風景

July 01, 2014

徹夜明け

 徹夜仕事が終わって事務所を出る。
 一階のフロアはいつもと違って宗教施設の様にも見える。

Img_20140613_050719_r_2

 ここは朝5時の新宿。西口の高層ビル街のちょっと端側をとぼとぼと新宿駅に向かって歩く。
 予想していたことだが、人が居ない。
 梅雨の中珍しく晴れ、ビルのすき間から覗く空が青い。

 途中、チャリンコにアジサイが刺さっているのを発見。なんじゃこりゃ。

Img_20140613_051241_r

 目の前にコクーンタワーが見えてくる。相変わらず面白いビルである。

Img_20140613_051615_r

 新宿駅の目の前まで来ると、人が増える。
 カートを持っている人など、バス移動っぽい人が多い印象。あと浮浪者がいたり。

 そのまま帰宅することも出来たが、残念ながら蒲田の事務所に移動する。
 朝から打ち合わせがあった。同僚に任せる話になっていたが、まぁ、そうは言っても。
 駅を降りて、若干遠回り気味に朝食を食べながら移動。

 西口のなか卯でうどん朝食。
 冷凍焼けしているうどんが出てきてマズイのなんのでびっくり。ああ、なか卯もこんなになっちゃったか。

 狭い商店街を抜けてみたり。朝は人がいなくてちょっと非日常だな。

Img_20140613_062709_r

Img_20140613_062651_r

Img_20140613_062620_r


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2014

披露山公園

Sdsc_0695

 逗子・披露山公園からの景色です。
 普段は山を登らず、そのまま横を抜けて小坪港へ行くばかり…。

 江ノ島の向こうに富士山と、なかなかの景勝地です。駐車場は狭く、すぐいっぱいになってしまうようです。もっともそんな大層な公園ではないので、そもそもの来園者の数もソコソコと言った体でしたが。

 夕景だとかダイヤモンド富士の季節だとかは、きっと展望台はカメラで埋めつくされる事であろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2014

こんぴら池

 北九州市の池。

Sdsc_0511

 昔はもっと雑な池だったけど、整備されていてびっくり。きれいになったもんです。

 子供の頃はよくここでブルーギル釣ってました。ボート小屋があって、エサの桜虫(着色された蛆虫w)なんか売ってて、これをエサにしていました。今は釣り禁止になっていまっており、寂しいものです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2014

貨物船

 東京湾を行く貨物船。

Dsc_0136

 巨大な影が、日々行き交います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2013

キラキラ

 ある日の朝日。防大方面がキラキラでした。

Sdsc_0005

 きらきら…なんだかアホな表現ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2013

自宅のベランダから

 最近写真をアップしなかった。最近というか、ここ数年というか。

 写真は撮ってるんだけど、画像を整理、縮小してアップする時間が取れなかったというのが本音。取れなかったというか、取らなかったという事なんだろうけど。

 撮りためた写真をボチボチ載せていこうと思うようになったので再び。

 これはいつぞやの夕方の風景。自宅のベランダから。

Sdsc_0037_2_2

Sdsc_0038

 この空のグラデーションを見ると、DICONフィルムを思い出し、ELOの曲が頭の中に流れるのは私だけだろうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 28, 2009

上高地

 この夏、上高地に行ってたのです。
 写真をたくさん撮っていたのですが、UPし損なっていた。

 苔S_dsc_0522

 明神池S_dsc_0593 S_dsc_0604

 河童橋。初日は雨上がりで曇ってました。S_dsc_0642

 二日目の河童橋(早朝)。河童橋を歩いているとやたら揺れるなぁ、と思ったら地震でした(東名が崩れたときの地震)。このとき、私ともう一人橋の上に居たのですが、「コイツ、やたら揺らしやがる」と思っていたら地震だったのです。S_dsc_0819S_dsc_0813 

 地震の最中に撮った穂高岳。S_dsc_0806

 早朝は気持ちよかった。S_dsc_0851_2 S_dsc_0861_2 S_dsc_0881_2

 焼岳S_dsc_0902

 帰りがけ。この日は晴れてよかった。S_dsc_1021 S_dsc_0049S_dsc_0016

 サルだらけS_dsc_0022_2 S_dsc_0057

 大正池から。もう曇ってしまった。S_dsc_0333

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 28, 2009

高知出張 しょのニー

坂出で待ってる間に来たマリンライナーS_dsc_0558

8:39
 しまんと5号 坂出発。S_dsc_0566
 高知まで乗車。大歩危などの景勝地を走り抜ける。S_dsc_0587 S_dsc_0588
 途中、その大歩危でオバチャンが乗ってきて、言う。
 「これ、高知のほうへむかっとる?反対方向なんじゃがどうすればいいかのう」(意訳)
 次の駅で反対方向に乗ってください。というか、たった2両しかないんだから、車掌に言ってください。
 言われた観光客も困ってた。
 大歩危だけに、大呆け。ウフフ。(無視してください)

10:37
 高知着。
 そのまま駅前のタクシー乗り場から、南国オフィスパークにある事務所へ。
 マシン室(コンピュータルーム)の入館手続きをとる。

 昼食、打ち合わせの後、ホテルへ向かう。
 今夜から徹夜作業のため、仮眠を取るためである。

 しかし…タクシーに乗り込んだ直後、私の口はこう言った。
 「桂浜へ行ってください」

15:30頃
 桂浜着。
 坂本龍馬像に向かう。
 松林を抜けると、立っている龍馬が見えた。20年ぶりの再会であった。S_dsc_0631
 20年前、受験で高知を訪れた際、初めて桂浜に来た。
 その時、両親に「受験に行かんで、観光に行っとる」と言われたが、今回も仕事に行かんで、観光に行っとる、と言われそうだ。

 この日、竜馬像は逆光。ま、後光と言っておこう。S_dsc_0632_2S_dsc_0658   
 桂浜は沖の台風の影響で、ウネリが入ってものすごい波だった。波頭が9、10mもハネ上がり、浜全体が潮で煙っていた。S_dsc_0689 S_dsc_0692 S_dsc_0622

S_dsc_0706 S_dsc_0719

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 15, 2009

久住で星空を眺める

 久住に宿を取る。高校時代、夏合宿で、キャンプを張っ たことがあった。その時の目的は天体観測であった。
 今回は星は二の次、主目的は地ビールだった。

 と言いながらも、夕日を撮り、夜中、星を撮り、朝になって朝日を撮った。我ながら元気だよほんと。

 夕日。S_dsc_0929 S_dsc_0211 S_dsc_0934S_dsc_0957_2 

 夕方になって雲がやや出て、かつ月明かりもありこれが結構明るく、天の川は期待できないと思っていたのだが…(寝る前の北斗七星)。S_dsc_1039

 夜中3時くらいに起こされた。外に出てみると、天の川。さそり座がわかりやすい。S_dsc_1047 S_dsc_1052 S_dsc_0005
 単なる三脚なので、露出時間が長ければ星が線になる。星はいいにしても、天の川がブレてしまう。なかなか難しい。赤道儀は…持ってるけど持ってこなかった(デカイので)。

 天の川を見たのは何時以来だろうか。ひょっとすると、高校時代にここで見たきりかもしれない。カミさんに至っては生まれてはじめて見たそうだ。なかなか関東では難しい。ちなみに子供は起こしても起きず。

 朝。S_dsc_0015 S_dsc_0020
 晴れてよかったよほんと。しかし天体観測…というほどのモノじゃなくて、星空を眺めた程度の話ですが、こういうのやっぱいいわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2009

阿蘇

 高千穂の後は阿蘇山。

 高千穂から南阿蘇経由で阿蘇中岳を一気に上る。時間は16時近くになっており、今から登るヤツも少なく道路も空いていた。

 カミさんを阿蘇中岳に連れてきたのは、これで3度目。しかし、過去2回はいつも雲がかかっていたり、或いは雨が降ったりと残念な天候であった。しかし今回、三度目の正直(子供たちは初めて)の中岳観光になった。ロープウェイを使用せず、火口横の駐車場まで車で移動した。S_dsc_0863_2

 阿蘇火口の、緑の湖を見たのは何年ぶりか。S_dsc_0795 S_dsc_0166 S_dsc_0187_2

 子供たちは、ここの珍しさがわからない。まぁ、去年も草津の湯釜を見せたりしたしなぁ。そもそも理解するにはまだ早い年頃か。

 その後、米塚の横を降り、宿を取った久住に向かう。途中、城山展望所というビューポイントで阿蘇を見渡す。外輪山に立っている。足元に広がる町も、カルデラの中である。

 阿蘇の外輪山を見ると、雄大さにこれが火口かと驚く。世界一だと聞いたことがあったが、実際には別に世界一では無いそうで、それどころか日本一でも無いらしい(屈斜路カルデラの方が大きいそうな)。なんか負けた気分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧