なるものが空から降ってきて、器物を損壊させた場合、これの補償は誰が行う事になるのでしょうか?

 1.将軍野郎
 2.日本国政府
 3.米国政府
 4.自腹

 もっと言うと、仮に、器物どころか人間に被害をもたらしめた場合。もっと簡単に言うと死んでしまった場合、誰がどう責任を取るのでしょうか?

 1.将軍野郎
 2.日本国政府
 3.米国政府
 4.死んだモン負け

 要するに、加害者が悪いのは言うべきにもありませんが、迎撃する事に対し、日本国政府は国民に対してどこまで責任を負っているのだろうか?という疑問がふと頭の中に出てきたのです。

 国民の生命と財産を守るべくして存在する自衛隊は、もし万が一、日本本土に落下してきたミサイルを迎撃し損ねた場合、そして損害が発生した場合、どこまで責任があるのだろうか。ひょっとしたら、責任は無いというハナシなんじゃなかろうか、と思えてしまったのです。
 はたまた、米国はどうだろう。
 日米安全保障条約、とは言うけれど、日米安全補償条約、とは言わないもんなぁ(笑)。これは期待するほうがどうかしている。

 あとは、保険。火災保険は適用されるんだろうか?直撃は火事じゃないって?じゃあ近所に落ちてきて、火災が発生して、延焼してきた場合はどうなんだろうか?

 どれもこれも、しゃーない、運がなかったね、という事になりそうな気が…。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧