うどん

August 11, 2014

花山うどん

Img_20140619_120230_r

 館林の花山うどん。
 美味しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2014

資さんうどん

Sdsc_0118_4
 
資さんうどんの肉うどん

 実家に帰省すると必ずここに行って肉うどんを食べます。
 基山の肉うどんも最高に美味いけど、ここの肉うどんも大好き。なんで関東にはこんなに美味しい肉うどんを出す店が無いのだろうか。そんなに大変な話じゃなかろうに。

Sdsc_0506_2
基山SAの肉うどん

 資さんうどんに限らず、福岡のうどん屋は肉うどんが本当に美味しいところが多い。子供の頃はあちこち家族でうどん屋探索に出かけたものだが、最近はそういう機会がめっきり減ってしまいました。

 資さんうどんは安定した品質を維持しているものの、他のうどん屋は時と共に品質が替わり、美味しくなくなってしまった店もあったり。まぁ工場生産と個人商店ではまた別でしょうが。

 ちなみに今回、8日間の帰省滞在中、資さんうどんに4回、基山SAに1回と、5回も肉うどんを食べる始末。1回だけ実家の近所のラーメンを食べたけど、味が薄くて美味しくなかった。70歳になる両親は薄味が進み、ラーメンの味覚は自分と違ってしまったなぁ。

 ラーメンと言えば、昔はラーメンの唐そばもそんな感じで確実に行ってたものです。実家に帰る前に、黒崎駅に降りたらまず唐そばだった。しかし今の渋谷店では当時の味が出せるはずも無く(昔の地元店でも、ハゲオヤジが居ないと美味しくない日があったくらいで…)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 02, 2009

松山出張(移動日) しょのロクー(続いたなぁ…こ、これで終わりよ)

9/22(火)

 移動日であるが、14:30松山発である。
 時間に余裕があるため、朝からウロつく。

5:50
 ホテルを出て、道後温泉へ向かう。

6:00頃
 道後温泉到着。S_dsc_0182
 なんですかこの大行列は。S_dsc_0188
 どうも、休憩室を使う人々の行列らしい。つかるだけなら、並ばないと言う。すぐ湯船につかる。
 まぁ、要するに銭湯ですな。

 裏門の飾りが見事だった。S_dsc_0194

7:30頃
 再びホテルに戻り、朝食。

8:30頃
 松山城へ向かうリフトへ乗る。S_dsc_0311

9:00
 松山城、開門の儀式。
 その後松山城を巡る。S_dsc_0389
 城壁にイタチを発見。S_dsc_0426

 ハッキリ見るのは初めての様な気がする。S_dsc_0430_2

10:30
 秋山兄弟生誕の地へ行く。
 おお、連合艦隊解散の辞があるじゃないか。S_dsc_0472
 ん?資料提供、記念館三笠…。
 えーと。俺は何しに来たんだ。

 ちなみに、このとき猿島人Tシャツ(横須賀の刻印あり)を着てました。偶然。

11:00頃
 坂の上の雲ミュージアムへ行く。S_dsc_0485
 まぁ、酷いね。箱物とはこのことか!と前半思った。
 歴史パネルや小説の一説を表示するなど、小学生の授業ですかこれは。馬鹿にしとる。

 後半、新聞連載の坂の上の雲、全コピーがあったので溜飲を下げる。これが見れたのは良かった。(ここでなくても見れそうだけど)S_dsc_0494 S_dsc_0496 S_dsc_0497
 秋山好古の勲一等の勲章など見れたのはよかったけど…99%無駄な建物です。

12:30頃
 うどんを食す。元祖 伊予うどん 本家 小田吉
 
 多い、多いよここのうどん!S_dsc_0513
 ちょっと多めにしてやろうか、と言われてうん、と言わないほうがいい。3人前ではきかないのではないか。
 大勢で行ってもその分多くなるようだった。
 味は、美味しいとは思うが、ちょっと薄い感じ。コシもまぁ、そこそこである。
 ゆでたて新鮮なうどんという意味では美味しいと思う。

 その後、松山空港へ移動。

 チェックイン後、満席であるため、2時間後の便に乗り移る人は居ないか、と放送があった。1万円提供されると言う。
 悩んでいるうちに、希望者満了。
 一人身軽な移動だっただけに、行けばよかった。

 その後は順調に帰宅。
 翌日はほとんど1日寝てた。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 21, 2009

鍋焼きうどん「ことり」と「アサヒ」

 さて、高知から松山に移動して早速の仕事ではあるが、松山着は10時(今朝)。すぐに昼食の時間が迫ってきた。
 時間に余裕が出来たこともあって(順調である)、同僚と2人、商店街をウロつく。
 うどんを喰おうと思ったが、なかなか美味そうなうどん屋が見つからない。しかも、一緒に歩いているのは高松の人間である。「他県でうどんを喰うの?」そんな顔をしている。
 そんな中、商店街から入る路地に行列を発見。「鍋焼きうどん ことり」とある。更にその細道を進むと似たような「鍋焼きうどん アサヒ」があった。アサヒの方がわずかながら列が長そうであったため、ことりの行列に並ぶ。

200909211224000  しかし列はするすると進み、10分も待たずに店内に入った。メニューは鍋焼きうどんと、いなりずししかない。入ると1分もせずに鍋焼きうどんが出てきた。

 猫舌だが頑張って食べる。うどんにコシはない。しかしダシが美味い。
 1杯食うが、量的に物足りない。いなりを頼もうかとも思うが、アサヒも気になっていた。同僚と目があう。アサヒにも行くぞ、と瞬間的に二人は理解した。

200909211240000  アサヒの列は、なかなか進まなかったがそれでも先ほどに比べ、列が短くなっていた。
 店に入ると、こちらはメニューにたまご入りがある。迷わずそれを注文。
 メニューがあるということは、即ちやや時間がかかるということでもあった。暫く待たされて出てきた鍋焼きうどんは、麺のコシが無いのは似たようなものだが、ことりに比べ味が濃く、甘い。福岡のうどんのそれに、似ているかもしれない。個人的には、こちらの方が好みかも。

 事務所に戻って調べると、どちらも老舗の有名店の様だ。そんな店、偶然見つけるなんてツイていた。

 この2件の店、ハシゴするならことりを先にしろ、とある。それは確かにそう思う。我々も、アサヒが後でよかった、と言い合ってたところだ。ダシは薄いほうから濃いほうになったほうがいい。

 ほんの2時間前の話…(こんなに短時間でUPするなんて珍しい)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 08, 2009

この旅で巡ったうどん屋

 このGWの帰省で、立ち寄ったうどん屋は以下の通り(行った順に記載)。

■さぬきうどん

①手打ちうどん なかにし
②手打ち十段 うどんバカ一代
③純手打ちうどん よしや

■九州のうどん

④北の庄(福岡県中間市)
⑤九州自動車道 基山SA(下り)のうどん
⑥鬼八茶屋(宮崎県高千穂峡)
⑦こばやしうどん(福岡県中間市)

 順に感想など。

①手打ちうどん なかにしS_dsc_0137

 本場さぬきうどん初体験となった店。製麺所だそうですね。
 早い時間帯に開いているお店と言う事で教えてもらいました。
 5時半から開いているという恐るべきうどん屋。行った時間が朝の6時頃だったのですが、バンバンお客さんが来てました。うーん、お店も客もすごいなぁ。
 で、ひやひやを食してみたのですが、誤解を恐れずに書けば、「そこそこ」という感じ。正直、そこまで美味しいとは思えなかった。麺が微妙にダンゴっぽいと言いますか何と言いますか。
 カミさんや子供たちは車の中で熟睡のため食さず。
 MOONさん曰く「打ちたて、茹でたての時間に合わないと難しいかもしれない。次は5:30の開店直後に行こうね!」とのこと。

 食べた後、MOONさんと合流して次の店に向かうことに。

 

②手打ち十段 うどんバカ一代S_dsc_0143

 MOONさんに連れられて、早い時簡に開いているお店に行った。
 ここも朝早くからお客が絶えない。私たちがお店に入ったのは6:50頃。
 ここでは子供たちも一緒に食べる(そのため複数のうどんが食べられた)。肉うどん、釜揚げうどん、ひやひや、バター入りの四種類を少しずつ食べる。どれも美味!そしていかにもさぬきうどんという感じのうどんのコシ。
 ただし、釜揚げうどんのダシは微妙に私には合わなかった。
 ひやひやは美味しかったな。つゆの塩辛さはさぬき共通なんだろうか?ちと辛い感じで、塩分濃度高そう(これはどの店もそう感じた)。

 

③純手打ちうどん よしやS_dsc_0152

 この日の本命と言うか、MOONさんに教えてもらっていた当初予定のよしやへも行く。
 一杯の量が少ないために複数のお店に行き、朝からタップリ食べる事になった。
 ここでもひやひやと、釜玉を注文。
 うどんのたまごかけごはん”まんま”だった。当たり前っちゃー当たり前なのだが。うどんの弾力も美味しく感じられた。
 おでんのスジ肉も美味しくてお代わりしてしまった。

 

 ということで、さぬきうどん初体験は上記3軒。いつか将来、まだまだ食べに行きたい。大行列のお店もあろうが、回転の速いうどん屋であるわけだし。

 まだまだ、先は長そうである。

 

 変わって九州に帰省してからのうどん屋巡り。(巡った訳ではないのに、結果的にうどん屋を選択する事が多い…)
 実家はうどん好きで、よくアチコチうどん屋を探しドライブしていました(最近も変わらないらしい)。

④北の庄(福岡県中間市)S_dsc_0194_2

 最近ウマイと母推薦。家族で行ってみる。
 肉うどんと冷やし山かけうどんを注文。なるほどウマイ。
 暖かいうどんは麺のコシは全くなし。コシを期待してはいけない。その代わり、ダシは甘くとても美味い。この甘辛いダシは、さぬきうどんとは対照的な様に感じる。さぬきうどんのコシで、このダシを食べてみたい。そんな店は無いのだろうか…。
 冷やし山かけうどんは絶品であった。ただ、麺のコシ、弾力がもう一歩、という気がしないでもない。

 

⑤基山SA(下り)のうどんS_dsc_0389

 家族旅行移動中(当然九州自動車道下りで)に寄る確率が高いうどん屋。今回は宮崎まで行く途中に朝ごはんとして食べる。
 肉うどんを注文。絶品。MOONさんには申し訳ないが、この旅で一番美味かった。ダシは今回の旅行最高の出来ではないだろうか。麺は最近流行の冷凍うどんを使用していた。
 このうどん屋が一番美味しいというのは、正直残念な事ではある(専門店よりもPAのうどんが一番美味いなんて…)。

 

⑥鬼八茶屋(高千穂峡)S_dsc_0585

 ざるうどんを注文。がしかし、ポソポソの最悪のうどんであった。家族で顔をしかめましたよ。子供も残す始末。親父(お爺ちゃん)の注文したザルそばを子供が奪っていました。
 手打ちって絶対ウソだね、あれは。

 

⑦こばやしうどん(福岡県中間市)S_dsc_0241

 九州滞在最終日、昔から大好きだったこばやしに行く。
 ここでも肉うどんと冷やし山かけうどんを注文。
 肉うどんは普通に美味かったけど、例によってコシは全くなし(福岡の暖かいうどんはなぜかそんなもん)。問題は冷やし山かけうどん。コシがこれもなし。ガッカリだよ!あの弾力に優れ、びよーんと伸びる麺はどこへ行った!?泣きそうになった。職人が変わってしまったのだろうか…。

 

 ということで、さぬきうどんは手打ちバカ一代が一番美味かったかな。よしやも美味かった。
 九州では基山SA。北の庄も美味かったけど、もう一歩感がある。本当に期待したいのは、冷やしうどんで伸びる弾力のあるうどん。また、見果てぬ夢は、弾力、コシのあるうどんで、甘辛いダシの肉うどん。きっとどこかにあるに違いない。

 過去の味は思い出の中、美化されるのだろうか。
 こばやしのうどんは失われた気がする。

 対して、初のさぬきうどん。まだまだ奥が深そうな感じ。
 四国旅行の数を増やしたい今日この頃(1000円高速が継続中に)。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 11, 2008

久しぶりにマズイうどん食った

 久々に一人、ずれた時間の昼食にうどんを食おうと、き●屋に入った。
 冷やし山かけうどんを注文。大好きなメニューである。
 その際、店員が「お茶は温かいのと冷たいのとどちらがよろしいですか?」と聞いてきたので「冷たいの」とお願いした。しかし、持ってこられたお茶は温かいお茶であった。
 まぁそれならそれで飲むのであるが、冷たいのも飲みたい気分になっている。「すみません、冷たいの、とお願いしたのですが…」と言うとおひやが出てきた。お茶じゃないじゃん!

 まぁそれはそれでかまわないので待つこと暫し。うどんが運ばれてきた。「ひやしたぬきでございます」と目の前にはひやしたぬきうどんが置かれた。はい?
 声をかける間もなくすぐに去る店員。伝票を見ると冷やし山かけになっている。すいませんと声をかけ、伝票を見せる。店員はすみませんとうどんを持って下がり、暫くして冷やし山かけうどんがやってきた。さぁ喰うぞ!

 マズイ。

 こんなにまずかったっけ?麺にコシが無くぼろんぼろん。つるりともしていない。

 ズレた時間だったので、時間帯が悪かったのだろう。やはり回転の早い時間のほうが打ちたて、なのかもしれない。それにしたって…と思うほどだったが。

 それとも店舗によるものだろうか。東京駅近くのき●屋、ちょっとあれはないぜ…と書いておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2007

めりけんや

38  JR新橋駅構内にさぬきうどん屋があり、たまに寄る。
 ここでは、私は注文の90%はかまあげうどんを頼むことにしている。そして、その90%は「時間がかかるのでお待ち下さい」と言われてしまう傾向にある。平日出勤時の朝ごはんに立ち寄るため、あまり待つ気も無く別の商品を注文する。結果的に、滅多に巡り合えないのだった。

 この店は、(チェーン店であるために他店でも同じかもしれないが)かまあげうどんとかま玉うどんだけは茹でたてのうどんを客に出すようになっているらしく、待たせる&実際にそれらのうどんはモチモチ感がぜんぜん違う。チェーン店なのに何故?まぁそんなことはどうでもいい。美味しいうどんが気安く食べられるのは良いことである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 09, 2005

築地虎杖(いたどり)

 築地にあるうどん屋。居酒屋でもある。うどんは冷やしぶっかけうどんもメニューにあるが、カレーうどんが有名なお店らしい。
 新橋で同僚と二人で飲んだ際に「美味しいカレーうどんの店があるんだよ!」と紹介され、わざわざタクシーを飛ばして(まぁ近いんだけど)食べに行った。同僚オススメのカレーうどんであった。
 着くなりまず"まぐろの炙り焼き"なぞ食べながら焼酎を飲む。飲んでばっかりだ。ただ既にヨッパラッていたので早々にうどんを注文する事にした。
 さて、ポークも美味いそうだがビーフカレーうどんを注文する。カレースープの匂いがあたりに充満し、これだけで酔いも醒めようと言うものだ。その濃厚でクリーミーなスープは絶品であった。ナンボでも喰える、といった感じ。いや、飲んだ後のカレーうどんなどと、カロリー計算という日本語を忘れてしまった状態に陥っておりますが。しかしコレ書いててまた食べに行きたくなって来ましたよ…。
 ただ、うどんのコシそのものにはやや不満が残った。暖かいとは言え、もう少しコシがあるうどんにならなかったものかなぁ。この点が微妙に残念だったりします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2005

赤とら

 ウチのすぐ近所に出来たうどん屋。うどん酒場と銘打たれている。さて、試してみようってんで家族で行って来た。
 カウンターに向こうには焼酎が並んでおり、メニューを見るとエビ辛(エビの塩辛)やサワラのタタキなどが並んでいた。
 そういう居酒屋としての魅力も十分ではあるが、あくまでもうどん屋。生醤油うどんやぶっかけ、かき揚げその他、まぁメニューの数はそこそこ。数を抑えたか、という感じ。
 瓶に入った泡盛など飲みながら本来の主旨(うどんを食べる事)は後回し(^_^;)。カウンターの店長はイケメソのお兄ちゃんで、キビキビ指示出しを行っていた。他にもドブ板通りでイタリア料理屋なども経営しているそうだ。
 さて、冷たいうどんを頼む。暖かいうどんも食べてみたいが、最初に行った店では必ず冷たいうどんを食べ、そのコシを確認したいと思っている。素でもいいのだが、温泉玉子を入れてみた。麺のコシはなかなか良いバランスで、とても美味しい。新橋、"かおりひめ"より美味しい(笑)。まぁ私の好みってハナシですが。理想を言えばもう少し弾力が欲しかったが、少なくとも三浦半島では一番美味しいうどん屋であると思った。これは通ってしまいそうである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

かおりひめ

 新橋にあるさぬきうどん屋。確か香川県のアンテナショップだとかなんとか聞いた事がある。
 まぁそんなことはどうでもよくて、うどんの話。かなり前、昼食を食べ損なって、14時くらいだったかヘンな時間に行ったところあまり美味しくないうどんを食べさせられた経験があった。時間のせいなのか、それともそれがこの店の本質なのか、それはわからなかったがそれ以降あまり行く気はしなかった。
 その後、義弟と一度行った際の事。
 店員「今から茹でるので時間がかかるのですが…」
 我々「ええもう、喜んで待ちます」
 茹でたてはやはり美味でした。前回の際はやはりヘンな時間だったので、伸びてしまったうどんだったのかもしれません。
 帰りがけに1階の売店(?)でお土産うどんを購入し、帰宅したのでした。炭水化物っていいよね…(;゜Д゜)ハッ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧