お店

January 27, 2010

中華料理屋でサザエをさばく

 昨夜、残業で帰宅が遅くなった。
 0時過ぎに自宅最寄り駅を下車。まぁ、それ自体は珍しくも無い。

 カミさんは疲れて先に寝ている旨、連絡を取っていた。この時間に開いている店は家の近所の寿司屋かラーメン屋である。寿司は高いしラーメンは昼飯に食ったのでどうしようかと思ったが、駅の近くにまだ入った事の無い中華料理屋があった。帰り道とは90°方向が違うため、たった30mの道だが寄った事がなかったのだった。家に帰って何か作る気も無く、はじめて入ってみた。

 家族営業らしく、3人の店員。他の客はいなかった。
 聞けば夜中の1時まで営業しているという。定職でも食おうと思ったが、マーボー丼を注文し、カウンターに座った。
 厨房には2人。多分親子(もう1人は息子のヨメか?)。父らしき人が調理を始めたが、息子らしき人がなにやら巨大なサザエと格闘している。
 見ているとその巨大なサザエにスプーンで身を取ろうとしているのだが、ガッチリ貝がふたをして抵抗を見せている。
 息子と目が合った。「いやぁ、サザエ硬くて。お客さんやり方わかります?」

 …わかるけど。

 口で説明するが、なかなかうまくいかない。しゃーないと、上着を脱いだ。
 厨房の端に入り、手を洗い、包丁を借り、身を切る。貝柱、内臓もかき出す。

 おおー、と感心する息子とヨメ。貝が2個あったのでもう1個も同様に処理。
 そこまでやればOKであろう。息子に引渡して自分はカウンターに戻る。

 「お客さん、ビールのみます?」
 「のみますのみます」

 中ジョッキを美味しくいただきました。
 「刺身にする際に、貝の口の部分は取った方がいいよ。赤いところ」
 と言うと、
 「いいんです。刺身は苦手。つぼ焼きにしたいので

 はい?
 じゃあ今の処理は何だったんだー。
 そんなモン、醤油たらして焼けば良いだけじゃないかー。

 マーボー丼を食いながら(ご飯がやたら硬かった)そんな事を思い、店を出た。

 結局、その後5時間後には、また出勤なのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2009

鍋焼きうどん「ことり」と「アサヒ」

 さて、高知から松山に移動して早速の仕事ではあるが、松山着は10時(今朝)。すぐに昼食の時間が迫ってきた。
 時間に余裕が出来たこともあって(順調である)、同僚と2人、商店街をウロつく。
 うどんを喰おうと思ったが、なかなか美味そうなうどん屋が見つからない。しかも、一緒に歩いているのは高松の人間である。「他県でうどんを喰うの?」そんな顔をしている。
 そんな中、商店街から入る路地に行列を発見。「鍋焼きうどん ことり」とある。更にその細道を進むと似たような「鍋焼きうどん アサヒ」があった。アサヒの方がわずかながら列が長そうであったため、ことりの行列に並ぶ。

200909211224000  しかし列はするすると進み、10分も待たずに店内に入った。メニューは鍋焼きうどんと、いなりずししかない。入ると1分もせずに鍋焼きうどんが出てきた。

 猫舌だが頑張って食べる。うどんにコシはない。しかしダシが美味い。
 1杯食うが、量的に物足りない。いなりを頼もうかとも思うが、アサヒも気になっていた。同僚と目があう。アサヒにも行くぞ、と瞬間的に二人は理解した。

200909211240000  アサヒの列は、なかなか進まなかったがそれでも先ほどに比べ、列が短くなっていた。
 店に入ると、こちらはメニューにたまご入りがある。迷わずそれを注文。
 メニューがあるということは、即ちやや時間がかかるということでもあった。暫く待たされて出てきた鍋焼きうどんは、麺のコシが無いのは似たようなものだが、ことりに比べ味が濃く、甘い。福岡のうどんのそれに、似ているかもしれない。個人的には、こちらの方が好みかも。

 事務所に戻って調べると、どちらも老舗の有名店の様だ。そんな店、偶然見つけるなんてツイていた。

 この2件の店、ハシゴするならことりを先にしろ、とある。それは確かにそう思う。我々も、アサヒが後でよかった、と言い合ってたところだ。ダシは薄いほうから濃いほうになったほうがいい。

 ほんの2時間前の話…(こんなに短時間でUPするなんて珍しい)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 06, 2008

食いもの~

 深夜0時まで仕事をしていた。腹が減っていた。

 その日、仕事を行っていた場所の周辺は横浜の住宅街の中で、街道沿いに立つビルの周囲はマンションやら住宅やらが立ち並び、食事のできる店などほとんど見当たらないか、あってもとっくに閉まっている時間帯であった。しかしその中、一軒だけ心強い味方がいた。吉野家である―――。

 作業は予定時間を押しており、がしかし、人間が急いでもどうにもならない状況でもあった。作業時間が押しても、メンテに使用できる時間が豊富にあり、しかもトラブルという訳でもない。システムが処理していく時間をただ待つ、ハードディスクのアクセスランプをただひたすら見つめる時間が刻々と過ぎていく。

 だからこそ、吉野家の牛丼の事を思い浮かべる余裕があった。

 「腹減ったなー。今日は特盛を喰ってやろうかなー」
 「でもやはりこの時間にそれは食べ過ぎかなー。並で抑えようかなー。牛丼以外のものは選択肢に無いなー」
 「ビールも飲みたいなー。でも待てよ。0時過ぎたら酒類は販売しないんじゃなかったっけか?まぁいいや―――」

 そんな事を思いながら、0時過ぎ、漸く解散。
 幾人かいたメンバは直ぐにタクシーを呼んでいた。皆は食べずに帰ると言う。呼べば5分もかからずタクシーはやってくる。吉野家に行く私はタクシーを断り、別れを告げ先にビルを出た。
 路面が濡れている。霧雨だ、濡れて行こう。春雨かあれは。

 ビルを出てすぐに呼ばれたであろうタクシーが数台、エントランスに飛び込んで行く。横目に見ながら、ビルから200mほどの道をひたすら歩く。やがて「吉野家 この先50m」の看板が見えた。夜中に一人歩くと結構な距離である。だが私の脳裏には暖かい牛丼が渦巻いている。もう一息だ、という想いが足を前に進めていた。

 ―――だが…何かが違う。近づくにつれ、違和感を感じた。何だ?…そうか、電気がついていない―――?

 目の前に迫り来る吉野家。だが開いていないのはもう明らかだ。虚脱感が全身を襲うが、その理由を知るべく、最後の力を振り絞って歩く。何故だ?潰れてしまったのか!?

 改装中。

 と書いてありました。よりによって、日程がばっちり重なっておりました。

 他に選択肢などない。土地勘も無く、街道沿いの店は、飲食店はおろか全ての店がことごとくシャッターを下ろしていた。その街道も、別に店が連なっている訳でもない。駐車場だったり、空き地だったりする方が多いのだ。走り去る車が我が身をたまに照らす程度…なのである。
 薄暗い中、ぽつねんと佇むわけにも行かない。タクシーを呼んだ。呼んでいる最中に目の前をタクシーが通り過ぎた。まぁ、そんな日もあるさ。
 吉野家の目の前に自動販売機があった。せめて飲み物を…。だが、コインを入れても自動販売機は動かず、カシャン、とお釣り口にコインが落ちた。「またまたぁ」…カシャン。電源が切られているようだった。まぁそんな日もあるさ(泣)。

 やがてタクシーが来た。途中コンビニに寄ってもらい、お茶とオニギリ1コを買い、車内でかぶりつき、やがて目を瞑る。もう、1時近くになっている。明日も今日と同じく、朝5時半には起床なのだ―――。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2007

恒例の閉店セール

 横須賀中央の青●で冬物の背広を買った。恒例の閉店セールである。さすがに最近は頭に「店内改装のため」など前置詞をつけるようになっているようだが。
 私も背広は度々買うのだが、なぜか使用(ローテーション)に耐える背広はそんなに数が多くない。理由は、ズボンの股が擦れ、穴が開いてしまうからだった。要するにデブだから、なんだけど。
 夏服から冬物に替えたのは11月下旬だったか。その時点では気がつかなかったのだが、冬服はその一着だけになっていた。後は全て、ズボンに穴が開いていた。ズボン二着セールなぞ当たり前であるが、ほとんど消耗品の様に穴が開いていく。必然的に、あまり高い服を買おうとは思わなくなってくるのだった。そして今着ている背広のズボンにも大穴が開いてしまった(それまでがまんして使っていた)。カミさんにツギハギをしてもらったのだが、やはり買いに行くべし、となった訳である。

 さて、店に入るなり背広を物色する。店員がスススッと歩み寄ってくる。自分で選ぶ能力なぞあまり高くないので、こういう時は店員が近寄ってくれたほうがいい。
 胴回りを測ってもらい、早速選んでもらう。黒紺系。「じゃあそれで」と速攻で決める。
 二着目が1000円で売れる、とのこと。実質の半額セールである。と言うより、値段タグが実質倍の値を記載している、と言って過言ではあるまい。「これなんか…」と店員が選ぶそばから「じゃあそれで」と再び速攻で決める。店員が目を丸くしている。二着選ぶのに2分とかかっていない。
 「三着目は半額でお譲り出来ます」ともったいぶって言ってくる。二着目1000円と称しておいて、何をいわんや、と思わなくも無かったが、いつもローテーションに困っていたので、この際だからまぁいいか、と思い、三着目も速攻で決めた。全部で10分もかからない。そんな客、あまり居ないそうだ。店員は灰色系とか茶系とかの色も持ってきたが、それは断った。黒紺系三着。背広なんてね、特に上着はいつも椅子にかけたままなので何でもいいのよね。

 その他靴もヘタっていたので買い揃える。いい客である。でも靴もずっと同じのを履いてばかりでくたびれていた。滅多に買いに出ないので、たまに買うとガバっと買ってしまう。ピッポッパッと約80000円。うーん、これ全部で15分もかからず買っている。なんとゴージャスな買い方だろうか。でも背広はまぁ、サラリーマンの唯一の商売道具みたいなもんだしなぁ(確定申告で使えないかなぁ)。それに、家電製品や釣り具などは選び甲斐があるのだが、背広はなんかどうでもいいと言うか、そんな感じ(笑)。あまり時間をかけたくないというのが本音だったりする。

 全てズボン二着セールで計六本のスソ直し。その日の夕方までにやってくださいと頑張ってもらった。引き渡されて持って帰る際、背広三着はさすがに重かった。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 24, 2007

鍋焼城・休業中

108  お店は昔ながらにありましたが開いておらず。というか、休業中の張り紙が!
 オヤジ、大丈夫か?もうだいぶん歳食ってるからなー(推定年齢90以上)。

 遠い関東より波動を送ってみたり。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 23, 2007

なんだかなー

 電話してわかったこと。

 当該の商品は一度不良品が送られて来てたので、交換していた。
 その際、キャンセル扱いになっていた。そして、再度購入した事になっていた。
 一度目はカード払いだったが、二度目は振込み扱いになっていた。

 んだそうだ。
 そうならそうと早く言えベ●ーナ(納品書をよく読んだらそうなってたのかもしれないけど…)。

 結局、カード払いに変更してもらいました。振込みだと手数料は当方負担だったので。
 この振込み手数料が当方負担、というのもなー。こっちは不良品を送られた被害者なのになー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2007

振り込めサ●?(じゃないと思うけど)

 自宅の電話が鳴った。ベ●ーナという通販会社から支払いの請求だった。引越しした際に購入したミニ家具の支払い請求だった。支払いが遅延しているので、至急振り込めと言う。
 驚いた。支払ったつもりでいたから。

 これはアレか?顧客情報かなんか漏れて、新手の振り込めサギでも発生しているのか?
 しかし電話のオバちゃんは話し終えると普通に切った。数日後、(忘れていたら)請求の用紙が届いた。

 ネット購入したものだったので、久しぶりにログイン。過去履歴を確認すると「カード払い決済」となっている。振り込みではないぞ。どういうことだコノヤロー。

 カード会社のHPにアクセス。支払い請求履歴を確認するも、既に過去分は見ることが出来なかった。もう、3,4カ月も前の話だ。自宅に郵送で通知されていたはずの支払い明細に記載があったかどうか、よくわからない(捨ててしまったかもしれない)。

 というのが今現在の話。
 とりあえず、電話してみようと思うがどうなるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 07, 2007

山ちゃんで飲み食い

78  旧友たちと「世界の山ちゃん」で手羽先を食べる。初山ちゃんであった。場所は秋葉原、昭和通り。
 美味い(しかし、「鳥良」の方が美味しいかもしれない)。味噌かつがまた美味かった。
 がぶがぶ食べた。また、ビールが良い。銀河高原ビール、ヴァイツェンの生ビール。久しぶりに飲んだ。新橋の銀河高原ビールが無くなって以来、久しく飲んでいなかった。

 秋葉原で飲むのは久しぶり。遅くなったので浅草橋経由と、遠回りで帰る。京急直通。こちらの方が座って帰れる。

 手羽先と銀河高原ビール。いい組み合わせだ。また行こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2007

森林浴

39  かつて東横線沿線に住んでいた頃、渋谷、横浜の「まんがの森」にはよく行ったものだった。行けば両手に紙袋を抱えるほど漫画を買い込んみ、飽きることなく漫画を読んだ。今も大してか変わりゃしないが、そのような買い方はしなくなった、と思う。

 久しぶりに、まんがの森へ行く機会を得た。そこには、当然ながら漫画で溢れていた。
 あふれんばかりに平積みされている新刊。多種多様な本が並ぶ、壁の既刊。駅構内の本屋などではお目にかかれないマニアックな漫画本たちが所狭しと並んでいるのであった。

 するとね、なんかこう、深呼吸でもしたい気持ちになったのね。こう、安心感と言うか、マイナスイオンに囲まれたような。

 まんがの森だけに森林浴って感じです。(うまいこと言ったつもり)

 ま、最近はAmazonなんかで何でも買える時代ではあるけれど、やはり自分で直接手にとり買うものを決める、というのは楽しい行為なのでした。

 横須賀にも進出してくれないかなぁ。進出されないほうが身のためのような気がしないでもないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2007

魚浜

32  以前、横浜は港南区に住んでいた。足は横浜市営地下鉄で、横浜駅周辺には出やすい時代があった。会社帰りにもよく立ち寄っていた。
 しかし今は横須賀に住み、横浜駅は単なる通過駅へと変貌した。立ち寄れると言えばいつでも立ち寄れるのだが、特に用もなく、ずいぶんと長いこと行ってなかった。

 先日、莫大な借金をするために横浜へ出かけた。その折、久しぶりに駅西口の回転寿司屋へ行ってみた。果たしてまだあるかと思っていたが、あった。
 魚浜。アレ?確か三崎なんたら、というお店じゃなかったっけか?と思いながら入店。雰囲気も、以前と同じような、違うような、よくわからない。

 ここのお店の主目的は玉子焼き。目の前で玉子焼きを焼いてくれるのだが、その香りが店内に充満するとき、手を出さない客はいない、というほどのシロモノである(ちょっとオーバー)。
 カミさんが玉子焼きを頼むと、「少々お待ち下さい」と言いながら板前が玉子焼きにとりかかった。ゆっくりと香りが漂ってくる。やがて「おまち」と手元に玉子焼きがとどく。一口食べると、懐かしい味が口内に広がった。店名が変わっても味は変わらなかった様だ。職人さんは変わっていないのだろうか?まぁいいけど。
 店内に玉子焼きの甘い香りがたちこめる。皿に乗った玉子焼きが流され始めると、面白いように端から客が玉子焼きを取っていく。湯気が出ている内にほとんどは手にとられてしまった。相変わらずの人気商品だった。

 また行く日はいつの日か。横浜でわざわざ回転寿司を食べにくることなどが、そもそもほとんどありえない。しかし、この玉子焼きを食べに来ることはあってもいいかな、とは思えるのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧