お仕事

November 07, 2013

釣りバカ

 米国に赴任している元上司(結構えらい人)からメールが入った。要旨は以下であった。

 週末に一時帰国し、週明けには別の国に出張する。
 土日の2日しか日本に居ない。
 どちらか一方で洋征丸の席を押さえろ。
 皆の都合が悪ければ、自分一人分の席だけでも押さえてくれ、とのこと。

 要するに釣りバカである。
 渡米後は一切釣りが出来ず、釣りに飢えていた。飢える、というかそれはまさに禁断症状であった。

 当然、こちらの対応は全力で対応である。

 問い合わせると、土曜は残2席。日曜は残席多数、とのことであった。
 しかし日曜は自分に既に予定が入っており、また周囲(共通の釣り仲間)も日曜日は予定が入っている人ばかり。ということで、土曜2席を押さえ、その旨返信した。

 了解の旨、返信があったのだが…数時間後、携帯に、明らかに外国からのものからと思われる番号から電話が入った。えらい人だった。
 「スマン、土曜日押さえてもらったが予定が変わった。申し訳ないがキャンセルしてほしい」
 なるほど、しゃーない話である。
 日曜日、私や周囲は行けないが1席押さえるか確認すると、押さえてくれとのことで、その通りにコトを運んだ。

 週明け、船宿のHPを見ると、しっかりいい感じで魚を抱えたえらい人が写っていた。
 これで欲求が満たされ、当分はガマンしてくれることと思う。
 ひょっとしたら火がついてしまっているかもしれないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2012

今週は

 サイコーに忙しいです。

 先週、帰宅できない日が3日。土曜日帰ったと思ったら日曜日トラブルで呼び出し。(客のオペミス…)

 今週は月曜日以降、帰宅出来ていません。今日こそ帰りたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2011

2万5000人に影響…の1人でした。

 若干古い話題になってしまいますが。
 先週の金曜(2/25)、京急が止まりました。時刻は23:05、と遅い時間帯。週末の、終電近くの出来事です。

 私は三田線に乗車中であり、社内でこの放送を受けました。
 その時の私のルートは三田線(三田駅)経由、浅草線泉岳寺経由、横須賀中央方面へ移動、といった具合でした。

 さて、三田駅に着いた頃、JRへの振り替え輸送との事でJR側に移動する人も居たようですが、浅草線ホームへ向かう人の量は普段と変わらない様に思えました。
 これもひとえに、JRは止まるが京急は何があっても止まらない、という普段の行いの賜物と思われます。今は止まってはいても、すぐに動き出すだろう、といった期待がありました。ところが、この日ばかりはそうはいかなかったのです…。

 とりあえず泉岳寺始発、久里浜方面行きの電車が止まっていたので乗り込みます。
 電車内は混んでおり、1~2本分の電車が動いていない雰囲気。座ることは出来ず、とりあえず立って本を読みながら動くのを待ちました。
 次にホームに入ってきた電車は浅草線西馬込行き。このとき、それに乗り換えるべく席を立つ人が近くに居たため、うまい具合に座ることが出来ました。

 車内放送では相変わらず振り替え輸送の話が流れます。
 しかし立ち上がる人はあまりおらず、皆座っています。立っている人も動きがありません。
 その間にも、何本かの西馬込行き電車が到着します。
 そのたびに京急に乗り換える人が増え、社内はどんどん混んでいきました。それを見て諦めてJRに向かう人も居ます。

 私は座って本を読みながら待ち、やがて寝ながら待ちました。
 週末の金曜日。翌日が土曜で休みというのも、ゆっくり待っていられる理由でした。遅くなっても帰れればいいや、と。

 時間は0時を回り、0時半を回り…やがて1時近く。もう、JRの振り替え輸送もありません。
 皆、電車が動く事を期待していました。しかし…電車はついに動かなかったのです。

 放送が入りました。
 「本日は復旧しません。タクシー振り替え輸送を行います…(意訳)」

 途端に、皆ガッと立ち上がって出口へ向かいます。私は半分寝てましたが、立ち上がり、追いかけるように歩き始めます。電車の中にはまだチラホラと寝ている人、座っている人が居ました。
 改札付近には人だかりが出来、駅員が大声を張り上げています。

 要約すると、

 タクシーで帰ってくれ。
 料金は支払う。
 必ず領収書を貰ってくれ。
 後日京急の窓口ではなく、都営線の窓口へ領収書を持ってきてくれ。

とのこと。
 皆、すごい勢いで階段を上がっていきます。私も上がります。
 地上へ出ると、そこは第一京浜。タクシーはちらほら走っていますが、全て乗車中のもの。
 多くの人が、タクシーを捕まえようと散っていきます。手前で捕まえようと、田町方面へ遡る者、タクシーが多く居そうな品川方面へ向かう者、と様々です。
 その場に立ち止まり、携帯で電話する者多数。私も携帯電話を手に取りました。

 私は2月に入って激務が続き、ほぼ毎日タクシーで帰っていました。そのため、タクシーの運ちゃんの名刺を貰っており、電話してみました。
 すると今、蒲田から青物横丁方面へ向かっているとのこと。あと10分~15分ほどで泉岳寺に来れる、ということでした。
 そのまま依頼し、交差点の向こう側に煌々と輝く「なか卯」に向かいました。…小腹が空いたので。

 なか卯でうどんを1杯食べ、駅前に戻りました。もうそろそろ人も捌けているかと思ったのですが、まだ数十人がその場でタクシーを捕まえようと右往左往しています。
 その中にオバーチャンの声が聞こえてきました。自宅に電話している雰囲気で、「タクシーも捕まらないし、困ってるのよ~」みたいな感じ。

 その電話中のオバーチャンを捕まえ、自分の携帯の中にある日個連(ちょうちん個人タクシー)の呼び出し電話番号を教えてあげました。泉岳寺駅前に呼び出しを行います。
 するとオバーチャンは「ありがとうね~あなた神様だわ~」てな具合。そりゃオーバーだろ。周りの人も笑ってます。
 そのとき依頼したタクシーが滑り込んできたので、他の人には番号を教えられないまま見捨てて(笑)、乗り込みました。オバーチャン、ちゃんと乗れたかな?

 第一京浜を下ると品川駅前のタクシー乗り場はごった返しておりました。その頃およそ1時半~2時頃の話。ロータリーにパトカーも何台か見え、オオサワギな雰囲気。

 運ちゃんに、タクシーにとってはいい日になんじゃないの?と聞くと、先ほど青物横丁へ向かったのもやはり京急ストップによる影響とのこと。この時間まで京急で粘るって事は、三浦半島の端まで行く人が結構多いのではないかと思われ、京急の損失額もかなり行ったんじゃないでしょうか。

 ちなみに帰宅時間は3時を回っておりました。
 疲れましたが…実は2月の帰宅時間は、ほとんどそのような日々でした。若干、慣れてしまっているかも…。

 後日、領収書を持って清算を行いましたが、チェックが甘い印象。便乗でタクシーの領収書を持って行く人が居たら、簡単に清算できたんじゃないかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2009

高知→松山出張 しょのゴー

9/20(日)

5:30頃
 起床。眠かった。
 早めにマシン室に入る。
 今日の作業次第で、明日以降の作業全体感のペースが読めるのである。
 結果、昼頃にはメドが立った。順調そのものだった。

12:30
 昼に再びうどん屋ふうに向かったが、あえなく臨時休暇の看板が。
 更に遠いコンビニまで歩く。
 周囲には何も無い。
 ただひたすら、土地ばかり広いところであった。

17:30
 退館。
 高知での仕事はこれで終わりである。明日は、7:30の高速バスで松山に移動予定である。

20:00頃
 居酒屋で皆と晩御飯。一同揃って仕事を終え、食事を取るのは高知にて、初であった。 ラーメン しなとら で〆る。S_dsc_0042
 美味しいと紹介されたが、まぁまぁかな。
 目の前でチューブの中からインスタントスープを出されると、ちょっとそれはビミョー…。

 #なんだ、全国区のチェーン店じゃん。知らんかった。

9/21(月)

7:30
 高速バスにのり、松山へ。S_dsc_0083_2
 割り込みの学生が居て、ムっとする。順番も守れんかこの女は、と思う。
 まぁ席は空いているのだが。

 松山まで、うつら、うつら。
 思い出したように、ココプラと、国盗りの位置登録。国盗りは、漏れなく…。

10:00
 事務所入館前に坊ちゃん列車を目撃。すかさず撮る(笑)。S_dsc_0087 S_dsc_0092

 その後入館。
 昨日、構築チームの作業はひと段落したが、次のチームの作業が続く。松山からネットワーク経由で作業する。

12:00
 仕事順調のため、昼食に出る。
 ことりと、アサヒで鍋焼きうどんを食べる。
 美味であった。

19:00
 作業終了。これで、この出張の仕事は、終わりである。

 夜は同僚と街で飲んだ。瀬戸内小魚料理 十五万石で一杯。
 おこぜがあった。美味であった。好物なのよ。S_dsc_0144

 ダメよダメよと思いつつ、ラーメンで〆る。S_dsc_0149_2
 豚珍行。有名店だそうだ。甘めのスープ。あまり経験のない感じの味。味噌ラーメンであったが美味であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 30, 2009

高知出張 しょのシー

9/19(土)

17:00頃
 その後、城内に入る。夕方遅かったため、この日の最終入城者になった。背後で閉められた。S_dsc_0918
 気がつけば、山内一豊の銅像、見なかったなぁ!どこにあったんだ?
 本丸最上階は改修中で、ビニールがかかっていた。残念。S_dsc_0913 S_dsc_0938 S_dsc_0943
 いつかまた、今度こそ観光で来よう。

 城を降り、山内容堂生誕地を経由。S_dsc_0984
 まぁ、馬鹿殿様はどうでもいいか。

 その後、武市半平太の殉職地へ向かう。山内容堂生誕地に近いのは皮肉に思えた(容堂は悔いたそうな)。S_dsc_0987
 今回は武市半平太の生誕地、旧宅、銅像などは行くことが出来なかった。また行きたい。

 その後、街中で晩御飯。うつぼ屋でうつぼ料理を喰う。S_dsc_1008
 うつぼ料理を前から食べたかったので好機到来であった。これがかなり美味。やや高かったかな。

 けつねうどんで〆る。S_dsc_1014
 高知名物、とあるが、超マズい。ひどかった。残した。ここの店好きな人ごめん。

20:30頃
 漸くホテルへ。
 ヘトヘトになっていた。明日の朝は早い。

22:00頃
 後輩から電話。仕事が順調であったため、仕事終わりとのこと。
 飲みに行こう。との誘いだったが、申し訳なくも遠慮させていただいた。後輩にしてみれば、よもやこんな一日を送っていた、なんて思ってもみなかったろうね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2009

高知出張 しょのサンー

9/18(金)

18:00頃
 はりまや橋で、元同僚と待ち合わせ。
 ブログ:世界旅行記のHさん。元同僚。会社を辞めて、今は実家の高知に戻っている。
 従兄弟が経営する御寿司屋へ連れてってもらう。
 初めてカツオの塩タタキを食べた。美味であった。これほんと美味しい。今後のカツオの食し方に追加。

20:30頃
 漸く仮眠。結局あまり眠れなかった(自業自得)。

23:00頃
 マシン室入館。夜間作業。私の入りの時間ではあるが、作業は既に始まっている。
 平穏無事であるため、待ち時間が多い。ブログ更新(^_^;)。

9/19(土)

12:00頃
 昼食。
 南国オフィスパーク近くのうどん屋が美味いというネット上の情報を得、同僚を誘う。
 同僚はそのうどん屋を既に知っており(というか、近所で食える店はそこぐらいしかない!)、3人で向かった。

 うどん屋 ふう

 美味であった。
 高知のうどんは、讃岐とは違うという。
 なるほど特に肉うどんなどは、福岡のうどんの様であった。がうどんのコシはしっかり残っており、まさに理想であった。
 ざるうどんも美味でしたよ!

14:00頃
 交代。作業は24時間体制で進むが、私は交代し、ホテルに向かう。
 仮眠を取ろうかと考えたがまたまた元同僚、H氏へTEL。高知市内観光に誘う(と言うか、案内を頼む)。翌日、作業が上手くいかなければ市内観光のチャンスは今しかない。

 ホテル最寄からスタートする。

 板垣退助生誕の地。S_dsc_0823
 自由民権運動は評価するが、コイツがお札になって龍馬がお札にならないのは理解できない。あまつさえ後藤象二郎の幼馴染である。ケッ。

 で、後藤象二郎誕生の地。S_dsc_0826
 「先生」とある。この人の人生から何を学ぶことがあるのだろう。立てた人間の見識を疑いたい。個人的に。

 天神大橋(鏡川)。S_dsc_0838 S_dsc_0834
 坂本龍馬は雨の日も、この鏡川で泳ぎの練習をしたと言う。どうせ濡れるのに、雨なぞ関係ない、と言ったという、あの鏡川である。
 H氏に聞くと、やはり子供の頃、泳いでいたそうだ。高知の子供にとっては、そういう川なのであろう。しかし、今は泳がない様だ。生活排水など流れ込んでいるからじゃないかなぁ、との言。この数十年で、大きな歴史の変化があったんだなぁ、と感じた。

 坂本龍馬生誕の地。S_dsc_0849 S_dsc_0855
 さすがに観光客が多い。
 背中に一面の毛が生えていたから、龍馬。
 それがここであり、全てがここから始まった。
 そう思えば歴史としてはそうなのだが、人間が始まった場所を崇めても、龍馬は笑うかもしれない。

 俺がどこから始まったかを見よるがか。俺が何をしたかを見らんがか。

 いや、何を為したか、があるからこそ、生まれた場所でさえ、観光地になる訳で。
 どこかそんな言い訳が頭の中に浮かんだり、ラジバンダリ(最近聞かなくなった)。

 誕生地裏手にある、龍馬郵便局に行く。S_dsc_0857
 まぁ、開いてないのは時間的にわかってはいたけど。

 そのまま歩いていると、龍馬の生まれたまち記念館にたどり着いた。S_dsc_0864
 入る予定ではなかったが、一人300円とのこと。まぁいいか、と入ったがまぁ下らない事下らない事。人形があったり、絵を書いて説明したり。歴史的価値ゼロ。小学生?の発表資料など張ってあったり。それが掲示されることが悪いこととは言わんが、観光客から300円取って見せるものか。辛うじて龍馬書簡があるが、複製だし。なんだかなー。
 金返せ、と言いたくなった。

 次に行ったのは近藤長次郎邸跡。S_dsc_0874
 饅頭屋長次郎である。
 ぽつねんと、柱一本。寂しい限りである(ま、そんなもんかも)。

 その後、才谷屋跡に行く。
 街の地図には乗っているが、そこにはファミリーマートがあるのみで、何も無い。
 傍らの看板に、跡地の記載があった。なぁんだ。

 そこから戻り、高知城へ。
 戻りしな、福岡孝弟誕生の地を経由。S_dsc_0885
 五箇条の御誓文の草案作成に関与とあるが、所詮は土佐藩家老だったヤツである。明治維新後は、いろいろ要職とやらを歴任し、子爵。尻馬に上手く乗った人生は羨ましいほどである。いい人生だったろうなぁ(思いっきり皮肉ですとも)。

 途中、NTT西日本前を通る。S_dsc_0890
 違和感ありッ(と、Hさんと笑った。Hさんも同じ感想を持っていた)。
 NTTと言えば東日本じゃないのか!
 何を言っているのか、わかりにくいかもしれませんが。
 仕事上、NTT東日本とヤリトリすることは多いのです。
 時には味方、時には敵。仕事上でも係わり合いが深いのです。
 それだけに、えぬてぃーてぃーにしにほん、と発音しにくいのです。
 それだけです。

 高知城。S_dsc_0895 S_dsc_0897
 門の梁が太い。すげー木だったんだろうなぁ。
 門をくぐると板垣退助が居た。S_dsc_0900
 まぁ、人気もんだよなぁ。
 その先には山内一豊の妻の銅像。S_dsc_0908

 そろそろ長くなったのでまた次回。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 28, 2009

高知出張 しょのニー

坂出で待ってる間に来たマリンライナーS_dsc_0558

8:39
 しまんと5号 坂出発。S_dsc_0566
 高知まで乗車。大歩危などの景勝地を走り抜ける。S_dsc_0587 S_dsc_0588
 途中、その大歩危でオバチャンが乗ってきて、言う。
 「これ、高知のほうへむかっとる?反対方向なんじゃがどうすればいいかのう」(意訳)
 次の駅で反対方向に乗ってください。というか、たった2両しかないんだから、車掌に言ってください。
 言われた観光客も困ってた。
 大歩危だけに、大呆け。ウフフ。(無視してください)

10:37
 高知着。
 そのまま駅前のタクシー乗り場から、南国オフィスパークにある事務所へ。
 マシン室(コンピュータルーム)の入館手続きをとる。

 昼食、打ち合わせの後、ホテルへ向かう。
 今夜から徹夜作業のため、仮眠を取るためである。

 しかし…タクシーに乗り込んだ直後、私の口はこう言った。
 「桂浜へ行ってください」

15:30頃
 桂浜着。
 坂本龍馬像に向かう。
 松林を抜けると、立っている龍馬が見えた。20年ぶりの再会であった。S_dsc_0631
 20年前、受験で高知を訪れた際、初めて桂浜に来た。
 その時、両親に「受験に行かんで、観光に行っとる」と言われたが、今回も仕事に行かんで、観光に行っとる、と言われそうだ。

 この日、竜馬像は逆光。ま、後光と言っておこう。S_dsc_0632_2S_dsc_0658   
 桂浜は沖の台風の影響で、ウネリが入ってものすごい波だった。波頭が9、10mもハネ上がり、浜全体が潮で煙っていた。S_dsc_0689 S_dsc_0692 S_dsc_0622

S_dsc_0706 S_dsc_0719

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 25, 2009

出張?旅行? しょのイチ(結構長くなりそう)

シルバーウィークは出張に変わってしまった訳だが、まぁハンドル名の通り、坂本龍馬ファンの私としては、まぁそれなりに楽しむことが出来た出張&旅行だった。

 経緯をまとめてみる。

9/17(木)

5:50
 普段どおり出勤のため家を出る。

20:30頃
 東京駅でK部長と回転寿司晩餐。
 釣りに一緒に行くK部長である。
 当然釣り談義。22日に一緒に釣行予定だったが行けなくなる。

22:00発
 東京駅。サンライズ瀬戸乗車。
 当然、入線を待ち構えて写真を撮る。
 結構大勢撮っている。さすが人気である。

入線S_dsc_0241_2

ロゴS_dsc_0252

二回寝台(シングル>これに乗車)S_dsc_0254

ホーム(今から乗車するぞ、という雰囲気っていいよね)S_dsc_0258

最後尾S_dsc_0263

ロゴその2S_dsc_0266

発車前S_dsc_0267

サンライズ瀬戸・表示S_dsc_0272

ノビノビシート車両S_dsc_0273

乗車したシングル個室S_dsc_0284

東京を出発~S_dsc_0296

併走する横浜線。室内灯を消せるのでこんな写真が撮れました。これだけでご飯三杯イケます。S_dsc_0302

藤沢近くS_dsc_0319

熱海S_dsc_0337

大阪S_dsc_0356_2

明石海峡大橋S_dsc_0370

岡山着S_dsc_0424

サンライズ出雲、瀬戸切り離しの風景。切り離しの写真を私も撮りに行こうかと思ったんだけど(目の前なので)、シャツ着てズボン穿くのがめんどくさかったので、車内から逆撮影。S_dsc_0429_2

瀬戸大橋通過中S_dsc_0461

与島PA。GWに通ったなー。S_dsc_0511

9/18(金)

8:00頃
 坂出下車。
 高松まで行って1時間ほどの待ち時間の間、肉うどんを喰う予定だったのだが、途中、信号機故障のため遅延。高松まで行く時間を失う。仕方が無いのでダブリ区間の坂出~高松は乗車せず、坂出で下車することとなった。
 最後まで堪能できなかったのは非常に残念であったが、乗車時間は通常より増えたので、まぁ…よしと…やっぱり残念だまた乗りたい。

 さやうならサンライズよ。また逢いたいの~。S_dsc_0544

(以下次号)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2009

大変な一週間だった(終わってないけど)

 先週はほぼ毎日終電。
 土曜日も出勤し、終電。
 当然の様に出勤した日曜日はついに電車では帰宅できず、月曜未明の3時過ぎ、タクシーで帰った。私服で出勤していたので、着替えに帰ったようなもの。
 空の白む4:30に帰宅し、1時間だけ休息。5:30には起き出して出勤した。
 その月曜日も当然の様に帰れず、火曜日未明、事務所で4時間ほど仮眠を取った。
 火曜日もまたまた当然の様に帰れず、翌水曜日の朝6:00に退勤の打刻。朝の電車で漸く帰宅した。

 疲れていた。

 帰宅後、インスタント麺を貪るように喰い、バタンキュー。起きたのは16時過ぎ。

 その夜、自分にご褒美だ!とばかりに家族で回転寿司を食いに行く。シメサバが美味であった。

 …あたった。多分サバに。

 木曜日。つまり今日の0時頃、動悸で目が覚めた。この動悸はなんだ。おかしい、と気がついた。まさか、もしや、と思っていたら耳の中が痒くなってきた。いつもの(4回目)パターンだ。カミさんに病院夜間受付を調べてもらったり、タクシーを呼んでもらったり。その間にトイレで戻した。少しは楽になるものの、胸の締め付けと不快感は取れない。速攻でタクシーに飛び乗り、病院へ。

 点滴をうつ。暫く眠る。
 気がつくと朝の4時。もう2時間で出勤の時間である。
 医者に礼を言い、タクシーで夜が白む4:30頃に帰宅。
 なんだかデジャ・ヴであった。月曜日と同じだった。

 朝5:30。目覚ましが鳴った。しかし起きれなかった。いつもより遅い、6:30頃に出勤のため家を出た。

 一応仕事は落ち着いたので、ひたすら眠い。

 今日は定時に帰ろう―――――。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 23, 2009

ふとんがふっとんだ(寝たい)

 先月は入社以来一番残業が少ない月であった。従って今月の給与は非常に厳しいものになるであろう。

 しかし、今月になって非常に忙しい日々を送っている。
 特に、この金曜日~今現在まで、睡眠時間は合計10時間程度であろうか。アタマ痛いわキモチワルイわ。

 明日は代休を取れそうだが、帰宅できるだろうか。どうなっているやら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧